東京モーターショー2017視察。

嫁が実家に帰ってくるというので、その間に東京モーターショーへ行ってきました。
なんだかんだで、ひさしぶりだなぁ。
空いてるってウワサもあったのだけど、そこそこ入ってる感じ。
いや、自由に歩き回れるから、そういう意味では空いてるかもだけど。

それでも混んでたのは、BMWとPORSCHE。
なんだかんだで、みんなスポーツカー、好きなのね。

スバルも人多かったなぁ。
クルマ持ち上げてるのがスバルくらいしかなかったってのもあると思うけど。
あとはコレ↓のおかげ(笑)

あとは…レクサスがアジアンテイスト全開で中国企業みたいだったとか、ホンダが生演奏で盛り上げようとしてるのに、観客が全然ノッてこないだとか。

座ってみたのは、S660、コペン、アルトワークス。
アルトワークスの視線が高くて、ある意味衝撃だったかなー。
ホンダのブースじゃないけど、NSXとCIVIC Type-Rのイスに座れるところがあったんだけど、ここは穴場だったかも。

なんだかんだ言って、一番おもしろかったのが、モリテックスチールの門柱型充電スタンド。ケーブルが門柱の後ろに隠れてスマート。
電気自動車時代がいよいよくるぞ、って感じ。

全体的に、それほど未来は感じなかったかな。
ネットがあるから、情報発信の場でもないしね。
やる気がない企業も多かったよ。
なにを聞いても「参考出品です」だけで、ちゃんと返事ができない企業とか。
既存製品のモックアップを並べてるだけの企業とか。
ひょっとしたら、東京モーターショーは、今回が最後かもなぁ。
2019年はオリンピックを理由に中止で、そのあと復活せず…みたいな。
だって、オートサロンの方が、わくわくさせてくれるもの。

【A-Class推し!】[-]パドル長押しは…!?

【A-Class推し!】
※このシリーズは…新しく愛車になったA180スポーツ(W176)について、あれやこれやを書いていきます。有益な情報はありません……おそらく。

納車されてからほぼ2年。
よーやく、10000Kmを越えました!

通勤に使ってるわけでもないし、送り迎えしてるわけでもないし、週末ごとにお出かけするわけでもないから、こんなもんよねぇ。
年間5000Kmだと、自動車保険割安になるし(笑)

それはさておき。
今日、思いついたことがあったのです。パドルの[-]を長押ししたら、連続してシフトダウンできるのではないか、と。

Eモードは、経済性優先なので、早めにシフトアップします。
そのままでも走ることはできるわけですが、「エンジンブレーキを使いたい」みたいなときには困るわけです。
そこで[-]パドルを押して、シフトダウンさせるわけですが…。
経済性を優先しすぎて、高めのギアで走ってることが多いわけです、Eモードは。
[-]パドルでシフトダウンさせても、1段では足りず、2段ときには3段落とすことになったりもするのです。
それは面倒だし、タイミングによってはうまく落ちなかったり、間に合わなかったり…なんてことも。
なんで、「[-]パドル長押しとかで一気にシフトダウンできたら、楽じゃね?」と思ったのです。

とゆーことで、試してみたところ……できました!
いや、できたのはいいんですけど……挙動がうまくつかめないというか。
[-]パドルほ長押しすると、複数段ギアを落とせるのですが、

(1) 押してる時間に応じて、落ちる段数が決まる
(2) 「Sモードだったらこれぐらい」のギアに落とす
(3) できるかぎり下のギアまで落とす

…などなど、どういうロジックなのか、見当がつかないのですよ。
5速で走ってて、3速にしようと[-]パドルを長押ししたところ。
4速→3速まで落ちたので、パドルを放したら……3速で止まらず、2速まで落ちてしまったのです。
なんどかテストしてみましたが、どうも(3)っぽいんですよねぇ。
いや、処理が追いついてないだけで、(1)の可能性もありますが。
んー。
A180前期型のAT、クセが強くて大変だ。。。

とはいえ。
ブレーキ踏むのとほぼ同時に[-]パドル長押しすると、「フォン! フォン!」と、実に見事にシフトダウンしてくれるんで、上手くなった気分になって、楽しいですよ。

【A-Class推し!】過去ログはコチラ

【A-Class推し!】最低記録更新

【A-Class推し!】
※このシリーズは…新しく愛車になったA180スポーツ(W176)について、あれやこれやを書いていきます。有益な情報はありません……おそらく。

昨日、ちょろっと走ってきまして。
最低記録をして更新してしまてました。
↓コレ

ECO表示が10%ですよ!
「まったくECOな走りをしてない」ってわけですな。
ちなみに燃費は、8km/Lくらいだったかな?
Mモードで、がつがつアクセル踏んだら、こうなっちゃいました。

なんでこんなことをしたのかといいますと。
「A180の標準状態で不満なのかどうか」を確認したかったのですね。
ぶっちゃけ、「本当にスロコン&サプコンは必要なのか」と。

A180は非力ですよ。約1500kgに122psですから。
でも、必要最低限…に、多少の+αくらいかなと。
非力ゆえ、エンジンパワーを使い切る楽しさというのもあるわけで。しかも公道でね。
アクセルにしたって、ここまでがっつり踏み込めるクルマも少ないかなと。
Aクラスのインプレで「もっさり」と言われる理由の大半は、ここに理由があるのですよね。しっかり加速させるためには、しっかり踏まないといけないから。

これはこれで、楽しいと個人的には思います。
ちょんと踏めば、どかーんとシートに押し付けられるくらい加速してくれないとイヤな人には向いてないですが。
楽しいんだけど…「メンドクサイ」でもあったりするのよねぇ。
常に「ガツガツ走りたい」わけではないから。

ってことは…やっぱり、スロコン&サブコン、入れたほうがいい気がしてきたなぁ。

【A-Class推し!】過去ログはコチラ

【A-Class推し!】シートの最善解

【A-Class推し!】
※このシリーズは…新しく愛車になったA180スポーツ(W176)について、あれやこれやを書いていきます。有益な情報はありません……おそらく。

意外と語られていないのですが、Aクラス(をベースとした新世代メルセデス)の難敵のひとつがシートです。
もちろん、悪いシートではないんですよ。
でも「極上」というわけでもない、と。
ちなみに、ウチのA180スポーツに採用されているスポーツシートが、新世代メルセデスのシートの中では、一番出来が悪いというウワサも(笑)

問題なのは、座面なのです。
お尻のところの沈み込みがちょっと深くて、座面の前方(ひざ裏あたり)のパッドが、硬くて厚いのですよ。
バケットシートっぽくしたいのだろうけど…。
ただ、出来が悪いわけではないんで、1万円とかする立派なクッションのセットを使うほどでもないわけです。
いや、1000~2000円のクッションを使うほどでもない。
ほんのちょっとだけ、カバー的なものがあれば、丸く収まるはず……ということで、いろいろ試行錯誤したあげく、行き着いたのがコレ↓です。

100均のクッションです(実際は、150円だったけどw)。
100均のクッションは、ペラペラです。が、そのペラペラさが、Aクラスのシートには、ちょうどいい……というわけ。

これを使いだしてから、座面先端のパッドは気にならなくなったし、沈み込みも抑えられるようになったし。
それどころか、もも裏から背中まで、まんべんなく包み込まれてる感じになりまして。
いやー、これが正解だったとは!
Aクラスのシートにお悩みの方、ぜひお試しあれ!

【A-Class推し!】過去ログはコチラ

【A-Class推し!】画期的なATの学習法!?

【A-Class推し!】
※このシリーズは…新しく愛車になったA180スポーツ(W176)について、あれやこれやを書いていきます。有益な情報はありません……おそらく。

Aクラス(前期型)最大の欠点は「シフトプログラム」じゃないか、と思っていたりするのですけど。
EモードにしろSモードにしろ、極端なので。
そのためのパドルシフトであるのはわかっているのですが。
これまた微妙なズレがあるのですよ。
Eモードだと、

4速で走ってる→シフトダウンしよう→そう思った瞬間5速に入る→あわてて[-]パドルを操作→なかなか落ちない(泣)

みたいなことになったり。DCT、上のギアを用意してることが多いみたいで、シフトダウンはバタバタするのですよね。
Sモードだと、

4速で走ってる→5速に上げる→ATモードに復帰した途端、4速に戻る

…みたいな。
そんなチグハグさを解消するために、シフトプログラムのクセを観察していたのですが…どうもうまくいかず。
ホント、後期型のCモードがうらやましい(泣)
そんなわけで、今日はMモードを使ってみたのです。
基本、「3000回転でシフトアップ」をめどに。がっつりのときは、5000回転くらいまで引っ張って。
そんな感じでひとっ走りしたあと、休憩。
で、エンジン切ったあとは、Eモードになってます。
これは仕様なので、しょうがないんですが…Eモードで走り出した途端、異変が!
シフトアップのタイミングが、めっちゃ遅くなってるんです!
つまり、Mモードで走ったときのシフトタイミングを学習して、Eモードで反映された…っぽい!
いや、これは使えるでしょ!
Eモードで走っても、たいして学習された気配は感じないんだけどねぇ。
なので、シフトタイミングを学習させたかったら、Mモードで走るといい、と。
これはいいTipsだなぁ。

【A-Class推し!】過去ログはコチラ