【A-Class推し!】アクセルワーク

【A-Class推し!】
※このシリーズは…新しく愛車になったA180スポーツ(W176)について、あれやこれやを書いていきます。有益な情報はありません……おそらく。

本来なら、いまごろスロコン&サブコンを取り付けてるハズだったのですが。
お財布が心もとなくなったりしちゃって、「それなら2年点検後にしよーっと」と思いまして。
その点検の連絡がなかなかこなくて、モヤモヤしてる……というのが現状。
そんなこんなする間に、アクセルワークを変えてみたら、いい感じになったのでご報告を。

いままでは、床にかかとをつけて、足首の角度を変えることで、アクセルを踏んでいたのですが。
ちょっと、かかとを浮かせてみたら、いい感じだったのですよ。
といっても、完全に浮いてるわけじゃなくて、「かかとはついてるんだけど、完全に重さをかけてるわけではない」みたいな。
その状態で、足首の角度を変えるというより、「脚を伸ばして、ペダルを奥に押す」イメージで操作してみたわけです。
クラッチペダルの操作に近いかな?
そしたら、グイグイ進めて、気持ちいい!
とはいえ、常にそれだと疲れるので、使い分けがポイントかな。

ゆったくと発進するときとか、定速で走るときは、かかとをややペダルから遠目において、ペダルの手前側を踏む感じ。このときは、足首の角度だけで調節。
しっかり走るときは、かかとはペダルの近くにして、ペダルの奥目を「押す」感じ。
↓の写真だと、ガッツリは赤、ゆったりはオレンジね。

スロコンのモード切り替えを、かかとの位置&踏み方でやってるわけですな。
スロコンほど、繊細な調節はできないけど(笑)

こうした踏み分けができるのは、吊り下げ式のメリットだなぁ…とか思ったりして。

【A-Class推し!】過去ログはコチラ

【A-Class推し!】タイヤに関する備忘録。

【A-Class推し!】
※このシリーズは…新しく愛車になったA180スポーツ(W176)について、あれやこれやを書いていきます。有益な情報はありません……おそらく。

このところ、タイヤについて調べておりまして。
いや、10000kmも走ってないし、まだまだ交換時期は先なんですけれども(笑)
早めに脱ランフラットしたいなぁとか思っておりまして。
1年後の車検を目処に交換するとして、いまからその下調べ。

ちなみにいま履いてる(新車装着)のタイヤは、こちら↓
225/40R18
現在→TURANZA T001 92W XL
指定空気圧→前:250(270)kPa 後:220(270)kPa
耐荷重→前:560(595)kg 後:505(595)kg

狙っているのは、「セカンドグレードのスポーツコンフォートタイヤ」を基本線に。
んで、ピックアップしてるのが、以下のタイヤ。

◆ヨコハマ/ADVAN FLEVA V701
いま一番手のタイヤがコレ。
マスコミ向けの試乗会でも、A180が使われてたみたいだし、相性はよさそう。
パターンも好きな感じ。
ただ、「基本的にはエコタイヤ」みたいなレビューもあるんで、そこがちょっと引っかかってるかな…。

◆ミシュラン/Pilot Sport 4
おそらく、A180に一番合うタイヤっていうのは、これなんだと思う。
いや、それは頭では理解しているのだけど。

◆ファルケン/AZENIS FK453
「ほどよい硬さで、バランスがいい」って、なかなか好みに合いそうなレビューが多いのよね。
お財布の事情で「なるべく安く!」ってことになったら、コレかなぁ。

トーヨー/PROXES Sport
まだ発売前だけど(笑)
かなり気になってるのよねぇ。
前モデルのT1 Sportは「コスパ最強!」とのことだったけど、新しくなってどうなるかなぁ…。

◆グッドイヤー/REVSPEC RS-02
けっこうよさげだし、妙に安いし、これもいいなぁ…と思ったけど、ロードインデックスが88Wなのよね。
調べたら、MAXの240kPa入れれば大丈夫っぽいけど(荷物とか人を満載しなければw)。

◆ピレリ/DRAGON SPORT
ピレリならこれだろうなぁ…という程度。

◆ダンロップ/DZ102
ダンロップならこれだろうなぁ…という程度。

◆ブリヂストン/POTENZA S001
純正装着のT001は、日本だと売ってないんで、国内向けだとコレなんだろうなぁ…と。
Adrenalin RE003でもいいんだろうけど、あんまり好きなパターンじゃないのよねぇ。
で、S0001。
ブリヂストンだし、高いんだろう……と思ってたら、上に並べたタイヤと同レベで買えることもあるようで。
ひょっとしたら、並行輸入品?
いろいろ迷って「どれにしたらいいか、わかんなーい」ってことになったら、これにする感じ。
ある意味、最終手段?

選択肢ありすぎて、正直よくわかんないんだけど、まだまだ時間はあるし、じっくり悩むことにしよーっと。

【A-Class推し!】過去ログはコチラ

【A-Class推し!】ディストロニック・プラスの落とし穴!?

【A-Class推し!】
※このシリーズは…新しく愛車になったA180スポーツ(W176)について、あれやこれやを書いていきます。有益な情報はありません……おそらく。

最初は、スロコンとサブコンをとりつけにいこうかと企んでおったのですが。
Racechipのスロコンが輸入元で欠品中らしく(泣)
1ヶ月ほど待つようです。
せっかくだから、同時装着しようと思いまして。

んで。
暇……ってわけじゃないけど、ひとっ走りいってきました。
コースは、奥多摩周遊道路→大菩薩ライン→勝沼ICから中央道、というもの。
奥多摩周遊は、何回か走ってるはずだけど、そっから先は、はじめて。
平日の昼間だから余裕だろう……と思ったら、意外と走ってる人いたなー。
ま、煽るような人はいなかったけどね。
やばいくらい飛ばしてるワンボックスはいたw

でも、余裕を持って走れたなー。
ワインディングに慣れたのか、それともA180がいい子なのか(笑)
あと、Mモードだったのもあるかも。
無駄なシフトチェンジせずに、流せたからねぇ。

そんなこんなで、帰り道。
高速でひさしぶりにディストロニック・プラスを使ってみたのですよ。
その時ふと、「ちゃんと前の車を認識してるんだろーか?」てなことを思いまして。
マルチファンクションディスプレイで、「アシスト→アシスト一覧」を指定して、車間を表示させながら、走ってみたのですよ。
途中までは、「車線変更しても、ちゃんと認識するなー」とか思っていたのですが。
ある時、前者のイラストが消えまして。
設定が100Km/hで、だいたい80Km/hで流れてたかなー。
前車を認識してないので、加速するわけですよ。
「ふぁ!?」
ってなったとき、また前車を認識して減速しましたけど。

これ、実はキツめのカーブでして。
前車がレーダーの範囲を外れたからこうなったのではないか、と。
ま、「ウチのに搭載されているディストロニックプラスは」という注釈は必要ですけど。
こうならないようにするためには、きちんと前車を捕捉できるよう、早め早めにハンドルを切った方がいいのかも。ディストロニックプラス使用時は。

とはいえ、上のクラスのやつは、こんなことない気もするんだけど(汗)

【A-Class推し!】過去ログはコチラ

マークX・インプレ

九州旅行で、1000KmほどマークXを乗ってきたのでインプレなど。
平成28年6月登録なんで、MC前のやつ。
写真撮り忘れたので、これを見ておくんなまし。

◆第一印象
静か!
エンジン回ってないのかと思ったくらい。
走り出してもそれは同じ。3000回転超えると、「ひゅいーん」というV型らしい音が。
気持ちいいのは、そこから+1000回転くらいで、それ以上回すとただの雑音(笑)

◆乗り心地
これがいいのよ!
ふわふわしすぎてなくて。やさしいけど芯がある…というか。
86みたいな揺り戻しもないし。
16インチにヨコハマのdBという組み合わせだったんだけど、17インチにスポーツコンフォートタイヤだったら、完璧に自分の好み。

◆エンジン
レンタカーでマークXを指定したのは、「ひさしぶりにFRに乗りたい」っていうのもあったけど、実は「V型エンジンのクルマに乗ってみたい」っていうのもあったのよね。
このエンジン、パンチ力はないけど、203psだけあって、公道で使うなら余裕があるねぇ。

◆燃費
常時スポーツモード使ってたし、山道も多かったけど、11Km/Lくらい。
いい方だよねぇ。

◆AT
手動で「3速」を指定すると、実際は「1-3速」になるタイプのAT。
実はこれ、結構好きなのよね。
「指定範囲内の自動変速」だから楽できるし、アクセル操作と合わせれば、ほぼ自分の好みのギアにできるし。
「なにがなんでも、自分がギアを決めたい」って人には、不評みたいだけどね。
そういう特性を含めて、自分の好みのギアになるよう操作するっていうも、楽しみ方のひとつだと思うんだけどなぁ。

◆速度感
ひとつ違和感があったのが速度感。
すぅーっと走っていって、メーターをチェックすると、思ったのより+10Km/hくらい高い速度で。
気づくと出しすぎになりそうで、ちょっと怖かったかな。
Aクラスは、納車の時からその感覚がピッタリだったんで……。

◆高速
高速は少ししか走ってないけど、割りと安心できたかな。
ふわふわすることもなく。
ま、メルセデスの「吸い付く感じ」を知っちゃうと、「それに比べれば…」って思っちゃうところだけど、でもまぁ、安心して走れる感じ。

◆ステアリング
まったく期待してなかったんだけど、なかなかいい感じのステアリング。
感触とか形状とか。
ボタン類が安っぽいのはマイナスだけど。

◆シフトフィール
ATのシフトレバーなんて、所詮スイッチなんだけど、このシフトレバーがなかなかいいのよ!
+-で操作すると、クイックシフトっぽくて気持ちいいの。

◆シート
ホント、シートは最悪!
苦労してしっくりきたポジションは、座面が高め&前目で、シートバックをかなり寝かせて、お尻をちょっと前に出す感じ。
完全に、腰骨が浮いてるの。
しかも、クッションは厚いけど芯がなくて、形としてサイドサポートはあるけど、まったく役に立たず。
なんでこのなの作っちゃったかなぁ。
ショールームで1分座るだけなら好印象なんだろうけど、実際はダメダメのシートよ。
自分だったら、納車されたその足で、RECAROBRIDEのシートに載せ替えるね。

◆ちょっと残念。。。
ワイパーのレインセンサーとか、アイドリングストップとか、シートヒーターとか、「このクラスにはあって当然」というものがなかったのがねぇ。
それくらい、標準装備にしれなくちゃだわ。

◆全体的に
思ったよりいいクルマ。
フツーに走れば「上質のセダン」だし、FRらしい走りをしようとすれば、ちゃんとそれらしく走れるし。
旅行のお供にはいいクルマを選んだなと……シートを除けば(笑)
で、実際買うかどうかとなると……。ま、重いからウチの駐車場には入れられないんで、買えないけど。
オプション選んで、シートを替えて……となると、それなりの値段になるのよね。
いいクルマなんだけどなぁ……なんというか、もったいない。

118d試乗。

どーにかこーにか「Google KeepのHint&Tips」の販売がはじまったので、次の仕事にとりかかる前に……とBMW GROUP Tokyo Bayに行ってきました。
Aクラスについて、あーだこーだ書いてるのに、1シリーズに乗っておいた方がいいだろう、と。
BMW GROUP Tokyo Bayは、ショールーム……というより、「試乗車の多いディーラー」という感じ。
さらっとWebでチェックしたところ、118dはあるみたいなので、1シリーズ&ヨーロッパのディーゼルのチェックのつもり。
お昼についたら、「予約が入ってるので、次は13時です」と言われ、お茶でも飲んで待つか……と思ったら、「キャンセルが入ったので、すぐに乗れます」ですと。ある意味ラッキー。
案内の中で、「警察の取締を受けた方もいるので、速度には注意を」と言われたのには笑ったなー。
今回試乗したのは、118d Style。

「お荷物は後ろに」と言われたので、ドアを開けると……軽っ!
「軽自動車か!」って、ツッコミたかったけど、軽量化でアルミにしてるとかかもしんないし。
なんて思いながら、前席に座ると……狭っ!
室内のサイズ感は、完全にBセグメント。
で、シートの調節をしていくと……座面高っ!
C3とかポロとかだよ、これ。
シートの座り心地もBセグレベルだし。
そして、一番ガッカリしたのがステアリング。
まさか革じゃないとは!
サイズとか形状は、いいんだけどね。。。

んで、ミラー合わせたりして発進…なんだけど。
スイッチ類の感触が、なんか軽いんだよねぇ。サイドブレーキも。
86もそうだったけど。

とゆーことで、お台場をひと回り。
乗り心地は悪くない。硬すぎず、柔らかすぎず。
ハンドル操作は素直。このあたりがFR…なんだろうけど。
でも、FFの「しっかり仕事してます」な感触の方が好きかも。
ちょっと強めにアクセル踏んだら、確かにFRっぽいけど、フツーに走れば「安定してる」という感じ。
ディーゼルだからといって、特にうるさい感じはしなかったなぁ。
「フツーのリッターカー」みたいな感じ。
そうそう、ダッシュボードが安っぽいプラスチックで、それとかも含めてリッターカーに乗ってる感じ。
よく「Audi・BMW・メルセデスベンツ」をプレミアム御三家とか言うけど、1シリーズにプレミアム感は皆無だったなー。
唯一気持ちよかったのは、ウィンカーの「カチッ」って感触くらい。

カタログもらうには、商談しなきゃいけないとゆーので、営業マンさん登場。
そしたらさー、
「なににしますか? いつ買いますか?」
だって。
MurauchiBMWの営業マンもこんな感じだったけど…BMWって、どこもこんな上から目線なの?
この時点で「萎え萎え」ですよ。

正直、そんなにいいクルマではなかったかなー。
悪くはないけど、400万出す気にはなれない。
アルトワークスの方が楽しそう。あるいはポロGTIとか。
「FRが」というのなら、アバルト124スパイダーかロードスターRFか。
「4人乗れなきゃ」というのならマークXもある。

なんかさ。「BMWは宗教」って思えたね。
信者になりたい人以外、近づいちゃダメなんだ。
さしずめ「Mエンブレム」は免罪符?

ま、いろいろと有意義な試乗でした。
たぶん、一生BMWは乗んないと思う。