一生水泳を楽しむコツ・構成&はじめに&あとがき

・はじめに
 水泳というと、オリンピックを頂点としてアスリートがしのぎを削る競泳や、こどもの習い事としてのスイミングをイメージする方が多いと思います。が、それだけが「水泳」ではありません。「年齢を問わず、趣味の一環として楽しむ水泳」もあるのです。
 水泳は、誰でも楽しめるスポーツです。泳ぎ方がヘタでも、運動神経が鈍くても。ですが、「上手くならないといけない」「速くならないといけない」という思い込みが強く残ってる気がします。
 確かに、上達することは、スポーツのおもしろさのひとつではありますが、それがすべてというわけでもありません。
 そこでこの本では、「泳法ごとのコツ」とは少し離れた、「水泳というスポーツを楽しむコツ」を集めてみました。
 泳ぎ方を教えてくれる本はいっぱい出ていますが、「水泳そのものの楽しさ」や「ずっと楽しむためのヒント」は、意外と語られる機会がありません。ないなら自分で作ってしまえ……ということで、出来上がったのがこの本です。
 当初は、拙著「コーチは教えてくれない水泳のコツ」の一部を抜粋して構成しようと思いましたが、「一生水泳を楽しむ本」というテーマを考えたとき、それだけでは足りないと思い直し、いくつかの項目を新たに書き足しました。
 泳法のテクニックがまったく書いてない水泳の本に、どれだけニーズがあるのか不安ではありますが……水泳をはじめようと思ってる人や、あきらめてしまいそうな人には、ちょうどいいきっかけになるんじゃないかと期待しています。

omimi

STEP-01・水泳のおもしろさ
STEP-02・こんな人でも大丈夫!
STEP-03・水泳は全身運動!? 肩こりに効く!?★
STEP-04・水泳の隠れたメリット
STEP-05・水泳をはじめるのに必要なモノは?
STEP-06・水泳用品はどこで買う?
STEP-07・水着はどう選べばいいの?
STEP-08・うまくなりたいなら競泳用水着を買うべし★
STEP-09・水着のインナー問題
STEP-10・意外と知らないゴーグルの選び方★
STEP-11・キャップはメッシュ? シリコン?
STEP-12・あると便利な道具
STEP-13・どこで習うのがベスト!?
STEP-14・はじめてのホームプール選び
STEP-15・ローカルルールをチェック!
STEP-16・プールは遅い人優先!
STEP-17・前に遅い人がいたら?★
STEP-18・水分補給の基礎知識★
STEP-19・トラブルになる前に…(スタッフに伝える)
STEP-20・緊急時の基礎知識
STEP-21・壁にぶつかったら…
STEP-22・初心者こそイメトレ!★
STEP-23・お風呂は最高の練習場★
STEP-24・試合を見るポイント
STEP-25・考えすぎない
STEP-26・信用しすぎない
STEP-27・リセットポイントをみつけよう★
STEP-28・遠征のススメ★
STEP-29・試合に出る理由
STEP-30・マスターズ登録は必須!?
STEP-31・一生上達!

・あとがき
 最近、「生涯スポーツ」という言葉をよく耳にしますが、「一生スポーツを楽しむためにはどうしたらいいか」という話は、まったく聞きません。若い頃からスポーツに親しんでいた人達にとっては、「スポーツは楽しいから、やってみればわかる」と考えているのでしょう。
 ですが、スポーツに親しんだことがない人にとっては、スポーツに挑戦することでさえ「一大決心」なのに、いざやってみたら「ああしろ、こうしろ」と言われ、その結果足が遠のいてしまう……なんてことになってしまうのです。
 本当は、そうした人たちにこそ、スポーツ――体を動かすことが必要なのに。
 わたしは、30歳を超えてから、水泳というスポーツに出会いました。学生時代の授業でやるにはやりましたが、ほとんど泳げなかったので、自分の中では「ノーカウント」です。
 大人になつてからはじめたことで、体を動かす楽しみを知りました。同時に、「一般の人が、競技とは無関係のところでスポーツを楽しむ環境の乏しさ」も実感しました。
 が、いまのわたしは、それを乗り越えて、水泳を楽しめています。それほど水泳が楽しいスポーツだったというのもありますが、それ以上に「試行錯誤して、下手なりの楽しみ方を見つけることができた」のが大きいと思います。
 ちょっとしたことで、プールに来なくなってしまった人を、たくさん見てきました。だからこそ、わたしが見つけた「下手なりに楽しむコツ」は、お役に立つのではないかと思っています。
 さぁ、プールへいきましょう。いつでもプールは、あなたが来るのを待ってるハズです。

2018年盛夏 omimi

18年7月の売上雑感

7月の売上がまとまりましたので、コメントなど。

◆7月のベストセラー
1位 コーチは教えてくれない【クロール】のコツ
2位 コーチは教えてくれない水泳のコツ
3位 コーチは教えてくれない【平泳ぎ】のコツ

◆好調!?
前半好調で、こりゃ過去最高か…と思ったら後半失速。
結果、「元に戻った」程度。

◆無料キャンペーンの効果
夏に合わせて「コーチは教えてくれない【クロール】のコツ」ほかの分冊シリーズを無料キャンペーンしてみたのですが。
んー。ほとんど効果なし。
「【クロール】のコツ」なんか、キャンペーンやってた期間=売れなかった期間ということで、実質マイナスっぽいし。
ただ…「発売したばっかりのタイトル」は、多少なりとも知名度アップのために、やってもいいかなぁ。
無料でDLされた数も、ランキング計算のベースとして使われてるっぽいし。

◆ゆがみまくってるビジネスモデル
改めて検証したところ。
収入の内訳は、
1/3 水泳本のPOD
1/3 水泳本の電書
1/3 その他の電書
てな感じ。実質、ひとつのタイトルで2/3(笑)

電書は約50タイトル販売中で、そのうち自分以外のものが半数。
でも、自分以外の電書の販売数は3%。
あー、ゆがんでる。
人件費どころか、通信費(切手代)すら稼げないタイトルをラインナップしていることに意味はあるのか?
出版する手段を持たない人に、それを提供する「文化的意味」はあるにせよ、「営利事業」としては完全に成立してない。
でも、電書の場合、維持費はほとんどかからないから、廃版にするメリットもない。
さぁて、どうするべ。。。

Amazonのランキングが厳しい。。。

ずいぶん前には、「1冊売れたら2000~5000位台」だった時代もある、AmazonのKindleストアランキングですが。
Kindle Unlimitedの導入&過度なKENPC(Unlimitedで読まれたページ数)の優遇で、「売れてもランキングが上がらない」ような状況もありましたが…ここしばらくは、「1冊売れたら1万~2万位台」程度に落ち着いていたわけです。
ですが…なんか最近、ランキング算出のロジックが、大きく変わったんじゃないかと思ったりしているのです。

きっかけは、とある本。
2部分、がっつりUnlimitedで読まれた様子なので、ランキング爆上げを期待したのですが…16万位台→14万位台と、「誤差程度」の伸び。
いや、ちょっと前なら、こんなことはなかったのです。少なくとも、4ケタ順位には上がってたのに!!

おそらく、ランキング算出のベースが、「売れる直前の順位」になってます。
なので、多少売れたくらいじゃあ、ランキングは上がらない、と。
長く売れてるものほど、上位にいきやすいわけですね。
実際ウチでも、「コンスタントに4ケタ順位の本」は、多少順位落ちても、ちょろっとUnlimitedで読まれれば、4ケタ順位に復帰します。
で、「1ヶ月に1部」みたいな本は、絶望的にランキングが上がらない、と。
それだと、新刊は不利なので、「発売1ヶ月以内」の本には、下駄履かせてる感じかなぁ。

「ランキングなんて関係ないでしょ」って気もしますが、ジャンル別でもいい順位に入ってきたら、こちらとしてはアピールの材料となるので、ありがたいんですよ。
それが使えるとなると、痛手だなぁ。
んー、んー。
アドレナライズさんに対抗して、「わんこアカウント化」しちゃおっかな(笑)

今年の夏はおかしい。。。

なにをいまさら…って感じですが、今年の夏はおかしいっす!!

我が家、ふたりともエアコンが苦手なんで、基本使わないんです。
そのために、風が通る東南角部屋を選んだのだし。
そのおかげか、ほとんどエアコンを使わずに済んでいたのです。
しっかり風が通るから、暑くないのですよ(去年までは)。
風がないときは、エアコンつけるけど、それでも数日。

…だったのですが。

今年はダメです。
ほとんど風がないんですよ!!
さらに、風がないけど、熱は入ってくるという…。
その結果、エアコンをつけるまで追い詰められたときは、部屋のあらゆるものがホカホカで、エアコンつけるとフルパワーで可動しちゃって、体調崩しそうになるという…。
いずれにせよ、今年は怖くて窓開けられません。
エアコン24時間可動の方がいいのかなぁ。
でも、そこまでやる根性もなかったり。
ホント、これからどうしましょ?