【水泳日記】親指エントリー

お昼前にさくっと。

○500
・up 200
・Fr 50×4 足首プルブイ
・down 100

ホームプール変更後2回目。
午前中なら空いてるのかな…と思ったら、アクアビクスやっててコース制限されてた(泣)
生涯学習センター、ゆっくり泳いでる人が多いんで、それに合わせようと思ってるんだけど…どうしても速くなっちゃう。
でも、1本泳ぐごとに小休止しちゃうから、平均ペースはむしろ遅いくらいかも。

泳ぎだしたら、なんか左手がうまくキャッチできないんで、いろいろ試してみたら……親指からエントリーするくらいでいい感じに。
ひさしぶりの練習の割に、なかなか収穫があったかな。
この練習スタイルでも、結構いけそうな感じ。
ゆっくりと続けて泳げるようになると、もっといいんだけどね。
引っ越しするまでに、このスタイルでもいけるようになる…ってーのが、とりあえずの目標ってことで。

17年10月の売り上げ雑感。

10月の売り上げがまとまりましたので、コメントなど。

◆ベストセラー
1位 コーチは教えてくれない【クロール】のコツ
2位 コーチは教えてくれない水泳のコツ
3位 タブレットPC&クラウドPC&格安スマホのススメ!
※楽天koboを除く

◆なぜ!?
半額セールしたおかげで、「水泳のコツ」が売れました。
てか、2年前の水準に戻りました。
が。
それでも、「【クロール】のコツ」に負けてしまうとは!
「水泳のコツ」のセールを発見した人が、「クロール」に流れてしまった可能性は否定できないけど。
でもねぇ。
「【クロール】のコツ」と「水泳のコツ(セール時)」の価格差、18円よ?
18円プラスで、コンテンツは5倍よ?
それでも安い方を選んでるのだとしたら…うむむ。

◆POD効果
POD本、爆発的に売れているというわけではないのですが。
ちょぼちょばは出てます。
それ以上に、POD版と電子書籍版が紐付けされることで、電子書籍版に「○○%の割引」って表示されるわけです。
この効果が大きい感触はあります。
「売れ行きの鈍った本をPODで出す」っていうのはアリだなぁ。

◆今後の展開
いろいろもたついてるので、今月(11月)は悲惨なことになりそう。
12月には、あれがあれなので、巻き返しができれば……。

東京モーターショー2017視察。

嫁が実家に帰ってくるというので、その間に東京モーターショーへ行ってきました。
なんだかんだで、ひさしぶりだなぁ。
空いてるってウワサもあったのだけど、そこそこ入ってる感じ。
いや、自由に歩き回れるから、そういう意味では空いてるかもだけど。

それでも混んでたのは、BMWとPORSCHE。
なんだかんだで、みんなスポーツカー、好きなのね。

スバルも人多かったなぁ。
クルマ持ち上げてるのがスバルくらいしかなかったってのもあると思うけど。
あとはコレ↓のおかげ(笑)

あとは…レクサスがアジアンテイスト全開で中国企業みたいだったとか、ホンダが生演奏で盛り上げようとしてるのに、観客が全然ノッてこないだとか。

座ってみたのは、S660、コペン、アルトワークス。
アルトワークスの視線が高くて、ある意味衝撃だったかなー。
ホンダのブースじゃないけど、NSXとCIVIC Type-Rのイスに座れるところがあったんだけど、ここは穴場だったかも。

なんだかんだ言って、一番おもしろかったのが、モリテックスチールの門柱型充電スタンド。ケーブルが門柱の後ろに隠れてスマート。
電気自動車時代がいよいよくるぞ、って感じ。

全体的に、それほど未来は感じなかったかな。
ネットがあるから、情報発信の場でもないしね。
やる気がない企業も多かったよ。
なにを聞いても「参考出品です」だけで、ちゃんと返事ができない企業とか。
既存製品のモックアップを並べてるだけの企業とか。
ひょっとしたら、東京モーターショーは、今回が最後かもなぁ。
2019年はオリンピックを理由に中止で、そのあと復活せず…みたいな。
だって、オートサロンの方が、わくわくさせてくれるもの。

【水泳日記】ホームプール、変えました。

お昼からさくっと。

○500
・up 150
・Fr 25×2×4
・down 150

実はですね。
ホームプールを変えたのですよ。
10年通ったセントラルを退会して、フリーに。
通ってたセントラル、地域では格安だったんだけど、週に1回いくかいかないかだと、やっぱり割高感が…。
「それなら市営のプールでもいーんじゃね?」
ってことになりまして。

とゆーことで、ずいぶんひさしぶりの、生涯学習センター。
指定管理者が導入されてからは、はじめて。
どんな感じになってるのかな…と思ったら、
歩行専用×1レーン
自由遊泳×2レーン
一方通行×2レーン
往復または借切レーン×1
…といった構成。
一方通行レーンは、追い越し可だから、そんなに泳ぎにくくはなさそう。
ま、追い越し側をゆっくり泳ぐ人もいたんだけど、それが邪魔にならないくらいの密度。
とはいえ、サークル決めてがつがつ泳ぐのはダメっぽいな。

久しぶりに泳いだこともあって、スムーズさには欠けてるのだけど。
特にバタフライ(笑)
でも、「泳ぐのは楽しい」って再確認できたのは収穫。
あと、生涯学習センターのプール、天井がガラスなのよ。夏は、開いちゃったりもするのだけど。
だから、開放感あって、気持ちいいのよね。
これからしばらく(おそらく1年くらい)は、「のんびり泳ぐ」路線でいこうかな。

【新居クエスト】Lv.2 雨の武蔵境

 粉瘤を除去したのですよ。粉瘤というのは、皮膚の下に袋ができてしまって、そこに老廃物が溜まっていく症状です。実は、腹部に10年ほど前から粉瘤があったのですが、お医者さんに「悪性腫瘍じゃないから、痛くないからそのままで」と言われ、放置していたのです。
 ですが、痛み……というか、張ってきたので「そろそろ除去してしまおう」と思いったのでした。除去手術には、「切開法」と「くり抜き法」の2つがあるようです。くり抜き法の方だと即日手術してもらえるみたいなので、くり抜き法でやってくれる病院を探してみたところ、一番近いのが三鷹の病院だったのです。
 小雨の降る中、三鷹の病院でさらっと手術してもらって、その帰り道。ふらっと武蔵境で下りたのです。
 その日は、月に一度、嫁が実家に帰る「独身デー」でして。嫁は、豚肉・牛肉を食べないので、独身デーが唯一、ガッツリお肉を食べるチャンス。だから、「ちょっといいお肉」を買うために、クイーンズ伊勢丹へ寄ろうと思ったのです。
 さて、今夜はどんなお肉にしようか……なんて考えながら改札を出たところで、そのチラシを見つけたのです。

<武蔵境駅から徒歩6分、5,670万円>

 正直、相場まで詳しく調べてなかったので、それが安いかどうかっていうのはわからなかったのですが、「武蔵境駅から徒歩6分」は、魅力的でした。素人のわたしでも、そんな駅近物件は、なかなか出てこないことはわかります。
 それまで探していたのは、主に西武多摩川線沿線。「どうしても西武多摩川線沿線じゃなきゃダメ」というわけではなくて。そりゃ、中央線沿線がいいんだろうけど、お高くて手が出ないんだろうなぁ、じゃあ西武多摩川線沿線か……ぐらいの感覚です。
 そんな感じなので、「武蔵境なら文句ナシ」なわけです。
 そのチラシを見ると、「土地+建物で6,980万円」という表示もありまして。変換すると「約7,000万円」ですよ。さすがにそれは……。
 いま住んでるマンションが、だいたい4,000万円くらいだったのです。いまのマンションを売るにしても、この額は――なんて思いを巡らせていたところで、声をかけられたのです。
 それが、オープンハウスのKさんでした。
 前のめりで話しかけてくるKさんに、若干引きながらも、「本気で家を探している状況ではないこと」「たぶんウチには手が出ないこと」を伝えます。「でも、武蔵境駅から徒歩6分って、どんな土地なのか気になる」とも。
 雨がしとしと降る中、現地まで歩いてみると、確かに「駅近」です。
 話を聞いたところ、アパートが2棟建っていたところを更地にして、5棟の戸建てを販売する予定だとか。
 一方通行ながらも、道路に面したところに2棟。その奥に3棟。南・東・北にアパートが並んでいますが、ギチギチってわけでもなく、陽当たりも悪くなさそう。ま、「陽当たり最高」ってことでもなさそうだけど。
 どうせ暇だからと、そのまま吉祥寺のお店で、詳しい話を聞くことに。
 クルマで移動する間、ちょろっと話たんですけど、そのKさんが田邉草民(FC東京)のお友達であることが判明!
 さらに、同僚の営業マンは、元FC東京のユースで、武藤嘉紀(現1.FSVマインツ)と同期であることも判明!
 わたしはFC東京サポなので、このつながりに縁を感じ……なくはないですけど、それで即決するものでもなく。なんせン千万円の買い物ですから。
 そのあと、お店で上司のF津さんにバトンタッチ。
 ――どうやら、オープンハウスの営業マンは、「客引き」って感じみたいね。
 とはいえ、自己資金も明確になってないし、具体的な話に発展するわけでもなく。
 さらっとアウトラインを聞かせてもらったところで終了。
 ぶっちゃけ、いい場所であることは間違いないのだけど、そこにそれだけ払う価値があるのか、まだわかっていなかったのですよね。資料の参考プランもピンと来なかったし。
 ただ、「オープンハウスの建物が、べらぼうに安い」のは、理解できました。武蔵境の物件、2階建て・延べ床100㎡の家が、1,300万円で建っちゃうんですから。
 嫁の実家が家を建て替えたときに、もっとかかったのを聞いてたんで、オープンハウスの建物が安いことぐらいは、理解できたのです。このときはまさか、この安さと格闘することになるとは、思ってもいなかったのでした……。

【新居クエスト】を最初から読む