【上荻Days】おさんぽの必需品

犬を飼ったことのない自分にとって、心配だったのが「排泄物の処理」でした。
やらなきゃいけないんだけど、大丈夫かなぁと。
嫁は、実家で犬を飼ってたのに、丸投げされました(笑)

義実家は、「ティッシュで掴んでトイレにポイ」らしいのですが、ティッシュはトイレに流せないだろう、と。
嫁は、「ベランダでしてもらって、ゴミ箱にポイ」を想定していたようですが、それだとニオイが…。
で、これだけ便利な世の中なのだから、なにかあるだろう……と探してみたら、ちゃんとありました!
いくつかの候補の中から、選んだのがコレ。

流せる紙袋とビニール袋がセットになったタイプ。
これが超絶便利!!
ま、ビニールが開きにくかったり(乾燥肌のせい)、もたもたしてると紙とビニールが泣き別れしたりしますが、トータルでいえば「買ってよかった」です。
それどころか、コイツがなかったら、「トライアルでギブアップしてたかも」というくらい。
つかんだときの感覚が、絶妙なのですよ。

ところで。
環境が変わると、下痢をしたりすることが多いらしいのですが。
そのために、保護団体さんがトライアル前日にトリミングに連れて行ってくれて、お尻のあたりをきれいに刈ってしれていたりもしたり。
実は、「そんなのが続いたら、耐えられないかも…」なんてよぎったりもしていました。
が。
まっっったく、そんなことはありませんでした。
初日こそ、戸惑っていた部分はありましたが、健康そのもの。
むしろ飼い主の方が…(笑)
面会のときには、ガクガク震えていて、かなり心配したのですが、どうやら図太いタイプみたいです。。。

【Web内覧会・番外編】リンナイの食洗機

Web内覧会の番外編として、「暮らしはじめてわかったコト」をいくつか。

ウチの物件、最初から食洗機付きだったのです(あと、床暖房とカードキーも)。
「付いてる」というのは、「オプションの中で一番安いやつ」という意味で、加算すれば別のものにすることも可能。
でも、食洗機なんて大差ないだろう…ということで、クリナップの一番安いやつを設置したのですが。

これが失敗だった!
商品としてはクリナップのものですが、製造しているのはリンナイ。
リンナイの食洗機、乾燥が甘いのですよ!
きれいに乾くこともないことはないのですが、ほぼ毎回、なにかしらの食器に水滴が残ってる感じ。
「ほとんどすべての食器に水滴が…」なんてことも。

前のマンションのときも、食洗機使ってました。
サンヨーのやつ。
まさか、20年も前の製品より劣ってるなんて!
かといって、購入したばっかりで買い替えなんてこともできないし。
「乾燥延長」をためしたり、「洗浄→乾燥」の通常のサイクルのあと、別に「乾燥」をやってみたりしましたが、どれもイマイチ。
乾燥終了のアラームが鳴ったら、フタを開けて湿気の多い空気を逃がしてあげる…が、一番効果あったかな。
それでも、乾燥が甘いことには、違いないけど。
これから設計段階に入る方、リフォームを検討している方。
家電製品は、きちんと評判をググってから、選びましょうね!

【Web内覧会】の過去ログはコチラ → http://omimi.com/?cat=54

【水泳日記】2019年泳ぎ初

午前中にさくっと。

●250
・up 100
・Fr 50×3

よーーーやく、泳ぎ初してきました。
ウチのわんこ、まだ長時間のお留守番できなくて(泣)
なので、「水浴びしてきた」程度だけど…それでもスッキリしたかな。

Br。
キックが調子いい!
いままでの不調が信じられないくらい、しっかり水を押せる!
キックは、「けのびの状態」からはじまってるんだなぁと改めて。

Fr。
今日は抜けがよかった!
リカバリーのために、腕を抜く動作ね。
手のひらを外に向けたら、めっちゃ気持ちよくて。

今日の実質練習時間、15分。
これでも、なんとかなるのね(笑)
でも、せめて30分くらい泳げるようになるといいなぁ。
実は、ちょっと脚がつりそうになったのよね。
セントラルに入って「目指せマスターズ」に出るようになるのは、わんこがお留守番できるようになってからだなぁ。。。

【上荻Days】ドッグフード

わんこの日記用のタイトル、なにか考えようと思っていたんですが…ちょうどいいタイトル思いつかないし、「上荻Days」もコンテンツ少ないし、統合しちゃいました。手抜きというわけでは…ケホンケホン。

面会時に、保護団体さんから、ざっとレクチャーを受けました。
そのうちのひとつが、ドッグフード。
そのとき、「原材料の先頭に肉類があるもの」と強く言われたのです。
で、スーパーの店頭に並んでいるものを見ると、「”お肉たっぷり”と書いてありながら、一番多いのが穀物」なんてものもありまして。
帰ってぐぐると「犬の食事に穀物はいらない」みたいなことが書いてあるわけです。
その時点で、軽くパニックですよ。
「どれを選べばいいんだ!?」って。

ところで。
保護団体さんからは「食が細い」と聞いていたのです。
そんな子なら、ちゃんとしたものを用意しようと思って、見つけたのがコレ↓です。

いや、ネットで検索すると、「モグワン」がやたらと推されてるわけです。
ここまであらさかまなステマって(笑)
なので、「モグワン以外で、穀物の少ないモノ」を探したわけです。
ドライのドッグフードにしてはお高めだけど、小型犬だし、食が細いっていうから、ちゃんと栄養になるものがいいと思って。

そんなこんなで、トライアル初日。
一粒食べさせてみると、なんとか食べたのでほっと一息。
で、「時間になったら出して、食べなかったら下げてください」と言われていたのですが、どうも「食が細い」というより「遠慮してる(警戒してる)」ように見えたので、一食分食べるまで待ちました。
二日目。
お皿に出したところ、まだ様子見だったので、食べやすいように寄せてあげながら、与えていたのですが…。
三日目から、ガツガツ食べ始めました。
「食が細い」って情報、なんだったんだか(笑)
ま、食事に関しては心配していたことでもあったので、あっというまに解決してほっとしたのが正直なところ。

金木犀の季節(2)

「出た!」
 テストが終わるなり、ひとみの席にそらが駆け寄ってきた。「ホントに――」
 ひとみはあわてて立ち上がり、そらの手を掴んで、教室の外に連れ出した。
「ちょっとなに!?」
 そらが言うのも無視して、ひとみはずんずん歩いていき――廊下の突き当りまで連れてきたところで、ひとみはようやく、そらの手を離した。
「どうしたの?」
 そらの言葉に、
「ヘンに誤解されて、悪い噂が広まっちゃったらどうするのよ」
 小さな声で、ひとみは言った。
 教室の中で、「ひとみが見たテストの問題が出た」なんて話をしたら、カンニングだの、問題を事前に盗み出しただのと思われてしまう。そんな悪いことをしたかのような噂が広まったら、たまったもんじゃない。
「だって!」
 そらが言った。「ひとみが見た通りの問題が出たんだよ!?」
 大正デモクラシーに、平塚らいてうに、与謝野晶子。
 驚いたことに、ひとみが「見た」と説明した問題が、そのまま問題用紙にプリントされていたのである。そらのテンション上がるのも無理はない。
「そりゃまぁ、そうだけど……」
 確かに、テストの問題を見たときは、ひとみも驚いた。自分が「見た」問題用紙が、そのまま目の前に出てきたのだから。けれども、驚きより「嘘つきにならなくてよかった」という安堵感の方が強かった。
「それよりさ」
 そらは、ひとみに耳打ちした。「次の数I、どんな問題が出るの?」
「知らないってば」
 ひとみは即レス。「さっきのやつしか見えてないもん」
「じゃあ見て」
 そらは、ひとみの手を握って、ぶんぶん振った。「ほら、早く!」
「そんなこと言われても……」
 さっき「なんでテストの問題が見えたのか」がさっぱりわかっていないのだから、それを再現できるわけなんてない。
<でも、今朝はなんであんなものが見えたんだろう?>
 ひとみが今朝のことを思い出そうとしたとき、そらがひとみとは別の方を見た。それにつられて、ひとみが振り返ると――
「あ、近江じゃん」
 自分に向かって歩いてくる男子生徒を見て、ひとみは言った。
「よお」
 軽く手をあげながら、近江はひとみに声をかけた。「日曜のクラス会の話、聞いた?」
「昨日、LINEで回ってきた」
 ひとみが答えた。
 ひとみと近江は、同じ中学出身で、しかも同じクラスだった。実は、先月テーマパークでクラス会をしようと計画していたのだが、台風でテーマパークが休園になってしまい、クラス会も中止になっていたのだ。
「近江は出るの?」
 ひとみが聞くと、
「もちろん」
 と、近江は即答した。「中間テスト明けだし、バーッと騒ぎたいじゃん。大田は?」
 ほんの一瞬だけ躊躇して、
「行くよー」
 ひとみは答えた。
 今朝、「どこか行きたいね」とそらと話していたことが、頭をよぎったのだ。――同じことを思ったのか、そらがひとみになにか言おうとしたころで、廊下の反対側から、教師が向かってくるのが見えた。
「じゃ、日曜な!」
 そう言うと、近江は小走りで自分の教室に向かっていった。