【モトブログ】ぷちツーリング

嫁が出張中なのをいいことに、ぷちツーリングしてきました。
コースは、深大寺→よみうりランド→若葉台→桜ヶ丘→松が谷(愛宕)→府中→多磨霊園…って感じ。
A180でよく走ってたあたりを、むりやりつなげた感じ(笑)
大体80Kmで、所要時間4時間。平均時速20Kmかぁ。市街地ツーリングにしてもひどいね(笑)
んで、感じたことをつれづれと。

◆よみうりランド
名物のヘアピン目当てだったんだけど、トンネルが見えてびっくり。
さっき調べたら、ヘアピンなくなっちゃうのね。

◆のんびりモード?
A180のときは、「もっとスピードだしたい」だったんだけど、R3だと「のんびり行こっか」って感じに。
同じ人間が運転してて、真逆な気分になるんだから不思議だねぇ。

◆振動?
5000~7000回転あたりで走ろうとすると、微振動があることを発見。
「振動が…」ってインプレを目にしたけど、これのことね。
振動というか、タンクカバーとかシートが共振してる感じ。
「この回転域でずーっと」は厳しそう。
ま、わたしの走り方だと、5000以上まわすのは一瞬で、たいていそれ以下で走ってるから問題ないかな。

◆ポジション
ぷちツーリングの目的は、「ワインディングっぽいところを走りたい」ってことと、もうひとつがポジションの確認。
いろいろ試した結果、
・前寄りで乗る市街地モード
・後ろ寄りで乗るワインディングモード
の2つにわけて考えた方がいい感じ。

◆曲がる!
そういうタイヤなのか、そういう車体なのかの判断は保留だけど、とにかくよく曲がる!
普通に流してる分にはオンザレールなんだけど、「しっかりターンしよう」てなときは、くいっと曲がれちゃうんでびっくり。
それに合わせたライン取りを考えなくちゃだわね。

◆アマリング
わりといい感じに走れたので、帰ってきてタイヤチェック。
なんと見事なアマリング!

測ったら3cmありました(笑)
…ってことはですよ。
サイドはコンパウンドを変えてあるタイヤなんか履いても、その部分はまったく使われないことになっちゃうね(笑)

◆実はタイヤが…
そうそう。
昨日、タイヤの製造年を確認したんですよ。
そしたら「2012年20週」ですって!
8年前のタイヤ!
多少硬さは感じなくもないけど、溝はたっぷりだし、ひび割れもないし、「使えることは使えるけどね」って感じ。
グッドイヤーのサイトによると、「10年経ったら交換を推奨」ってことみたいだし。
ただし、ウチの場合、「新品状態のまま保管」ではなく、「装着した状態」であることは間違いないんだよなぁ。
ブレーキテストとかもしてるだろうし、多少は熱の入った状態はあったと思うのが自然。
屋内でのテストだった可能性が高い気がするけど。

…てなことを考えると、なるはやでタイヤ交換した方がいいなぁ。
問題は、「こんなへなちょこな走りをする人に向いてるのはどんなタイヤか?」ってことなんだけど……。

【モトブログ】インプレいろいろ

また何回か走って、いろいろと試したので、まとめてインプレを。

◆ニーシンガード
はじめてニーシンガードつけて走ったんだけど……これ、イイ!
劇的にニーグリップがしやすくなる!

わたしが使ってるのはコレ↓

ズボンの内側に付けるタイプなんだけど。
付け方が…。
家を出る前、ジーパンをおろして、ニーシンガードを付けて、またジーパンをずりあげる、という……。
バンド1本だから、手間は最小限なんだけど、つけてるところを他人に見られたくないよね(笑)

◆フローシューズ
思ったよりデカい!
トレッキングシューズより大きいとは思わなかった…。
ソールも、トレッキングシューズより厚くなった気がするなぁ。おかげで、脚付きも向上。
ソールの形状が割とフラットなので、ペダルのポジションの自由度は高そう。
くるぶしのところもクッションたっぷりなので、くるぶし部分でのニーグリップがしやすくなった!
おしむらくは、足を入れにくいこと。
かかとにベロがついてるとうれしいんだけどなぁ。。。

◆BOAシステム
「着脱簡単」というふれこみのBOAシステムだけど。
個人的には、「これは手強い」印象。
「締めるときはクルクル回す、脱ぐときはボタンを引っ張る」だけなんだけど、問題は締めるときの足首の角度。
足首を曲げたときに締めると、そこでワイヤーが固定されちゃうわけです。
で、歩いているうちに、足の位置がズレてくると、隙間が出てきちゃうのです。
かといって、足首を締め付けすぎると、動きが制限されちゃうし。
「その加減がムズカシイ」ってこと。
慣れだろうけど。

◆燃費
給油したタイミングで燃費をチェックしてみました。
燃費計もついてるって、最近のバイクは便利だねー。
で、チェックしたところ、約18Km/L。
ネットで調べたら…平均28Km/L!?
7000まで回したのだって、片手で余るほどなんだけど(泣)
街乗りだから、アイドリング時間が長いっていうのが影響してるのかねぇ。

◆ラムマウント
いろいろ試してるんだけど…走ってるとき、スマホの画面が視界に入ってこない(泣)
標準アームだと短いのかなぁ。
もうちょっと調節してみるけど。。。

◆Maps Go
スマホナビ、グーグルのMap使っていたのですが。
バイクで乗る時だと、ちょっと情報量が多いかなぁ、と。
で、バイク用のナビ入れるかなぁ……なんて検索してたら、グーグルの「Maps Go」を発見。
Maps Goは、グーグルMapの簡易版。
こりゃあいい……と思ったけど、「ノースアップのみ」なのね。
これはちょっとなぁ…。

◆アクションカム
実は。ソニーのAS300、買いまして。
アクションカムを使って、モトブログ(VLOG)やろうかと。
テスト撮影してみたんだけど、思ったよりうまくできたかな。
ヘルメットサイドマウント買ったけど、ヘルメットにぴったり取り付けられるところがなくてひと苦労。
次に、取り付けるカメラの角度がうまく行かなくて試行錯誤。
今回はワイドで撮影したけど、ミディアムがいいかも。
マイクはソニーのECM-CS3を。
ヘルメットの内装の裏側に挟んだだけなんだけど、意外とうまく録音できたなぁ。
風切り音がちょっと気になったので、風防を買う予定。
いても。
いやー、自分の声って、虫酸が走るよね(笑)
インタビューのテープ起こしとかで、散々聞いたけど。
しゃべらないタイプのモトブログにしよっかなぁ。

◆セパハン
リターンするとき、「ポジションが楽なバーハンドルに」と思っていたのですが、いろいろあってセパハンのバイクになってしまいまして。
ま、YZF-R3はセパハンといっても、そんなに低くないので、それほど前傾がきつくないとはいえ、前傾は前傾なので、不安があったのですが。
いやー、セパハンの方がいいかも!
っていうのはですね。
バーハンドルだと、「常に腕を上にあげている状態」なわけです。
でも、セパハンなら「腕を下げた」状態。
腕を上げなくて済むってーのは楽なんだと、改めて気づいた次第。

…え? クルマも常に腕を上げてるって?
そうなのよ。そこなのよ。
過去に乗ったクルマ、結構腕がつらかったのよ。
だから、シフトレバーとかに手を乗せる時間が永かったんだけど。
A180にしてから、ずっとハンドルを握ってても辛くなくなったのよね。
ステアリングの出来がめっちゃいいわけ。
「さすがメルセデス」だなぁと。Aクラスなのに!

話がそれたけど。
次からバイク選びの基準に「腕の疲れないハンドル」を追加しよう。

◆振動
インプレ見ると、「振動が…」って出てくることがあるんだけど。
いまのところ、不快or余計な振動は感じないなぁ。

◆ブリッピング
がつがつ峠を攻めるつもりもないし、ブリッピングなんて使わないだろうなぁ…と思ってたんだけど。
交差点を曲がるために原則して、念の為ギアを下げよう…と思って操作したら、リアが「きゅるっ」と鳴りまして。
かなり減速してたし、かなり回転数落ちてたし、回転数合わせることもないだろう…と思ってたのが間違いだった(泣)

◆車間距離
すでに「前の車が曽田リに避けてくれる」という事例が2回ほどありまして。
片側1車線よ?
ほぼ制限速度だったし、車間距離も少し多めだったつもり。
なんなら、「ペースメーカーがいてラッキー☆」くらいのつもりだったのに。
そんな厳つい顔なのかなぁ、R3(泣)
「先に行かせよう」と思わせない運転が、当面の目標かなぁ。。。

【モトブログ】リターンするための費用・装備編

リターンに必要なものといえばバイク? 家族の許可?
いえいえ、身につける装備品です。
とゆーわけで、買い揃えたものをご紹介。

●ヘルメット:OGK KAZAMI
バイクに乗る以上、ヘルメットは必須なんだけど、フルフェイス・ジェット・システムのどれにするかが最初の難関。
いろいろ考えて、アゴのカバーは必要ってことでフルフェイスかシステムの二択に。
前はずっとフルフェイスだったけど、給水とかのことを考えたら、システムも便利そう……ってことでコレに。

●グローブ:DAYTONA ゴートスキングローブ
なんとなく「シンプルでイエロー系」をイメージしていたのでコレに。
イエロー系なのは、あいさつとかで手をあげたときに、わかりやすそうだから。
届いたら、想像以上に黄色でビビったけど(笑)

●インナーグローブ:リード工業 KH-006T
昔は、グローブの内側にのびのびタイプの手袋をしていたんだけど、「最近はインナーグローブがちゃんと売ってる!」と感動して、思わずぽちっと。

●プロテクター:ROUGH&ROAD ダイレクトチェストプロテクター
リターンにあたって調べたら、「プロテクターは必須」てな流れになってたみたいで。
プロテクターを使うには、「プロテクター単体」と「プロテクター付きジャケット」の2パターンあるこたいだけど、どんなジャケットを買うか決めてなかったので、とりあえず先に胸プロテクターだけぽちっと。

●ニーシンガード:ROUGH&ROAD ニーシンガード
ジャケットはともかく、プロテクター付きのズボンを買うつもりはなかったので、とりあえず用意。
ちなみに、Webikeのポイントを使ったので0円(笑)

●ジャケット:RSタイチ RSJ718 アームド オールシーズン ジャケット
ジャケットどうしようかなぁ……革ジャンがいいけど、高いしプロテクター付き少ないし……なんていろいろ探していたところ、Webikeでセール品を発見。
冬も使えるインナージャケット&フルプロテクター付きで、定価36Kが14K!
思わず飛びついて、届いてみたら……これがまた重い!
もっとも、着てしまえば気にならないけど。
夏場はメッシュジャケットを使う人も多いみたいだけど、Tシャツ+このジャケット(インナーなし)で、問題なしですた。

●シューズ:KUSHITANI フローシューズ
元々は、手持ちのトレッキングシューズを使うつもりだったのです。てか、使ってました。が、さすがに10年物なので、あちこちに痛みが……。
とゆーことで、急遽シューズを調達することに。
新しいトレッキングシューズにするか、それとも安全靴にするか……いろいろ考えたんだけど、トレッキングシューズを使っているときに、どうも操作にダイレクト感がないのが気になりまして。
使ってたトレッキングシューズ、靴下を重ね履きすることを考慮して1サイズ大きめだったのもあるけど(笑)
なので、「ダイレクト感のあるしゃんとしたライディングシューズを買おう」と思ったのでした。
いくつも比較検討したけど、「ゴテゴテしてなくて、街歩きもできるスマートなヤツ」ってことでコレに。
サイズ感がわからないので、KUSHITANI PROSHOP 三鷹まで行って、サイズを確認して購入。だから、シューズは定価(笑)
まだ履いて乗ってないので、詳しいインプレは後日。

んで、かかった費用ですが…。

・ヘルメット 30K
・グローブ 4K
・インナーグローブ 1.7K
・胸プロテクター 5K
・ニーシンガード 0K
・ジャケット 14K
・シューズ 23K
合計 77.7K

……ふむ。意外と安く済んだかな。シューズがなければ約50Kだもんねぇ。
いいヘルメットだと、これぐらいしちゃう。あるいは、いいジャケットを定価で買ったらこれくらいか。
ヘルメット1個分あるいはジャケット1着分で、一式揃えたんだから、なかなかいい買い物したかな。
もちろん、高いものには高いなりの理由があるから、安いほうがいいとは一概に言えないけど。
でもまぁ、いいサンプルにはなるかな、と。
「これくらいで済む」と捉えるか、「最低でもこれくらいかかっちゃう」と捉えるかは、また別の話ですが(笑)

【モトブログ】カスタムしたよー

そもそも、カスタムは好きじゃない方なのですが……いろいろ考えて、ちょこっとカスタムしました。
てなことで、どんなカスタムをしたのかをご紹介。

●ブレーキレバー:ACTIVE STFブレーキレバー

●クラッチレバー:ACTIVE クラッチレバー

なんか純正のレバー、手の大きい人向けのような印象だったのよね。で、純正は調節機能ないし。
なので、「調節機能付き」のレバーを継がすことに。といっても、いくつも出てるのよね。
いろいろ調べて、アクティブのSTFレバーに。決め手は、調節の細かさと、見た目のシンプルさ。よくある調節機能付きレバーって、ダイヤルが大きいのよね。それはそれていいアクセントなんだけど、「今回はシンプルなものにしたかった」ということ。
色はねぇ…いかにも「カスタムしてます」な感じの派手な色は、ちょっと好きじゃないので、純正っぽいシルバーかチタンを狙ってたんだけど。
たまたま買おうと思ったときに、在庫ありだったのが黒だったんで黒に。
当初の狙いとは違っちゃったけど、つけてみたら「これが正解だった」と思えるほどいい感じに。
つけてからちょこっとしか走ってないけど、操作しやすくなった気がする!

●スライダー:ワールドウォーク YZF-R25/3 MT-25/03用エンジンガード

スライダーについては、賛否両論あるようです。バイク屋さんで話を聞いたときには、「おすすめしない」と言われました。ほかにも、「販売店などプロの人たち」は否定派が多い印象。一方、一般のライダーは「つけたほうがいい」って言ってる人が多いのかな。
プロの人は「ガチで転倒したときに役に立たないばかりか、フレームを痛めるおそれがある」ことを心配しているし、一般ライダーは「立ちゴケしたときの被害軽減」を期待している、と。
どちらも筋が通っているのだけど、ガチの転倒と立ちゴケのどちらの確率が高いかといえば、もちろん立ちゴケなので、カウル付きのバイクってこともあり、今回は装着することに。
スライダーは、何種類も販売されているわけですが、スマートに装着できそうってことで、ワールドウォークさんのものに決定。
ちなみに、モノはWebikeで購入して、近所のB-TRUEさんに依頼。工賃は6000円ちょっと。忙しい様子なのに、安い仕事をお願いしてしまって、ちょっと申し訳ない気分。

●スマホホルダー:RAMマウント

いまや必須アイテムとなりつつあるスマホホルダー。最初からつけることは決めてましたが……これがなかなか難しい!
バーハンドルの場合、簡単なんですよ。パイプにとりつけるやつが、いっぱい売ってるから。でも、セパハンだと選択肢ががくっと減っちゃう。
なので、マウントバーを使っている人も多いみたい。でもねぇ…鍵を差すのが面倒になりそうだし。
で、選んだのがラムマウント。R3/R25、パーツがMT-25/03と共用のこともあって、ハンドルのスイッチ類のところに、ミラーをつけるネジ穴があるんですよ。R3/R25の場合、ここが開いてるので、そこにラムマウントの「ボールマウント」をセットして、「標準アーム」と「Xグリップ スマートフォン用」を組み合わせれば、スマホホルダーになる、と。
ちなみに、左側にとりつけたのは、右側だとカウルに干渉しそうなのと……右のネジ穴は逆ネジなので、入らなかったから(泣)

●シートバック:HenlyBegins DH-708 シートバッグ

R3に限らず、兄弟車であるR25/MT-25/MT-03は収納がめっちゃ少ないのです。「常時携帯が義務付けられているメンテナンスノートも入らない」でお察しください(笑)
ETCだのドラレコだの設置したら、それだけでパンパン(わたしはどちらも設置してないけど)。
なので、「シートバックは必須」と思ってました。
が、シートバックも種類が多くて、選ぶのが大変!
まず思ったのが、「バイク乗るときは、バックパック背負いたくない」でした。なので、バックパックにもなるタイプを検索。
いくつか出てはいるのですけど……どれも、パックパックとしては使いにくそう。
「少し大きめのシートバックにして、普段遣いのバックパックを入れる」って方法を考えたんですけど、こちらはちょうどいいサイズのシートバックがみつからず。
で、いろいろバイクを使うシチュエーションを考えたんですけど、シートバックに荷物を入れる可能性は低そうだと。さらには、バックパックにチェストベルトつける方法も見つけたので、「シートバックは書類入れ+αで十分」ということになりまして、コイツにしました。
DH-709とどっちにしようかと思ったんですが、Amazonで在庫のあったDH-708に。シンプルな合皮は、あまり人気ないみたいですが、タンデムシートとの一体感があって、悪くない選択だったかなぁ、と。

てなことで、予定していたカスタムはこれで終わり。
あとは、マフラーを入れようか迷ってるくらいかな。
少し長めに付き合えそうなら、マフラー替えてもいいかも。…ま、「お小遣いの都合が付けば」のハナシだけどね(泣)

【モトブログ】YZF-R3ファーストインプレッション

昨日、無事に納車となり、ミナミ商会さんから自宅まで30Kmほど走ってきましたので、ファーストインプレッションなど。

◆ハンドル
「どこに座るか」にもよるのですが、わたしの位置に合わせたら、「ハンドルが近い」かなと。

◆脚付き
イマドキのバイクにしては、いい方かなぁ。
確かに、ステップの位置が、足を下ろすときにひっかかる位置な気はするかも。
んで、「ふくらはぎでステップを押し上げるように足をつく」が一番しっくりきた(笑)

◆姿勢
んー。前傾は前傾ね。まったくきつくはないけど。

◆ブレーキ
ブレーキがあまいというか、「はじめはゆるく、止まる直前で強くなる」感じ。
ただ、ブレーキの問題というより、レバーを交換すれば、解決する気もする。

◆タイヤ
不安はないけど、安心感があるわけでもないかな。

◆バックトルク
ウワサには聞いてたけど、バックトルク強いね。
ただし、「低めのギアで低回転時」の話。
2速とかで、いきなりアクセル全閉にすると、かなり強いエンジンブレーキに感じる、と。
硬めのギアで走る方がいいのかも。

◆豹変!?
7000回転超えると、性格変わるね。急に元気が出でくる感じ。
「1万回転以上回さないとおもしろくない」エンジンだと、そこにたどり着くまでのタイムラグがきになったりするけど、R3ならすぐに気持ちいいところまで回ってくれるから、これは大きなメリットかなと。
とはいっても、のんびり走るつもりなので、たまにしかそこまで回さないと思うけど。

◆2気筒感
R3にした理由のひとつが2気筒感。R25だとアイドリング時くらいにしか2気筒感がないけど、R3はもう少し回しても、2気筒感がある……ように動画では感じたから。なんだけど。
実際乗ってみたら、あんまり感じなかった(泣)
まだそれを感じるほどの余裕がなかったのかもだけど。

◆セル
セル1発でエンジンがかからない(泣)
お店の人は、一発でかけてたから、慣れなのかも。

◆ミラー
確かに見やすくはない(笑)
クルマのドアミラー的というか。
なるべく車線中央を走らず、ちょっと左右どちらかに寄った方がいいかも。

以下、バイク本体とは関係ないハナシ。

◆セルフ
ガソリンスタンド、セルフばっかりになっちゃったけど、これいいねぇ。
だって、満タンにしなくていいから。満タンにすると、重心が高くなって、気になった記憶があって。
その点セルフなら、ちょこっと入れることも可能なんで、バランスを崩すこともない、と。

◆シューズ
リターンするにあたり、「トレッキングシューズ使えばいいや」と思っていたのですけど。
確かに防御力は合格点だけど、操作感はイマイチなんだなぁ。
ダイレクト感にかけるというか、どこかぼやけるというか。
ちゃんとしたライディングシューズ買ったほうがいいのかも。。。

R3にした理由のひとつが、「年齢的なことを考えると、フルカウルスポーツに乗れるのは最後だろう」ってこともあったんですが。
それは正解だったのかな、と。