【上荻Days】荻窪は「狙い目」でした!

1年間、ドタバタしましたが、無事に新居での生活がはじまりました。
とゆーことで、新生活のあれやこれやを日記風に紹介していこうと思うのですが。
まず、「なんで荻窪にしたのか?」を書いておこうかと。

最初はですね。
武蔵境か三鷹周辺で探していたのですよ。
ところが……価格が折り合わず。
というのも、「敷地面積の最低限度」なるものがありまして。
これが、100平方メートルとか120平方メートルとかだったのです。
土地が広くなれば、それだけ価格も上がるのは当然で。
ま、「100平方メートルは欲しい」と思っていたので、三鷹はもちろん、武蔵境も厳しい……となると、西の方に探すエリアを広げていくわけですが、そうすると国立とか、国分寺までいきそうな勢いで。
あるいは、新小金井……てなことになると、ほとんど白糸台と差がないわけで、わざわざ引っ越す意味がなくなっちゃうわけです。
どうしたもんかねぇ……と行き詰まったときに紹介されたのが、荻窪の土地でした。
80平方メートルだけど、価格的には武蔵境や三鷹と変わらない……どころか、若干安い!
その土地についていた参考プランからすると、なんとかなりそうな気がしてきまして。
価格が同程度(もしくは若干安い)で、面積は減るけど、利便性は格段にアップする……。

……とゆーことで、荻窪の土地を買ったのでした。
結果として、正解だったと思います。
そりゃあ、家族が多くて部屋数を確保しなきゃいけないなら、この選択肢はないでしょうけど、夫婦二人なら多少狭くなったころで十分やっていけます。
詳しいことは、いずれどこかで書くと思いますが、「注文住宅の80平米は、建売の100平米に勝る」といったところでしょうか。

ウチの場合、

●(荷物が多いから)100平方メートルないとダメ
●条件の合う物件を探すなら、都心から離れていく

という「思い込み」を外したら、ちょうどいい物件に巡り会えたのでした。
逆に「都心じゃないと」と思っていた人が、郊外を選んでみたら住みやすかった…なんてこともあるかもですが、なにしろ「思い込み」を外してみるのは大事だな、と。

そんな感じで、たどり着いたこの地での、あれやこれやを、これから書いていきますです。

【Web内覧会】まずは玄関

Web内覧会、なんか流行ってるみたいなんで、やってみよーかと。
ま、大した情報ない気はしますが…。

とゆーことで、まずは玄関。
YKK AP「ヴェナート」のS15。カラーはローストマホガニー。

YKKのショールームに行って、この「ローストマホガニー」に一目惚れ。
だって、マホガニーだよ!?
いろいろ「木目調」を見たけど、けっこう「木目風に描きました」感が強いのが多くて。
その中で、このローストマホガニーは、本物っぽかったのも決め手。
デザインは、明るい玄関にしたかったんで、「スリットのあるもの」「スリットから手が入らないもの」という条件でコレに。

ついでに、玄関のひさしも。

ウチは「セミオーダー住宅」なので、「オプションブックに載ってないものは使えません」と言われてたんだけど…これは、その「オプションブック」に載ってないやつ。
「オプションブックには載ってなくても、ショールームで使ってるものはOK」というルールがあるらしく。
玄関にひさしをつけるなら、「鉄板に毛が生えた程度のモノ」か「ベランダをつくる」しか選択肢がないと思ってたら、担当設計士がコレを提案してきたので即決。
スッキリとしていい感じに。ガラスだと明るいし♪
…ま、いいお値段するけどね(汗)

【Web内覧会】の過去ログはコチラ → http://omimi.com/?cat=54

18年8月の売上雑感

8月の売上がまとまったんで、コメントなど。

◆7月のベストセラー
1位 コーチは教えてくれない【クロール】のコツ
2位 コーチは教えてくれない水泳のコツ
3位 コーチは教えてくれない【平泳ぎ】のコツ

◆総販売数
悲惨だったなー。
7月に無料キャンペーンやって、8月に販売数アップ。
新刊効果でさらに倍…ともくろんでたのだけど、ことごとく失敗(泣)
典型的な二八枯れ。

◆新刊効果?
で、新刊の「一生水泳を楽しむコツ」ですが。
思ったより伸びてないかな。
いや、順位はいいんですよ。
総合4ケタだし。カテゴリーごとでも100位をいったりきたり。
新着でも1ヶ月ほとんど1ケタ。
本来、カテゴリーの新着1ケタなんて、あんまり自慢できることでもないんだけど、たまたま売れてる本が同居してる中でこれだから、健闘してると言っていい…のだけど。
実際のところは、それほどでもなかったり。
いまのAmazonランキング、ちょっとでも売れ続けてればいい順位になっちゃうから。
ある期間で同じ数売れたとしても、「その直前の順位」によって、ランキングに大きな差が出ちゃう。
あんまりいいシステムじゃない気がするんだけどなぁ…。

◆今後は…?
8月に出した「一生水泳を楽しむコツ」、実はそれ単体で売るための本というより、「次の施策のための布石」だったり。
たぶん、11月には実施できると思うんだけど……それまで我慢かなぁ。。。

最近の無料キャンペーン

一生水泳を楽しむコツ」の無料キャンペーンが…まだ終わってないのですけど(笑)
無料キャンペーンの傾向について書いておこうかな、と。

無料キャンペーンがスタートして24時間以内に、

20DL→総合100位以内
50DL→総合20位以内
100DL→総合ひと桁

…という感じのようです。
立て続けに無料キャンペーンやって、同じ傾向だったんで。
100位に入ってない本は、「DL数20以下」ってことです。
最近は、「無料キャンペーン後に売れる」ってこともほとんどないので、「はっきりした目的がない限り、無料キャンペーンはやらない方がいい」ってことかも。

じゃあ、なんでわたしが無料キャンペーンをやったのか、といいますと。
ひとつは、広告を見せるため。
一生水泳を楽しむコツ」の巻末には、「コーチは教えてくれない水泳のコツ」の広告を入れました。
無料で「一生水泳を楽しむコツ」を読んだ人が、「コーチは教えてくれない水泳のコツ」を買ってくれれば…というのが狙いです。
ま、黙っててもコーチは教えてくれない水泳のコツは、それなりに売れるのですけど、一生水泳を楽しむコツの無料キャンペーン後、売上げは上向きなので、多少効果はあったかと。
それともうひとつは、販売数の底上げ。
あくまでも推測ですが、有料販売後でも無料キャンペーン時のDL数が「過去の販売数」としてカウントされているんじゃないかと思ってます。順位がアップして、告知できる順位になれば、広告する機会が増える……という狙い。
ウチは基本的に「カテゴリーで10位以内」が、ランクインを告知する目安。その機会を増やしたいわけです。
とはいえ、総合100位以内に入らないと、ダウンロードも伸びないわけで。
一種のギャンブルですけど、それなりに告知して総合100位に入らないってことは、「そこまでの商品力」ってことなのかなと。

ところで。
今回無料キャンペーンをやってみて、いままでと変化したことが。
Amazonの商品ページには、「この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています」というパーツがあるのですが。
ここにですね、おそらく「インディーズ無料マンガ」でアップされたであろう作品が、ずらーっと並んでいたわけです。
電子書籍市場においては、マンガが圧倒的なのは知ってましたが、まさか「インディーズ無料マンガ」がここまで勢力を伸ばしているとは!
いや、有名作品の無料キャンペーンが、たくさんダウンロードされるのはわかるんですよ。
でも、今回「この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています」にならんでいたのは、「えっ、それ!?」というようなものが多くて。
「無料のマンガであれば、なんでもいい」状態。「絵のうまい・ヘタ」とか「おもしろそう」とか、そんなの一切関係なし。「無料のマンガであればOK」なんだろうなぁ、と。
「文字モノの本」を避ける傾向は、なかなか根深いものがある気が。
SNSの普及で、かつてないほど文字を読む時代になりましたが、「そこから文字の本へ」ではなく、「普段文字ばっかり読んでるから、わざわざお金を払って読みたくない」なのかも。
だとすると。
これからもっと、厳しい時代になる予感が。。。

18年7月の売上雑感

7月の売上がまとまりましたので、コメントなど。

◆7月のベストセラー
1位 コーチは教えてくれない【クロール】のコツ
2位 コーチは教えてくれない水泳のコツ
3位 コーチは教えてくれない【平泳ぎ】のコツ

◆好調!?
前半好調で、こりゃ過去最高か…と思ったら後半失速。
結果、「元に戻った」程度。

◆無料キャンペーンの効果
夏に合わせて「コーチは教えてくれない【クロール】のコツ」ほかの分冊シリーズを無料キャンペーンしてみたのですが。
んー。ほとんど効果なし。
「【クロール】のコツ」なんか、キャンペーンやってた期間=売れなかった期間ということで、実質マイナスっぽいし。
ただ…「発売したばっかりのタイトル」は、多少なりとも知名度アップのために、やってもいいかなぁ。
無料でDLされた数も、ランキング計算のベースとして使われてるっぽいし。

◆ゆがみまくってるビジネスモデル
改めて検証したところ。
収入の内訳は、
1/3 水泳本のPOD
1/3 水泳本の電書
1/3 その他の電書
てな感じ。実質、ひとつのタイトルで2/3(笑)

電書は約50タイトル販売中で、そのうち自分以外のものが半数。
でも、自分以外の電書の販売数は3%。
あー、ゆがんでる。
人件費どころか、通信費(切手代)すら稼げないタイトルをラインナップしていることに意味はあるのか?
出版する手段を持たない人に、それを提供する「文化的意味」はあるにせよ、「営利事業」としては完全に成立してない。
でも、電書の場合、維持費はほとんどかからないから、廃版にするメリットもない。
さぁて、どうするべ。。。