クラウドPCのススメ!

Webアプリやオンラインストレージなど、クラウドサービスを中心に使うためのパソコン――それがクラウドPCです。
一見すると、「安いだけが取り柄の、性能の低いノートパソコン」ですが、クラウドを活用すると「いつでもどこでも使える便利なツール」に変身しちゃうのです!

クラウドPCの初歩から、選び方、活用のポイントからおすすめアプリまで……。
クラウドPCの魅力をぎゅっと詰め込んだガイドブック!

ストアリンク
http://www.amazon.co.jp/dp/B016J8YVX8

出版社のページ
http://www.breast-stroke.jp/index.php/petit-bunko/archives/55
↑サンプルあります。

【水泳日記】タッピングクロール

お昼からちょろっと。

○500
・up 150
・Fr 200×1
・down 150

やる気が出てこないんで、ひと泳ぎ。
なにしようかとおもったけど、久しぶりに200Fr。
前半は、いいテンポで泳げて、「これはいいかも」と思ったら、後半ガタッとペースが落ちまして。
それでも4分で戻ってこれたから不思議。
前半のテンポで泳げれば、3分半…とまではいかなくても、45~50秒くらいにはなるかな?
つまり、持久力が足りないってことよね。

んで。
楽にテンポを上げるにはどうするか…と試行錯誤してみたのだけど。
突然、「水の抵抗>空気の抵抗」ってことを思い出しまして。
速く動かすのならば、水の中より空中の方が楽、ってこと。
ということでリカバリーを速くしてみたら、意外とうまくいった!
それを意識するために、「タッピングクロール」というドリルを開発。
エントリーするんじゃなくて、水面を手の平でたたくの。
叩こうとするから、自然とリカバリーが速くなる、と。
自分で言うのもなんだけど、いいドリル。
これからウォームアップでやろーっと。

【水泳日記】肩orキック?

お昼からさくっと。

○500
・up 150
・Fr 25×2×4 足首プルブイ
・down 150

今日はスイムトレーニング……と思ってたんだけど、自宅でバタバタしてるうちに、遅くなっちゃいまして。
ギリギリ、レッスンには間に合わず(泣)
しょーがないんで、自主トレ。

で。
スイムトレーニングの様子を観察しながら、アップしてたんだけど。
S口さんやK藤さん、かなり速いテンポで泳いでんのね!
ウォーキングしながらやってみたけど、ついてけなかった(泣)
スピード感を出すには、あれくらいのテンポで泳がなきゃダメなのか…。
いままで、「キレイに・スムーズに」を心がけてたから、相当ゆっくりなテンポだったんだなぁと、改めて。
んで。
自主トレしながら、テンポあげることを意識してたんだけど。
いやー、なかなか大変。
一番大変なのは、テンポ重視なんで、ストロークがおろそかになること。
ずっとキャッチやプッシュの感覚を大事にしてたから、テンポを速くすると、そこがしっくりこなくても、腕を動かし続けなきゃいけないのよね。
んー、ジレンマ。
「どっちが大事?」じゃなくて、「どっちも大事」なのは、わかるんだけど。

Ba。
スタートしてバサロで進んでたら、ちっとも浮上せずにあせる。
いやー、ここまでまっすぐ進めたことないぞ!
こうなってもパニくらないようにせねば。

Fr。
テンポ…というか、リズム感を出すのはどこなんだろう…と探りながら。
リカバリー…というか、肩を素早く戻すのか。
それとも、キックをしっかり早く打つことなのか。
どっちも有効な感じはしんだけど、どっちがいいんだろう?
こはれもう少し、続けて試してみよう。

スチームオーブンレンジで冷凍餃子!

長いことスチームオーブンレンジだけで冷凍餃子を調理できないかと試行錯誤してきましたが、レシピがまとまったので公開。

(1) 冷凍餃子を「焼き目をつけたい方を上にして」トレーに並べる(オーブンシート推奨)
(2) トレーを上段にセット
(3) 「蒸し」で10分
(4) 「グリル」で10分(焼き目をつけるだけなので、焼き加減を見て調節)

蒸しの直後にグリルを操作すると、うまくいかないことがあるので、一度ドアを開けて、熱気を逃してやるといいかも。
フライパンで焼くときほど、キレイな焼き目はつかないですけど、味的には問題なし。
しっかり蒸すので、ふわふわ感があったりするのよ。

「過熱水蒸気」も試してみたけど、皮がカチカチになっちゃうのよねぇ。
「蒸し+グリル」なら、そんなこともなく。

フライパンでつくると、洗い物が増えるし、ガス台は汚れるし、作るの躊躇しちゃったりもするのよね。
でもこのレシピなら、スチームオーブンレンジの中で済んでしまうのでラクチン。

【A-Class推し!】スロコンとサブコン

【A-Class推し!】
※このシリーズは…新しく愛車になったA180スポーツ(W176)について、あれやこれやを書いていきます。有益な情報はありません……おそらく。

そろそろ、スロコン&サブコンを導入しようかと思っていたりするのですが。
スロコンは、アクセルペダルとクルマのコンピューターの間に割り込んで、アクセルペダルの開度(の信号)を調節する装置。主に、もっさり感の解消に使われてるかな?
サブコンは、(主に)クルマのコンピューターとエンジンの間に割り込んで、ターボのブースト圧を上げさせて、パワーをアップさせる装置。

スロコンは、最初から入れようとは思っていたのです。が、それより先に、標準のアクセルに慣れちゃった(笑)
ただ、最近は「アクセル戻しても、エンジンの回転数が落ちない」ことに違和感を感じたりもしてて、再検討しはじめたのです。ほかにも、ブログのネタが切れてきたという要因もあったり(笑)

んで。
「Aクラスの場合は」という注意書きは必要ですが、スロコン・サブコンには、2大派閥があります。INTERSTARとRaceChipがそれ。製品で言うと、次のようになります。

INTERSTAR RaceChip
スロコン PPT/PPT2 Accele Response control
サブコン PPE ONE/Pro2/Ultimate/Ultimate Connect

PPTとPPT2は、操作部分が違うだけで中身は一緒。
RaceChipのサブコンは、性能の違いによって3種類。Ultimate Connectは、UltimateにBluetooth接続機能を追加して、スマホでセッティングを変更できるようにしたもの。
んで、スロコン・サブコンを同時に使うなら、同じメーカーにした方が無難、と。
ネットでざっくり見た感じですが、スロコンはPPT、サブコンはRacechipが人気っぽいです。スロコンのみならPPT、同時装着ならRacechipって感じなのかな?
PPEとRacechipの違いについては、こちらが参考になるかと。

スロコンは、本来アクセルワークで似たようなことができるハズなんですが…いいところまではいっても、完璧ではないので、ここは素直に敗北を認めて、スロコン入れるか……と思いはじめたところでして。
サブコンに関しては、かなり悩むところ。導入したら、ディーラーに入庫するときに「原状復帰」させなきゃならん、と。ブースト圧あげるんで、機械的な負担も心配だけど、もともとA180に関しては、「ブースト圧を設定で下げて、パワーを落として出荷」っぽいので、壊れることはないと思っているのですけど。
確かに、パワー不足(というか、パワーが控えめであることによる、トルクの物足りなさ)は、感じなくはないけど、その一方で、「日常的にかつ交通法規の範囲内で」エンジンを回せるという魅力もあるわけで……みたいなことを、つらつら考えていたりするわけです。

んで。
昨日、ネットを徘徊していたら、「ProRacing OBDⅡ Tuning Box」なる商品を発見いたしまして。
これは、OBDⅡポートにセットするタイプのサブコン……らしいです。
ODB2ポートに接続するので、「リアルタイムでコーディングする」みたいなイメージ?
さくっとググってみたいところ、「NAエンジン向き」みたいなことが書いてあったんで、要は「燃料を多く出して、トルクアップ」みたいな感じかなぁ、と。
「やってることはサブコンだけど、効果はスロコン」と考えればいいかな?
「OBDⅡポートから外すだけで原状復帰」は魅力だけど、「常時接続なので、バッテリーが上がる危険性」もある、と。
ターボが早めに効きはじめるクルマだと、効果は薄そうよねぇ。

んー、んー。
どうしよっかなー。悩むわぁ。

【A-Class推し!】過去ログはコチラ

【水泳日記】硬い!

お昼からさくっと。

○100
・up 100

……ひどいっすね(笑)
アップの途中だったのですけれども、身体が硬くて動きが渋いし、コースは混んできたし……とゆーことで、泳ぐ練習を中断した、というのがコトの真相。
執筆が佳境に入ってる……っていうのもある……ハズ。
なので、ウォーキングしながらプルをやったり、ちょろっと隙間でターン練習したり。

Fr。
どうもひじを入れてなかったっぽい。
次からひじ入れを意識するかなぁ。
意識しすぎると、キャッチがおろそかになるから、それはそれで怖いんだけど。

ターン。
主にターン後に集中して。
今日は、なにからなにまで、ワンテンポ遅かったなー。
「だったら早めに」というのはわかってるんだけど、なんかうまくいかず。
感覚が鈍ってんのかなぁ。

こんな練習でも収穫が……というか、課題を再確認しただけともいうな(汗)