【Web内覧会】間取り図

Web内覧会の最後に間取り図を。
といっても、本物の設計図は著作権の関係で出せないので、自分でつくったバージョンを。

…あ。
洗面所、洗面台と洗濯機の位置、逆だわ(笑)
設計士から最初に提示されたものは、玄関は南側に少し引っ込んでたし、廊下の「物入れ3」はこちらから追加を提案したものだし、2Fの物入れ4(パントリー)は、最初「ドアなし」での提案だったし。
ちょこまかこちらからの追加要素はありますが、基本となる間取りはそのまま。
てか、この間取りを見た瞬間「コレだ!」と思ったわけです。

ちなみにこの間取り図を作成したのはInDesign。
使い慣れてるというのもあるけど、パーツをmm単位で指定できるし。
自分でもこうして間取り図をつくると、「こうしてください」というのが伝えやすくなるので便利。
家具のサイズも正確にわかるから、引っ越したときに「家具が入らない!」なんてトラブルとは無縁。
といっても、図面上と実際はまた別の話なので、設計段階で家具を当てはめるなら、家具のサイズを数センチ多めに見積もっておいた方がいいかな。
これとは別に、嫁が「3Dマイホームデザイナー」でパースを作っていたので、「実際にどう見えるか」をシミュレーションしてたけど。
セミオーダーの設計士さんは、抱えてる案件が多いので、「こちらでできることは、すべてやる」くらいの方がいいんじゃないかなぁ。
「家は三回建てないと満足できない」なんて言われるけど、「できることはすべてやった」から、いまの家には「ほぼ満足」してるのよね。

【Web内覧会】の過去ログはコチラ → http://omimi.com/?cat=54

【Web内覧会】外構

外構もちょろっと。

外構といっても、ほとんど「駐車場周り」だけ。庭をつくるスペースもないし(笑)
設計士の案では、駐車用スペースも、石貼りしたり、華やかに感じのデザインだったんだけど、私の案でこんな感じに。
駐車スペースのうち、建物側1mを石貼りにして「通路風」に。
残りのエリアのセンターに別のタイルを。ちなみにこのタイル、ポーチ用の標準のやつだから、オプションとして計上されてない(笑)
実際に駐車する部分のセンターに、ライン要素を入れたかったんですよ。
バックモニターにもセンターライン表示されるから、このタイルのラインをそこに合わせれば、きっちり駐車できる……というわけ。

門柱は、タカショーの板塀タイプを。
最初、「モノリスみたいな門柱にしたい」って言ったら、めっちゃ反対されたんだけど、外構の検討をはじめた段階で、嫁が「これにする」と言い出しまして。
「こーゆーのはイヤだって言ったの、誰だよー」って感じ(笑)

で。
板塀の裏に、NASTAの宅配ボックスを設置してます。
なかなかいい隠れ方でしょ?
ま、宅配ボックスがリニューアルされちゃって、このタイプはすでに旧型なんだけど(泣)
マンション時代、宅配ボックスの使用率高かったから、宅配ボックスを用意したんですが、いまのところ使用実績なし。
日本郵便は、申請しないと使用しないという謎ルールっていうのもあるけど……きれいに隠れすぎてて、見つからんないのかしらん?

セミオーダーの場合、「建物の周囲をコンクリで埋める」までは、標準価格内かな?
だから、そんなにお金かかってないのですよ。
その割に、いい感じの外構になったんじゃないかなーと、満足してたり。

【Web内覧会】の過去ログはコチラ → http://omimi.com/?cat=54

【Web内覧会】外壁用ブラケット

玄関までのアプローチの照明用として、外壁にブラケットを2個設置してます。

パナソニックのLGWC80241です。
セミオーダー住宅は、「建築会社のカタログに載っているもの以外使用不可」が原則なのですが、プラケットは「パナソニックのカタログの中から、お好きなものを選んでください」と言われたのです。
とゆーことで、パナソニックのカタログを見ていくつかあたりをつけたあと、汐留(新橋)のショールームへ確認へ。
「代表的なものをいくつか展示」かと思いきや、思った以上の種類を展示しててびっくり。
ウチが目星をつけてたやつも、全部展示されてまして、それを参考にしつつ選んだのがコレ。
嫁が、蔦のアクセントを気に入ったみたい。――ただ、さっき確認したら、カタログ落ちしてるっぽけど(笑)

FreePa(センサー)付きなので、夜帰ってくると、明かるくなってお出迎えしてくれるの。
しかも、2つあるから、歩くごとにランプがつくという豪華仕様(笑)
玄関を奥にすると、「歩く距離が長くなる」というマイナスはあるけど、「アプローチで遊べる」というメリットもあるのよねぇ。

【Web内覧会】の過去ログはコチラ → http://omimi.com/?cat=54

【Web内覧会】小屋裏収納

リビングの上に、小屋裏収納(屋根裏部屋)があります。

小屋裏は「1.4mまで」という制限があるんですが、ここはそれよりも小さめ。
なぜって……これがギリギリのサイズだったから(泣)

延べ床面積でいうと、前に住んでたマンションからマイナス10㎡です。
前のマンションでさえ、荷物があふれていたのに、面積が減るわけです。
もちろん、不用品を大量に処分するとしても、足りなくなる可能性が大きいわけです。
という目論見があったので、「小屋裏収納は必須」ということで設計を進めたのですが…これがなかなか難問でして。
斜線規制が厳しい土地だったのですよ。北・東・西と、三方からの制限があって、2階に母屋下がりが発生しないようにするのも厳しいくらいで。
ま、母屋下がりは、パントリーの中だけに収まるように調節しましたけど。
そんな状態なので、「小屋裏収納は最小限」になってしまったのです。
部屋というよりは、「上にある押入れ」にれば御の字だったんで、高さがなくてもOKだったわけです。

低くて狭いのは覚悟してたんですけど、思った以上にはしごが場所をとっちゃいまして。
小屋裏収納の設置を検討している方、「はしごは想像以上に場所を取る」と覚えておきましょう。
スルーすると「荷物置けるスペースが、予定より狭くなっちゃった」てなことになります。

【Web内覧会】の過去ログはコチラ → http://omimi.com/?cat=54

【Web内覧会】ベランダ

リビングの窓の向こうがベランダ。

インナーバルコニー的に、一部引っ込んでるんで、やや広めかな?
APW330っていう樹脂サッシだからなのか、それともシャッター付きのせいなのかわからないけど、サッシの枠が想像以上に出っ張ってたんでびっくり。
普通のサイズだったら、きつかったかも。

そんなことより、この持ち出しタイプの手すり!
これがイイ!
壁の幅の分だけ、ベランダが広くなったようなもんだもんねぇ。
最初は、ベランダで洗濯物干す予定だったんだけど、ドラム式の洗濯乾燥機買っちゃったから、事実上このベランダは、おれの喫煙所(笑)
で、この手すりのところに腰掛けることもできる、と。
「ベランダは、小さな手すりでいいじゃん」と思ってる方、ベランダの手すりは断然、持ち出しタイプがおすすめ!

で。
内覧会のとき、この手すりのサイズが設計図より小さかったんですよ。
それで、
「手すりが短くなったんで、差額をなにか別のオプションを」
って申し出たんです。
だって、すでにある手すりを撤去するとなると、もったいないじゃないですか。なので、こちらから妥協案を出したわけ。
ところが、それをスルーされて、数日後、
「設計図通りにしました」
と。
どうやらミスしたのは、手すりのメーカーのようで、建築会社からメーカーに交換するよう要請があったっぽい。
てか、こういうのをさくっと処理させちゃったんで、
「オープンハウス・ディベロップメントって、結構力あるんじゃね?」
って思った出来事だったり。
力のある建築会社にお願いするって、重要なことなんだなぁ。

【Web内覧会】の過去ログはコチラ → http://omimi.com/?cat=54