【水泳日記?】大失態!

お昼から…

○0

さくっと泳ごうとプールへ行きまして。
水着に着替えたところで、なにか違和感がありまして。
「なんだろう」と思ったら……キャップ忘れてました\(^o^)/

いや、いつも水着とキャップはセットで保管してるから、忘れるはずがないんで、なんでこうなったのかと思ったら…
一生水泳を楽しむコツ」でキャップコレクションの写真を撮ったんで、そのときにもとに戻さなかったのが原因と判明。
いやー、やってもーたー。
で。
プールでもキャップを売ってるんで、買ってもいいかと思ってといあわせたら、530円。
ちなみに入場料は400円。
1回ちょろっと泳ぐために1000円近く払うのももったいないし、かと行って「キャップを取りに戻って、再度お金払って入場」ってほどでもないし。

とゆーわけで、シャワーだけ浴びて帰ってきましたとさ。
…はい、次は気をつけます。。。

最近の無料キャンペーン

一生水泳を楽しむコツ」の無料キャンペーンが…まだ終わってないのですけど(笑)
無料キャンペーンの傾向について書いておこうかな、と。

無料キャンペーンがスタートして24時間以内に、

20DL→総合100位以内
50DL→総合20位以内
100DL→総合ひと桁

…という感じのようです。
立て続けに無料キャンペーンやって、同じ傾向だったんで。
100位に入ってない本は、「DL数20以下」ってことです。
最近は、「無料キャンペーン後に売れる」ってこともほとんどないので、「はっきりした目的がない限り、無料キャンペーンはやらない方がいい」ってことかも。

じゃあ、なんでわたしが無料キャンペーンをやったのか、といいますと。
ひとつは、広告を見せるため。
一生水泳を楽しむコツ」の巻末には、「コーチは教えてくれない水泳のコツ」の広告を入れました。
無料で「一生水泳を楽しむコツ」を読んだ人が、「コーチは教えてくれない水泳のコツ」を買ってくれれば…というのが狙いです。
ま、黙っててもコーチは教えてくれない水泳のコツは、それなりに売れるのですけど、一生水泳を楽しむコツの無料キャンペーン後、売上げは上向きなので、多少効果はあったかと。
それともうひとつは、販売数の底上げ。
あくまでも推測ですが、有料販売後でも無料キャンペーン時のDL数が「過去の販売数」としてカウントされているんじゃないかと思ってます。順位がアップして、告知できる順位になれば、広告する機会が増える……という狙い。
ウチは基本的に「カテゴリーで10位以内」が、ランクインを告知する目安。その機会を増やしたいわけです。
とはいえ、総合100位以内に入らないと、ダウンロードも伸びないわけで。
一種のギャンブルですけど、それなりに告知して総合100位に入らないってことは、「そこまでの商品力」ってことなのかなと。

ところで。
今回無料キャンペーンをやってみて、いままでと変化したことが。
Amazonの商品ページには、「この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています」というパーツがあるのですが。
ここにですね、おそらく「インディーズ無料マンガ」でアップされたであろう作品が、ずらーっと並んでいたわけです。
電子書籍市場においては、マンガが圧倒的なのは知ってましたが、まさか「インディーズ無料マンガ」がここまで勢力を伸ばしているとは!
いや、有名作品の無料キャンペーンが、たくさんダウンロードされるのはわかるんですよ。
でも、今回「この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています」にならんでいたのは、「えっ、それ!?」というようなものが多くて。
「無料のマンガであれば、なんでもいい」状態。「絵のうまい・ヘタ」とか「おもしろそう」とか、そんなの一切関係なし。「無料のマンガであればOK」なんだろうなぁ、と。
「文字モノの本」を避ける傾向は、なかなか根深いものがある気が。
SNSの普及で、かつてないほど文字を読む時代になりましたが、「そこから文字の本へ」ではなく、「普段文字ばっかり読んでるから、わざわざお金を払って読みたくない」なのかも。
だとすると。
これからもっと、厳しい時代になる予感が。。。

【水泳日記】これはまさか…

お昼からさくっと。
…ちなみに昨日の話(笑)

○500

一生水泳を楽しむコツ」なんて本を出した自分が、泳いでないのはダメだろう…ということでプールへ。
夏休みだから混んでるかなぁ…と思ったけど、それほどでもなく。
最初はね。よかったんですよ。
「やっぱ、水に浮くのって気持ちいいなー」とか思ってて。
そのうち、なにか違和感が…と観察してたら、どうやら右が、早くリカバリーしたがってる気配。
水をしっかり押す前に、右肩が戻りはじめてるのよね。
これはいかん…と、肩を大きく回すことを意識。
最後までしっくり来なかったけど、ひさしぶりだからこんなもんかな…とか納得してたんだけど。

帰宅してから、首と肩に、強烈な違和感が。
えっと…これは疲労?
気持ちでは「回し足りない」なのに、自分の身体的には「回しすぎ」ってこと?
単純に「練習機会が減ってるせい」っていうのもあるんだろうけど、「イメージと実際のギャップ」が問題になってくる年齢になってきたってこともあるのでは…。
そういう「戦い」がはじまるわけか。。。

一生水泳を楽しむコツ

「水泳は苦手だから向いてない」
「運動神経が鈍いから泳げない」
「年だから泳ぐのはもう無理…」
 …なんて思っているアナタも、ちゃんと水泳を楽しむコツがあるんです!
 水が怖くて、運動が苦手だった著者だからこそわかる、
 フツーの人がフツーに水泳を楽しむためのコツが満載!

ストアリンク
Amazon Kindleストア

出版社のページ
http://www.breast-stroke.jp/index.php/petit-bunko/archives/77

一生水泳を楽しむコツ・構成&はじめに&あとがき

・はじめに
 水泳というと、オリンピックを頂点としてアスリートがしのぎを削る競泳や、こどもの習い事としてのスイミングをイメージする方が多いと思います。が、それだけが「水泳」ではありません。「年齢を問わず、趣味の一環として楽しむ水泳」もあるのです。
 水泳は、誰でも楽しめるスポーツです。泳ぎ方がヘタでも、運動神経が鈍くても。ですが、「上手くならないといけない」「速くならないといけない」という思い込みが強く残ってる気がします。
 確かに、上達することは、スポーツのおもしろさのひとつではありますが、それがすべてというわけでもありません。
 そこでこの本では、「泳法ごとのコツ」とは少し離れた、「水泳というスポーツを楽しむコツ」を集めてみました。
 泳ぎ方を教えてくれる本はいっぱい出ていますが、「水泳そのものの楽しさ」や「ずっと楽しむためのヒント」は、意外と語られる機会がありません。ないなら自分で作ってしまえ……ということで、出来上がったのがこの本です。
 当初は、拙著「コーチは教えてくれない水泳のコツ」の一部を抜粋して構成しようと思いましたが、「一生水泳を楽しむ本」というテーマを考えたとき、それだけでは足りないと思い直し、いくつかの項目を新たに書き足しました。
 泳法のテクニックがまったく書いてない水泳の本に、どれだけニーズがあるのか不安ではありますが……水泳をはじめようと思ってる人や、あきらめてしまいそうな人には、ちょうどいいきっかけになるんじゃないかと期待しています。

omimi

STEP-01・水泳のおもしろさ
STEP-02・こんな人でも大丈夫!
STEP-03・水泳は全身運動!? 肩こりに効く!?★
STEP-04・水泳の隠れたメリット
STEP-05・水泳をはじめるのに必要なモノは?
STEP-06・水泳用品はどこで買う?
STEP-07・水着はどう選べばいいの?
STEP-08・うまくなりたいなら競泳用水着を買うべし★
STEP-09・水着のインナー問題
STEP-10・意外と知らないゴーグルの選び方★
STEP-11・キャップはメッシュ? シリコン?
STEP-12・あると便利な道具
STEP-13・どこで習うのがベスト!?
STEP-14・はじめてのホームプール選び
STEP-15・ローカルルールをチェック!
STEP-16・プールは遅い人優先!
STEP-17・前に遅い人がいたら?★
STEP-18・水分補給の基礎知識★
STEP-19・トラブルになる前に…(スタッフに伝える)
STEP-20・緊急時の基礎知識
STEP-21・壁にぶつかったら…
STEP-22・初心者こそイメトレ!★
STEP-23・お風呂は最高の練習場★
STEP-24・試合を見るポイント
STEP-25・考えすぎない
STEP-26・信用しすぎない
STEP-27・リセットポイントをみつけよう★
STEP-28・遠征のススメ★
STEP-29・試合に出る理由
STEP-30・マスターズ登録は必須!?
STEP-31・一生上達!

・あとがき
 最近、「生涯スポーツ」という言葉をよく耳にしますが、「一生スポーツを楽しむためにはどうしたらいいか」という話は、まったく聞きません。若い頃からスポーツに親しんでいた人達にとっては、「スポーツは楽しいから、やってみればわかる」と考えているのでしょう。
 ですが、スポーツに親しんだことがない人にとっては、スポーツに挑戦することでさえ「一大決心」なのに、いざやってみたら「ああしろ、こうしろ」と言われ、その結果足が遠のいてしまう……なんてことになってしまうのです。
 本当は、そうした人たちにこそ、スポーツ――体を動かすことが必要なのに。
 わたしは、30歳を超えてから、水泳というスポーツに出会いました。学生時代の授業でやるにはやりましたが、ほとんど泳げなかったので、自分の中では「ノーカウント」です。
 大人になつてからはじめたことで、体を動かす楽しみを知りました。同時に、「一般の人が、競技とは無関係のところでスポーツを楽しむ環境の乏しさ」も実感しました。
 が、いまのわたしは、それを乗り越えて、水泳を楽しめています。それほど水泳が楽しいスポーツだったというのもありますが、それ以上に「試行錯誤して、下手なりの楽しみ方を見つけることができた」のが大きいと思います。
 ちょっとしたことで、プールに来なくなってしまった人を、たくさん見てきました。だからこそ、わたしが見つけた「下手なりに楽しむコツ」は、お役に立つのではないかと思っています。
 さぁ、プールへいきましょう。いつでもプールは、あなたが来るのを待ってるハズです。

2018年盛夏 omimi