電子書籍時代の改訂問題

この週末、「格安スマホを買う前に読む本」が、妙に売れまして。
特にkoboで売れてるのですよ。
あまりにも唐突なので、ちょこっと理由を探していましたら、類書が出ているのを発見したのです。
「他の本では安くならない」とか、バイラルメディアばりにあおってます。
まぁね。
「この機種と、この業者を使え」
みたいな「答え」を欲していると思うのですよ、読者は。
ですが、使い方も人それぞれなわけで、それを無視して「これにしろ」っていうのも、無責任だと思うわけです。わたしは。

わたしの本には、SIMフリー端末の一覧もなければ、料金プランの一覧もありません。「どれだけ安くなる」という具体的な数字もなし。
ベストな機種や料金プランは、人それぞれってのも理由のひとつ。ですが、ほかにも理由があります。
それは「電子書籍の賞味期限」です。
紙の書籍の賞味期限は、1ヶ月とも言われています。一方電子書籍は、1年くらいフツーに売れます。1年も経てば、端末はごっそり入れ替わってますし、新しい料金プランも出てくるでしょうし。ほかにも値下げとか経営統合とか新規参入とか…。
出したそばから情報が古くなるわけで、そんなものを載せても意味はないのではないか……と思ったわけです。
それと、そもそもこの本は、「みんな格安スマホにしようよ」と訴える本ではないのです。むしろ逆に、「安易に格安スマホに手を出すと痛い目を見るよ」という警告の意味をこめていたりもするんですけど……それはさておき。

そんなことをひっくるめて、機種や料金プランを紹介していないのですが。
電子書籍だからこそ、そーゆー「旬な情報」を入れてもいいのかな、と思い当たったわけです。
紙の書籍を改訂するのは、大変です。お金も時間もかかります。
が、電子書籍なら、修正もカンタンだし、新情報の出た翌日には、反映できます。セルフパブリッシングなら、お金もかかりません。商業ベースだと、修正作業を依頼するのに多少のお金と時間はかかるでしょうけれども。
となると、ですよ。
電子書籍は、こまめに情報をアップデートしていけばいい、ってことになります。
これは、電子書籍ならではのメリットと言えます。
それどころか。
ベースは同じ本で、資料編だけアップデートしたものを、毎月「新刊」として販売したっていいわけです。

改訂(アップデート)すれば、購入したその時点での最新情報が手に入ります。
が、買った時期によって内容が変わってしまう、という言い方もできるわけで。
書き手としては、買った人によって内容が違うっていうのには、違和感があったりもするのですけれどもね。
電子書籍はどう改訂(アップデート)していったらいいのか……ちょっと実験した方がいいのかもなー。

【A-Class推し!】パドルシフトの[+]ボタン

【A-Class推し!】
※このシリーズは…新しく愛車になったA180スポーツ(W176)について、あれやこれやを書いていきます。有益な情報はありません……おそらく。

Aクラスには、パドルシフトがついているので、Dモード中でも手動でシフトチェンジができるわけなんですけれども。
ほとんどの人は、[-]のシフトダウンを使うケースがほとんどじゃないかと思うのですが。
[+]のシフトアップも、なかなか使えるヤツだと判明したので、書き留めておこうかな、と。

カーブや加速したいときなど、[-]ボタンを押してシフトダウンさせます。
パドルシフトを使うと、一時的にM(マニュアル)モードになって、一定時間経過すると、またD(ドライブ)モードに復帰します。
が、カーブを抜けたあととか、「すぐにDモードに戻ってくれていい」わけですよね。でも、しばらくMモードのままなわけで。
それはちょっと……というときは、[+]ボタンを長押し。そうすれば、すぐにDモードに復帰してくれるわけです。
結構しっかりと押し続けないと、単なる「シフトアップ」と解釈されてしまうのですけれどもね。

ま、これは使っている人はいると思うのですが。
もうひとつ、[+]ボタンの使い方をみつけたのです。

市街地を走ってるとき、一定の速度で走り続けるシチュエーションがあります。
そんなとき、アクセルを放してもいいんですが、3速とか4速だと、思った以上に減速してしまい、しっくりこないこともあるわけです。
そんなときは、[+]ボタンでシフトアップしてから、アクセルOFF。
そうすると、ひとつ上のギアで走れるので、減速も抑えられますし、エンジンの回転数も落ちるので、燃費もよくなります。
最近のシフトプログラムは、燃費重視と言われているので、「ひとつ上のギアで走る」なんてことはできないかと思っていたのですが……思ったよりすんなり、シフトアップできました。
一定時間経つと、Dモードになってしまうわけですが、「Dモードになった途端シフトダウン」ってわけでもないみたい。
自動モードでも、「アクセル踏んだら加速できる」程度のギアを選んでるのかな?
ひとつ上のギアで走ってて、そのままのギアで加速しようとすると、ちょっと大変だからね。

似たようなことは、「惰性で走りたいときはN(ニュートラル)にする」って方法も考えられるわけですが。
試しにやってみたら、確かにできないこともないんだけど……おすすめはできないかなー。
NからDに切り替えるときの制御が、予想できないので。
MTなら、半クラッチで様子を見ながら……ってことができるんですけど、機械がそこまでやってくれるか、不安なのよね。
いきなりクラッチつないで急加速……なんてことも考えられるわけだし。
それと、シフトレバーの操作ミスると、いきなりR(バック)に入ったりするかもしれないし(走行中はRに入らないようになってるとは言うものの、トラブルで入っちゃったりするかもしれないし)。
MTだと、クラッチ踏んで空送……なんてこともやってましたが、ATでそれを再現するのは危なそう。
最近では、エンジンの一部を止めたり、加速が必要ないと判断したら、内部的にニュートラルにする機構も出てきているようですけれどもね。

これだけ[+]も[-]も使うんなら、「M(マニュアル)モードを使えばいいんじゃね?」ってなことも頭をよぎったのですが……7速もあるとねぇ。
新しい[+]の使い道も発見できたので、ますますAクラスで走るのが楽しくなりそう♪

【A-Class推し!】過去ログはコチラ

12月の売り上げ雑感

あけましておめでとうございます。
元日からなんですけど、先月の売り上げがまとまったのでコメントなど。

◆KENPC
コーチは教えてくれない水泳のコツ」のKENPCですが。
発売して2ヶ月で、ぱったりと止まりました。
完全に0になったわけではないですけど、ペースとしてはガクンと落ちてます。
季節的要因だったら、徐々に落ちていくはずなので…。
「Amazonで3ヶ月先行販売」っていうのは、現実的な選択としてちょうどいいのかなぁ、と。

◆2冊を比較したら…
同時期に発売した「タブレットPCのススメ!」と「格安スマホを買う前に読む本」ですが。
年間トータルだと、ほんのちょっとだけ、「タブレットPCのススメ!」の方が売れました。
が、koboだけで見ると、「格安スマホを買う前に読む本」の方が売れてるんですよね。それもダブルスコアで!
ストアによって売れる本が違ってくる部分はあるのですが、この差はちょっと衝撃的。
なぜかヨドバシ.comだと、「タブレットPCのススメ!」しか売れなかったりするわけですが……それはさておき。
「タブレットPCのススメ!」は、Amazonで無料キャンペーンやったので、それがなかったら、「格安スマホを買う前に読む本」の方が売れてたのは明白かな、と。
タイトルの重要さと無料キャンペーンの威力がわかる、いいサンプルですね。

◆総収入
今年の総収入は、6万円ほどでした。全ストアの合計でね。
あ、KENPC分含めると、もうちょっとプラスになるけど。
年収でこれだから、まだまだ生活ができるレベルではないね(笑)
本格的に電子書籍事業がスタートした2013年から比べたら10倍になってるんで……5年後くらいには、生活できるようになっているハズ(笑)

◆新キャンペーン
新しいキャンペーンをはじめました。
「今月のイチオシ」セールです。
定期的に無料キャンペーンをする効果が、なくなってきたんですよね。
大手が同じことやってるから、どうしても埋もれちゃう。
なので、「1ヶ月通しでセールした方がマシ」と思ったのです。
毎週あれこれ考えるのが面倒になったってーのもあるけど(笑)
単に「売ってます」って告知するのは、ちょっと気が引けるけど、「セールしてます」なら、気兼ねなく告知できるのも、心理的にはいいかな。

とゆーこどてね今年もよろしくお願いします♪