クラウドPCのススメ!

Webアプリやオンラインストレージなど、クラウドサービスを中心に使うためのパソコン――それがクラウドPCです。
一見すると、「安いだけが取り柄の、性能の低いノートパソコン」ですが、クラウドを活用すると「いつでもどこでも使える便利なツール」に変身しちゃうのです!

クラウドPCの初歩から、選び方、活用のポイントからおすすめアプリまで……。
クラウドPCの魅力をぎゅっと詰め込んだガイドブック!

ストアリンク
http://www.amazon.co.jp/dp/B016J8YVX8

出版社のページ
http://www.breast-stroke.jp/index.php/petit-bunko/archives/55
↑サンプルあります。

【A-Class推し!】春二番

【A-Class推し!】
※このシリーズは…新しく愛車になったA180スポーツ(W176)について、あれやこれやを書いていきます。有益な情報はありません……おそらく。

春一番……は、数日前だったんですが。
春二番というか……今日も風が強い中、ひとっ走りしてきまして。

風が強いっていうのはわかるんですけれども。
クルマの中にいたら、まったくわからないのです。
橋の上とか、前のクルマが揺れてるのに、こっちはびくともしてないのですよ。
そんな話してた動画あったな……と思ったら、これですた。

もぉ、ホントにびっくりするほどの安定感。
これは、「Aクラスがすごい」っていうより、「メルセデスがすごい」ってことなんだろうなぁ。

【A-Class推し!】過去ログはコチラ

【水泳日記】クロールの肝はリカバリー

お昼からさくっと。

○500
・up 150
・Fr 200×1
・down 150

ひさしぶりなので、のんびり。
にしても。
休み明けのせいか、水がつかめすぎる!
500しか泳いでないのにへろへろ。

Ba。
どうも、右手のプル、サボりぎみっぽい。
いかんなー。

Fr。
up前に、ウォーキングしながらストロークをチェックしてたら。
どうも、伸びているときの手の位置と、かきはじめたいときの手の位置がズレてるのを発見。
「かきはじめたいときの位置」の方が、若干外側なのだよね。
で、かきはじめに、外向きに開いていけばいいのかもだけど。
それって、くねくね動かしてるみたいで、スマートじゃない。
じゃあどうすればいいのか……なんてことを考えながら泳いでいたのだけど。
どうやら、リカバリーを速くすればしっくりくるみたい。
リカバリーする腕の重さで、伸ばしている方の手をずらす、みたいな。
そのとき、手の甲を外側に向ければモアベター。
移動する方向に対して、抵抗が少なくなるからね。
大事なのは、「リカバリーしてくるまで待てるか」ということ。
次から、これを意識していこーっと。

Google KeepのHint&Tips はじめに

はじめに

 ひとくちに「メモアプリ」といっても、さまざまな種類があります。「文字が入力ができればいい」というシンプルなものから、あらゆる形式の文書を収納できる「無定形データベース」と呼べるものまで、多種多様なアプリがリリースされています。
「メモを取る」という行為が、それだけ身近だということでもあるのでしょう。しかし、たくさんメモアプリがリリースされていながら、「生活に密着したメモアプリ」というのは、意外と少なかった気がします。
 いつでも気軽にメモがとれたり、必要なことを通知してくれるリマインダー機能だったり、やらなきゃいけないことをチェックできるToDo機能だったり……。
 もちろん、それぞれの機能があるアプリはあるのですが、すべてがひとまとめになってるアプリは、ほとんどなかったのです。用途別にアプリを用意しもいいのですが、ひとつのアプリですべてを処理できたほうが、効率的でしょう。
 これから紹介するGoogle Keepも、メモアプリのひとつです。Googleからリリースされているのに、「はじめて聞いた」という方もいるんじゃないでしょうか。正直、あまり存在感のあるアプリとはいえません。が、それがなかなか、使い勝手のいいアプリだったりするのです。
 詳しいことはこのあと紹介しますが、スマホ(AndroidとiOS)版もあるので、いつでもどこでもメモできますし、ToDoや備忘録に使えるリスト機能、時間になったら通知するリマインダー機能もあります。「指定した場所に近づいたら通知」なんていう機能は、Googleのアプリならではでしょう。Webサイトのアドレス(URL)を記録しておくのもカンタン。
 メモというのは、「気づいたことを忘れないように記録しておくこと」です。ですが、本当に大事なのは、「記録したものを、いつでもすぐに見られること」だと思います。Google Keepは、そこが優れているのです。
 用意されている機能だけを見れば、ほかのアプリと差がないように思えるかもしれません。ひょっとしたら、「○○より劣っている」なんて思う人もいるかもしれません。しかしGoogle Keepは、「メモをちゃんと使うこと」に長けたアプリなのです。
 この本では、「こうすればこの機能が使える」という説明に加えて、「こうすると便利」「こんな使い方もできる」といった、使い勝手の面についても触れていきます。というより、私が伝えたいのは、むしろ「使い勝手の良さ」です。
 Google Keepは、生活のあれやこれやをスムーズにしてくれるツールです。それはあなたにとって、小さな変化かもしれませんが、それが積もり積もって、生活が一変する――かもしれません。

2017年早春 omimi

MISFIT RAY導入。

ふと、活動量計買おうと思いつきまして。

最初は、タニタとかオムロンあたりのを狙っていたのですが、あれこれ調べていくうちに、「MISFIT RAY」になりました。
せっかくなら、スマホで記録できた方がいいなと思いまして。
それと、充電式はめんどくさそうだな、と。
なので、電池式のMISFIT RAYにしたわけ。
カラーは、カーボンブラックで、バンドはレザーをチョイス。
単純に革が好きなのもあるけど、いまの自分にスポーツバンド(ラバータイプ)は必要ないなと思いまして。
ジョギングとかスポーツする人は、ラバーの方がいいと思いますけど。
MISFIT RAYは水泳に対応してるんですけど、今回は泳ぐ時に使う予定なし。
だって、通ってるプール、アクセサリー禁止なんだもん(笑)
もしOKだったら、ラバータイプにしてたかもなー。

写真をネットであさってたときから気になってたのが、本体の色。
「カーボンブラック」といいながら、茶色に見えたわけですよ。
実際どうなのかなと思ったら……茶色でした(笑)
茶色というか、煤竹色

イメージとちょっと違ったけど、普段は隠れてるし、まぁいいか。

重さはどんなもんかと思ったら、ほぼつけてることを忘れちゃう程度。
ライフロガーははじめてだし、そもそも普段から腕時計を使ってないし、結婚指輪も邪魔くさいとつけてないんだけど、これはずっとつけてられる感じ。
実は、一番の心配が、そこだったのですよ。
つけなくなっちゃったら、意味ないからねぇ。

データの記録は、Bluetoothでらくらく。
これなら更新も、忘れずにできそう。
しかも、このアプリがなかなかイイ。

目標値までどれくらいとか、わかりやすく教えてくれる。
あと、不思議なのが睡眠。
睡眠時間がわかるのでさえ不思議なのに、「浅い睡眠」「深い睡眠」って、ちゃんと区別できてる!
どうやって判定してるんだろーか?

半信半疑で買っちゃったけど、トータルで満足。
こういうツールがあると、ちょっと動こうって気になるもんね。

【水泳日記】これからの課題

お昼からちょろっと。

○100
・up 100

UPしたら、なんかしんどくて。
昨日の赤ワインのせいなんだけど(笑)
なので、しっかり泳がず、こそ練オンリーに。

Fly。
頭と首でうねりをつくる泳ぎ方が戻ってきた感じ。
まだちょっと重いけどね。

Fr。
首までつかった状態でウォーキングしながら、ストロークのチェック。
感触はよくなってきたかなー。
肩がうまく使えてなかったのを発見。
ほかの人には「肩から回す」って教えてるのに(笑)

ちょろちょろ泳いでる間に、思ったのだけど。
いまの問題は「どう動かすか」ではなく「どう連動させるか」って気がしてきた。
腕とか脚とか、そういうパーツの動かし方はもうわかってる。お腹とか肩とかも。
それをいかに連動させて、スムーズに泳ぐか……っていうのが、次の目標なのではないか、と。
水の抵抗を受け流しつつ、むしろそれをうまく使いながら、流れるように泳ぐイメージ。
難しそうだけどね。
だんだん、身体が思うように動かなくなっていく年齢だし(笑)