コーチは教えてくれない水泳のコツ+<ぷらす>

「水泳は苦手」という方から、「年齢的に上達は無理かも」とあきらめてしまいそうな方まで、一般スイマーが末永く水泳を楽しむためのヒントを集めた「一生水泳を楽しむコツ」。
幾多の試行錯誤を繰り返してきた著者が、自身の経験を元に初級・中級者がステップアップするためのポイントをわかりやすく解説した「コーチは教えてくれない水泳のコツ」。
大好評販売中の2冊を1冊にまとめたお買い得版!!

※ご注意
本書は「コーチは教えてくれない水泳のコツ」および「一生水泳を楽しむコツ」の内容に加筆・訂正を行い、1冊にまとめた再編集版です。
著者に選手経験はありません。またプロのコーチ(インストラクター)ではありません。指導者の資格は有していません。

ストアリンク
Amazon Kindleストア

出版社のページ
http://www.breast-stroke.jp/index.php/petit-bunko/archives/78

【モトブログ】XSR700・500Kmインプレ

XSR700が納車されてから1ヶ月半。よーーーやく500Km走りましたので、さくっとインプレを。

◆足つき
よく言われることですが、確かにいいとは言えません。が、そこんなに不安もないかなぁ。
MT-07と違って、ステップが邪魔になる感じもないし。
シートのちょうどいいところを探していったら、ステップの後ろに足を下ろすようになっちゃって、「ステップが邪魔」問題が解消。むしろ、サイドスタンドがふくらはぎに当たることもしばしば(笑)
ちなみにわたしは、身長167cm、股下77cm、体重54Kg。
これが「XSR700に安心して乗れる最下限」な気が。

◆シート
硬いっていうより、「しっかりしてる」感じかなぁ。良し悪しは……人によって判断が分かれるかも。
素直に座ると、ちょっと硬めな印象で、しかも「シート幅がちょっと足りない」印象になるのよ。おそらく、シートの角が立ってるから、見た目よりお尻の接地面積が少ないのが原因。
んで、心持ちシートの後ろ側に座ると、それが解消されて、ちょうどいい感じに。
タンクと体が拳一個分ちょっと離れる感じ。
おそらく、これが「想定された着座位置」なんじゃないかと。

◆ニーグリップ
最初、お店でまたがったときは、ひざの当たる位置に違和感はなかったんだけど、納車直後、なぜがひざの収まりが悪くて、ひそかに悩んだのですが。
シートの着座位置を調節していったら、しっくりくるように。
さらに、くるぶしでのホールドを意識すると、あらびっくり。
くるぶし→ひざ→ふとももと、脚全体で挟んでいるかのような、不思議な感覚に。これだと、力は入れてないんだけど、しっかりとホールド感があって楽なのよね。
実は、タンクをふとももで挟む姿勢になったのは、XSR700がはじめて。R3なんか、タンクの下のカバーにひざがあったからね(笑)
下半身はそれでいいとして、問題は上半身で……。

◆姿勢
オールドルックなバイクで、「姿勢が楽」と紹介されるケースが多いようですが。
確かに、苦しいわけでは、まったくないんですよ。楽な状態で運転しても、まったく問題ないし。
で、上に書いたように、「下半身のしっくりくる位置」に座ると、当然ハンドルが遠くなるわけです。
その対策はひとつ。……前傾になること。
そう、意外と前傾になっちゃうのですよ、XSR700。
さらに、グリップを正しく握ろうとすると、ハンドル幅が広いから、肘を張る状態になって、さらに前傾が強くなる……って感じ。
こんな姿勢になったら、攻めたい気分になっちゃったりもするから、だらーんと流してるときは、リラックスした姿勢になるけど、「本日はスポーツバイクなのね」なんて思ったりもして。

◆細い?
「車体が細い」ってインプレもたまに見るのだけど。
確かに、大型にしては細いのかもしんないけど、「R3よりはちょっと太い」くらい。ま、R3は細すぎて不安になるときもあったので、XSR700は「ちょうどいい」かな。

◆ステップ荷重
スラローム的な動きをさせるとき、R3のときは「ひざでクイクイ」だったんだけど、XSR700だとステップ荷重した方がスムーズみたい。
これが楽しい!
なんか全身運動してる感があって。

◆コーナリング
XSR700のコーナリングには、2つの評価を見ました。
いわく、「曲がりやすい」「アンダーステア」。……正反対じゃん!
実際に乗ってみると……どっちもわかる(笑)
アクセルあけてないときは思ったより内側に入っちゃうし、アクセルあけていくと外側に膨らんでいく…って感じ?
バイクという乗り物の原則通りって感じかもしんない。けど、「素直すぎる」って気がしなくもない。
んで。
アクセル開けながらカーブを抜けようとすると、外にいこうとするので、それに対抗するため、自然と内足荷重に。
これが最初は戸惑ったかなー。
R3は、コーナリング中外足荷重でした。小さい頃からやってたスキーも、ターン中は外足荷重で。それがあったから、意外とR3は違和感なく乗れたんだけど、XSR700は真逆だからねー。

◆リーン
アマリングもりもりのわたしが言うのもなんだけど。
日常使用の範囲内では、「バイクを傾ける」というより「自然に傾いてる」感じ。

◆アクセル
これはXSR700というより「大型バイク」の話かもだけど。
アクセルは、「回す」っていうより「ずらす」イメージね。

◆ブリッピング
R3に乗り始めたとき、「近頃のバイクは、ブリッピングなんてしなくてもいいのね」と思ったのです。いや、できるならした方がいいけど、しなくてもなんとかなる…というか。ま、R3がブリッピングしなくちゃいけないほど高回転で乗るバイクでもなかったってーのが、大きな理由。
で、XSR700。
常用回転域は似たようなものだし、R3と同じでいいだろう……と思ったら、ギクシャクしまして。
極低回転でもない限り、多少はプリッピングした方がいいみたい。といっても、「ほんのちょっとアクセルをずらす」程度だけど。

◆安定感
低速での安定感が半端ない!
これは感動モノ。
足つき悪くて低速が不安定だと「立ちゴケ必至」って感じだけど、XSR700は超低速でも安定感あるから、その心配ナシ。
ま。ガソリン満タンにすると、さすがにふらつくことがあるので、「少し少なめ」にするつもり。

◆メーター
ま、見やすくはないよね(笑)
少しでも見やすくするために、ヘルメットのブレスガード外したら、ほんのちょっと改善したけど。
腕の長い欧米人なら、この位置でもいい気はするのだけど……。

◆排熱
大型バイクのインプレでよく話題になる熱問題。
XSR700は……そんなに気にならないかなぁ。
信号で停まってるときに、下から温風がきて、上半身にあたるくらい。
帰宅してから、カバーかけられる程度に冷めるまでは、やっぱり大型らしく、ちょっと時間がかかるけど。

◆エンジン音
2000回転以下のバタバタ感、3000~4000回転のドコドコ感、それ以上のブーンって感じ……回転数によって、いろんな顔があるんですよ。
で、それぞれにそれぞれの良さがあるからおもしろい!
低回転で走ってたら、ずーっとそのまま走りたくなるし、回したら回したで、そのまま走りたくなる。
低回転だと「もつと回せ!」と急かされるわけでもなく、高回転にしたからといって「うるさくて回してらんない」なんてこともなく。

◆まとめ
よく言われるように「誰でも安心して乗れるバイク」です……足つきさえクリアできれば、の話ですけど。
なんだけど、「おくの深いバイクだなぁ」とも感じてたり。
トコトコ走っても楽しいし、くねくね道をガンガン攻めても楽しいだろうし。
そこはまぁ、R3も同じだったんだけど。
XSR700は、やっぱり大型なので、低回転でもしっかりしたトルク感があって。
「トルクがかかってることの安心感」って、好きなのよね。
余談だけど、ジェットコースターがあんまり好きじゃないのは、ずーっと惰性で走ってるからだし(笑)
それはさておき。
いまの自分には、ちょうどいいバイクだなと、あらためて。
初回点検終わったらカスタムしていくから、そうしたらもっと身体に馴染んでくるんじゃないかと。
それも楽しみ♪

【モトブログ】周回コースめぐり

嫁が出張なのをいいことに、きなこ(わんこ)を動物病院に半日あずけて、周回コースめぐりをしてきました。
ほら、慣らし運転の距離稼がなきゃだし(笑)

今回巡ったのは、

●よみうりランド周辺
●坂浜周辺
●若葉台周辺
●桜ヶ丘公園周辺
●いろは坂通り周辺
●愛宕・松が谷周辺
●小山田緑地周辺

…の7つ。
いつもの愛宕・松が谷周辺は、5周くらいしたけど、あとは2周。
よみうりランド周辺は、先月トンネルが開通して、ルートが変わったばっかり。
ヘアピンがなくなっちゃったけど、いい感じにゆるいカーブの連続で、練習するにはいいコースになったかも。
正直あのヘアピン、ボコボコで走りにくいだけだったからねぇ。
桜ヶ丘公園周辺は、よく通ってた道を組み込んで周回してみたけど…川崎街道→鎌倉街道と、交通量多めのところを通るので、「流して回る」って感じにはならないかなー。
愛宕・松が谷周辺で珍事。
前に新し目のCB400SFいるなぁ……と思ったら、同じように周回してた(笑)
その人は外回りで、わたしは8の字で内外まんべんなく走ってたから、何回かすれ違う程度で、「まるでツーリングしてるかのよう」にはならなかったのだけど。
完全に新規開拓だったのが、小山田周回コース。
自転車乗りの人には、有名なコースみたい。
グーグル・マップで見た限りでは、途中の「さくら通り」がよさげにみえたのよね。
で、実際走ってみると…。
たしかに、「さくら通り」のくねくねなんだけど。
全体的に交通量多め。タイミングが悪いと、バスがうじゃうじゃ!
病院のところの坂は、確かに自転車乗りにはいいだろうねぇ。
なかなかの勾配&そこそこ長い坂道で、片側一車線なんだけど、車線の幅が広いんで、後ろから来るクルマに、それほど気を使わなくてもいい。
でも、バイクだとほぼ直線なので、おもしろみなし。
アプローチがほぼ尾根幹線オンリーになっちゃうので、そこもつらいかなー。常に混んでるし。
やっぱ周回コースは、愛宕・松が谷周辺が最強だなー。

走行距離160Kmで6時間のルートだったんだけど。
いやー、疲れた!
特に左手。XSR700のクラッチ、重いってほどではないんだけど、さすがにこの時間だとしんどい。
レバー交換して、楽になるといいのだけど。

今回、がっつり走ってみて、ツーリングするなら「休憩込みで6時間」がひとつの目安になったかな。
距離は…「帰りに高速使って200Km」かな。下道オンリーなら、「150Km以下」だな。
まぁ、これから寒くなってくると、山間部にはいけないし、「山道&高速ありのソロツーリング」は、来年以降になっちゃうだろうけど。
その頃までには、動画のモトブログをアップできるくらいになってるといいなぁ。。。

【水泳日記】親指とアップキック

お昼からさくっと。

○500
・up 150
・Fr 25×2×4
・down 150

非常事態宣言も解除されたし、ワクチンが2回接種終わったので、満を持してプールへ。75日ぶり?
ひさしぶりなので、いつも以上に「のんびり・ゆったり」がテーマ。
プールにいく前は、右肩まわりに違和感があったので心配だったんだけど、泳ぎだしたらなかなか悪くない感触。
休み明けって、いつも調子いいのよね(笑)

Fr。
泳ぎながら、「親指エントリーだったっけ」なんてことを思い出しまして。
親指からエントリーすることを意識したら、キャッチがスムーズできもちいい!
すると、押す水の量が増えたのか、太ももに水のあたる感触が。
そしたら、「アップキックで、水の遠音場所をつくればよかったんだっけ」てなことを思い出しまして。
アップキックを意識したら、まぁびっくりするほどスムーズに進むように!
結果、ひさびさにFrで「スピード感」を感じるほどに!
そうそう、これこれ!
この感触がモドつてきたのはうれしいなぁ。
次回もこれで泳げるなら、もうちょっと泳ぐ距離増やしてもいいかな。

【上荻Days】ニトリの炊飯土鍋・おかわり

炊飯土鍋を新しくしました。

ニトリの炊飯土鍋を使っていたのですが、外蓋を割っちゃいまして。
新しいやつを買おうと思ってニトリに行ったら……売ってなかったのですよ。
なので、しぶしぶ内蓋のみで炊飯していたのですが。
先日、ちょろっと吉祥時に行って、なんとなくニトリ覗いてみたら、そこに新しい炊飯土鍋の姿が!
もちろん即買い。
相変わらず、1000円台っていうのがうれしいねぇ。

さて。
新しい炊飯土鍋、形が変わりました。
円柱形から球形になりました。
それに合わせたのか、外蓋もふっくら。……なのに軽い!
すぐに外蓋、割っちゃいそうで怖い(笑)

んで、炊いてみた感想。
うちはいつも「3合炊きで2合炊く」ということにしてるんですけど。
この炊飯土鍋、一応「3合炊き」とはなってるけど、2合炊いたらパンパン。
これ、3合炊けないと思うなぁ。

炊きあがったごはんは、一粒一粒がしっかりしてて、わたし好み。
やっぱり、ニトリの炊飯土鍋はいいなぁ。
通販サイトの方には掲載されてないし、店頭でも最後の1個だったから、手に入れにくいかもだけど。

【モトブログ】車載工具をアップグレード

前回、XSR700についてきた車載工具(サービスツール)を確認したわけですが。
車体についてきるヤツは、正直「オマケ」ですから、品質もそれなりなわけです。
とゆーことで、車載工具をそれなりのものにアップグレードしてみようかな、と。

↓の動画を参考にして、なにを揃えればいいか検討。

で、購入したのがコチラ。

●KTC L型 六角棒レンチ セット
●ベッセル ボールグリップ差替ドライバーセット
●SK11 両口スパナ 8×10
●トラスコ 両口スパナ 14X17
●KTC ロッキングプライヤー

「12mmのスパナ(レンチ)は?」って言われそうだけど、もともとのサービスツールに入ってたのが8×10と14X17なので、とれを踏襲。
どっちもSK11にしようかと思ったけど、SK11の14X17は納期が先になるようなので、トラスコ中山のやつに。
トラスコのスパナ、ブロンズ色でカッコいいのよ。
これらに、結束バンド(タイラップ)とビニールテープを追加して、左に写ってるケースに。
ちなみにこのケース、ヘッドホン(SHURE SRH440)についてきたやつ。ヘッドホンは外に持ち出さないから、このケース余ってたのよね。

さて。
このケースに入れたとしても、XSRのシート下には収まりません。
とゆーことで、ツールバックを用意しました。

今回購入したのは、デグナーのツールバック(TB-4IN)
最初は、ワイズギアのツールバッグスポーツヘリテージにしようかと思っていたのですが、画像検索しまくった結果、工具を入れるポケットがいくつかついてるタイプだと判明しまして。
工具以外のものを入れられたほうが便利なので、今回はデグナーのツールバックを購入。
これで、車載工具用のトレーをとっぱらっても大丈夫かな。