【水泳日記】逆走ジジイ

夕方にさくっと。

○500
・up 150
・Fr 25×2×4
・down 150

しばらく泳ぎにいけてなかったなー……ってことで、いつもより遅い時間だけど、さくっと済ませるつもりで。
今日はリズム感、よかったなー。
腹筋もうまく使えてたし。
その割に、スピード感はなかったけど(笑)
ちょこちょこと「こうしたらいいのね」みたいな発見はあったんだけど、ことごとく細かいのよね。
「このタイミングでこの筋肉を使うと、こうスムーズになるのか」みたいな。
これよりうまくなるためには、こうした細かいことを積み重ねていかなくちゃいけないのか…なんて思ったり。
うまくなるって、大変だなぁ。

Fly。
今日は軽く泳げたなー。
「ラクなバタフライ」がだいぶ身についてきたかな?

そんなことより。
一方通行レーンで泳いでいたとき、前を泳いでいたジジイが、ターンをしてこっちに向かって泳いできたのよ!
まさかプールにも、逆走するジジイが現れるとは!
そもそも、一方通行レーンは、ターン禁止だよ!
往復レーンが混んでたから、空いてる一方通行レーンにくるのはいいとしても、ルールは破っちゃダメでしょ。

このところ、我が物顔のジジイみてなかったから忘れてたけど、プールにはこーゆーヤツ、たまにいるんだった。
そういう危ないヤツには近づかないように注意しないと。

【水泳日記】ひょっとしてTI?

お昼過ぎにひと泳ぎ…って、先週の金曜のハナシなんだけど(笑)

●500
・up 150
・Fr 25×2×4
・down 150

月曜から火曜まで旅行に行ってて、食べ過ぎな気もしたんで泳ぎにいかなきゃ…とプールへ。
「泳ぎたい」じゃなくて「泳がなきゃ」って気分のときって、たいてい失敗するんだけど(笑)
そんなジングス吹き飛ばすくらいに好調。
スライドキャッチは、偉大だなー。

んで。
泳ぎながら思ったんだけど……これってTI(トータルイマージョン)じゃね?
とゆーことで、家に帰ってからこの本に目を通してみたんだけど。
やっぱ近いなー。
いや、実は、この本なんか読みにくくて、買った当初はさらっと目を通しただけなんだけど。
言ってることは、自分の方法論と似てる!
平泳ぎのキックは真逆だけど。

そんなことより。
ぐぐったら、ここでの呼称が、トータルイマージョンから「イージースイミング」に変わってる!
ひょっとして、ライセンスの問題で揉めたとか?

どうやら近所で講習会やってるみたいだし、顔だしてもいいかなー。

【水泳日記】俺のクロール、(ほぼ)完成。

午後からさくっと。

○500
・up 150
・Fr 25×2×4
・down 150

ガッツリ日焼けして、自主練にきてる中学生がいたり、スカーリングでゆるゆる泳いでるおじさんがいたり、サーフパンツで泳いでる銀髪の子がいたり……バラエティーに富んでたなぁ。

今日の目的は「スライドキャッチ」の確認。
最初から最後まで、いい感触!
プールから上がったら、腕がだるかったから、しっかりキャッチできてたんじゃないかなぁ。
いやー、これは発見。
個人的には、「腹筋を使えば腰が浮く」と並ぶくらい。
なんせ、「キャッチに失敗しない」っていうのはすごい。
これでキャッチに悩まなくて済む!

「まっすぐ押す」二軸っぽさと、「長く押す」一軸っぽさとの融合というか。
「クロールは完成した」と言ってもいいかんじゃないかな。
そう、これがやりたかったんだよねー。
まだまだ調節しなきゃいけないところはあるけど。
ベースはできたってことで。

【水泳日記】スライドキャッチ

お昼からさくっと。

●500
・up 150
・Fr 50×4
・down 150

プールはやや人多めだったけど、譲り譲られがスムーズで、泳ぎにくくはなかったなー。
ただ、動きはイマイチ。
体が「物理的に重い」感じ。

んで。
試したいことがあったのよねー。
前回の記事で「親指からエントリーするといい感じ」って書いたのだけど。
それがいつでもできるとは限らないわけで。
いや、「その動きを体に覚え込ませる」ためにたくさん泳ぐってアプローチもあるけど、そこまでの時間も根性もない(笑)

Frでの課題は、キャッチの改善。
エントリーの位置が鍵だということがわかったので、ちょうどいい位置にエントリーできるように、フィニッシュやリカバリーを工夫したのが、前回の親指エントリー。
でも、それとて完璧じゃあない。
そこで思いついたのが「スライドさせる」という方法。
いままで、エントリーした位置からかきはじめていたのだけど、よく考えてみれば「エントリーした位置から書きはじめないといけない」なんてルールはない。それなら、かきはじめる前に、手をスライドさせて、ちょうどいい位置に移動させてから、かきはじめればいい…と思いついたので、それを試しに。
いやー、これはイイ!
いままではエントリーの位置で「ストロークの良し悪し」が決まってしまっていたけど、これなら微調節できるから、十中八九いいストロークになる。
あくまでも「微調整」なんで、手のひらひとつ分移動させることもあれば、指1~2本分のこともあるけど。

エントリーした位置から素直にかきはじめると、「かきながらいい位置に移動させる」ので、ストロークはS字になる。
S字プルがダメとは思わないけど、調節のためのS字プルは、手をこねくりまわしてるみたいで、スマートじゃない。
でも、かきはじめる前に手をスライドさせれば、こねくり回す必要もないし、いい感じで水を押せる距離も長くなる。
いろいろコツをみつけてきたけど、これはトップクラスじゃないかなぁ。
これでクロールも怖くない!

【水泳日記】親指エントリーだた!

お昼からさくっと。

○500
・up 150
・Fr 25×2×3
・Fr 50×1
・down 150

今日は大宮前へ。
こども多めだし、大人もサーフパンツ履いてる人がちらほらいたりしたけど、そんなに泳ぎにくいってわけでもなく。

前回、「クロールをやりなおさなきゃ」ってことになったので、クロールをゆっくりと。
気持ちよく泳ぎながら、「いい感触」があったら、そこから攻めていこう…という戦略。
そしたら、早速いい感触を発見。
それが親指エントリー!
親指からエントリーしたら、すべてがいい感じにまとまった!
といっても、重要なのはフィニッシュ。
「かききる」というより、かききる直前に手首を返して、ひと押しする…という感じ。
ただ、その「ひと押し」も、推進力を得るためというよりは、「手首の角度を決める」ため。
そこで手首の角度を決めると、いい感じで親指エントリーができる、と。
ちなみに、その角度は、「中指が外に向く程度」が目安。
で。
親指からエントリーすると、反対の腕をリカバリーしてくる段階で、薬指と小指に、ほんのり圧力を感じるので、それを生かして、中指&小指からキャッチしていくと、いい感じに水がつかめて、つかみきったところで肘を入れて一気に押す……っていうのが、一連の流れ。

いやー、やり直し1回目でうまくつかめるとは思わなかった(笑)
しばらく、このクロールをブラッシュアップしていこう。