17年8月の売上雑感。

8月の売り上げがまとまったので、レポなど。

◆ベストセラー
1位 コーチは教えてくれない【クロール】のコツ
2位 コーチは教えてくれない水泳のコツ
3位 コーチは教えてくれない【平泳ぎ】のコツ
※楽天koboを除く

◆売り上げ好調
7月と比較して、販売数が倍増しました。
新刊効果ってすごいなー。
販売数の半数は「コーチは教えてくれない××のコツ」なので、ホントに増加分=新刊分というね。。。

◆なぜにロープ?
フィールド&パーティシリーズは、たまにまとめて売れることがあるのですが。
先月は「厳選!ロープゲームセレクト18」がパタパタっと売れまして。
いや、年に1冊売れるか売れないかのタイトルですよ。
なにがあったんだ?

◆今月の展望
まずは「タブレットPC&クラウドPC&格安スマホのススメ!」がどうなるか。
「既刊をまとめて販売」作戦は成功するのか!?
予約販売はさっぱりでしたけど、KENPCは順調に伸びてるので。
無料キャンペーン後が楽しみ。
そして、現在制作進行中のタイトル。
これが期待できそうなのよね。
今月は「さらに倍」となればいいんだけどなぁ。。。

最近気付いた電子書籍のメリット

電子書籍のメリットは、いろいろ語られているわけですが。
新しいメリットをみつけたので、それについて書いてみようかな、と。

すでに知られている電子書籍のメリットとしては、

・かさばらない
・すぐに買える
・ちょっと安い

…てなことが挙げられることが多いようです。
あと、

・検索しやすい

っていうのもあるんですが、あまり語られてはいない印象。
索引がいらないっていうのメリットは、大きいと思うんだけどなー。
それと、

・挿絵(図表)がカラー

っていうのも、実はメリット。紙本でフルカラーというのは、お金かかるから。

出す方としては、

・すぐに発売できる
・スモールコンテンツが発売できる

というのはメリットがあります。
紙本は、印刷・製本という工程があるので、どうしても時間がかかります。その点電子書籍なら、話題になっていることをタイムリーに販売できます(ただし、データ作成を外注している大手は、そこまで速くできないでしょうが)。
紙本でスモールコンテンツは、ほぼ不可能です。短編1本で1冊なんてことは無理(よほどの大作家なら別でしょうけど)。
その点電子書籍なら、ページ数の多い・少ないは関係ないので、紙本にはできないような短編でも、商品化できるわけです。

で。
「分割可能」というメリットもあったりします。意外と語られてないけど。
これは最初から気付いていて、「フィールド&パーティゲームベスト100」をベースに、分冊版やらテーマ別編集版など、いくつも出してました。
逆に、シリーズものを1冊の電子書籍にまとめた「総集編」も可能なわけです。
このパターンも、最初から構想していたんですが……それに使えるものがなかなか書けてないので(笑)

…ここまでは、電子書籍を出した当初から、わかっていたことなのですが。
最近、気付いたのです。
1冊にまとめるのは、同じシリーズじゃなくてもいい…ってことに!
まったく別の本でも、1冊にまとめちゃっていいわけです。

ということで、「タブレットPC&クラウドPC&格安スマホのススメ!」を出しました。
タイトルからわかるように、

・タブレットPCのススメ!
・クラウドPCのススメ!
・格安スマホを買う前に読む本

の3冊を、1冊にまとめたものです。
元は、1冊にしようとか思っていたなかったのですが、たまたま似たようなカテゴリーの本が揃ったので、1冊にまとめてみた……というわけ。

さて。
この本を作りながら、思ったのです。
「組み合わせ自由・使い回し自由」っていうのは、電子書籍の大きなメリットだ、と。
使い回しが簡単なのだから、むしろ「ひとつのコンテンツを、1つの本でしか出さないのはもったいない」と思うようになりました。
ひとつのコンテンツを3回は使いまわす……ぐらいの気持ちでいいんではないか、と。
「シリーズものをまとめて」はいままでもなかったわけではないですが、「まったく別の本をひとつにまとめて」が、どれほど効果があるのか…期待半分、不安半分といったところ。
セットで買われるケースもあるので、いけるんじゃないかと思ってはいるのですが、はてさて、どうなりますことやら。

17年7月の売上雑感。

7月の売り上げがまとまったので、レポなど。

◆ベストセラー
1位 コーチは教えてくれない【クロール】のコツ
2位 コーチは教えてくれない水泳のコツ
3位 厳選!アイスブレイクゲームセレクト24

◆激減!
いやー、ひどかった!
よく「2・8枯れ」とか言うけど、「6月の半分のペース」でして。
図書館の広告切り替えたのになー。
アクセスは増えてるんだけどね。
あまりにも売れなさすぎて、あわてて分冊版を発行。
無料キャンペーン&KENPCで穴埋めしようと画策。
そのおかげか、なんとか平均的な数字に。

◆分冊版の効果…
水泳のコツ」の分冊版を出したのは、

分冊版を無料キャンペーンで配る→統合版である水泳のコツを売る

って戦略なんですが。
これ…やっぱりうまくいかないなぁ。
ま、「フィールド&パーティゲームベスト100」でも分冊版戦略はイマイチだから、わかってたことだけど。

◆総合3ケタ順位
で。その分冊版である「コーチは教えてくれない【クロール】のコツ」ですが。
無料キャンペーンで総合30位くらいまでいったのかな?
販売に移ったところで、Kindle総合3ケタ順位に。
以前なら、総合3ケタって、そこそこ売れたって実感があったものですが。
今回は…ねぇ。
「販売:5冊/KENPC:1000ページ」くらいですよ。
その数字で「総合3ケタ」って言われても…なんかありがたみがないというか。

gloのカバー

すっかりgloに移行したわけですが。
なんか本体が、つるつるして落としそうだなぁ……とか思っていたら、ホントに落としまして。
こりゃいかんというこで、カバーを買ってみました。
革のやつを中心に探していて、みつけたのがコイツ。

かなりキツめなので、入れるのにちょっと苦労したw
すぽっと入っても、中身だけ飛び出しちゃったら意味ないからね。
これくらいの方が安心かな?

色も肌触りも、イメージ通り。
最高!

ただ……吸うとき、ちょっと革の匂いが。。。
「たまに、うっすらにおう」程度だけど。

gloのカバーを探している方、コイツはおすすめです!

17年6月の売上雑感。

6月の売り上げがまとまったので、コメントなど。

◆ベストセラー
1位 これだけ!16ステップの文章教室
2位 コーチは教えてくれない水泳のコツ
3位 厳選!アイスブレイクゲームセレクト24

◆文章教室
文章教室が売れました。
んー、なんでだろ?
「わかりやすい」文章を書く全技術100』がランキング上位になってるから、「ついで」に買っていく人が多いのかな?

◆honto
hontoの「実用書スーパーセール」に参加しました。
いやー、売れたなー。
……といっても「当社比で」というエクスキューズが必要だけど。
実用書スーパーセールに、「水泳のコツ」も出したんですけど。
セール中より、セール前の方が売れてたのよねー。
これは謎。ひそかに期待してたんだけどなぁ。

◆広告
府中市の図書館に掲載している広告を変えてみました。
バナーを変えた途端、さくさくっと「水泳のコツ」が売れたから、効果はあったのかな?
ま、数日じゃ判断できないけど。

◆今後の展開
POD本の準備もしなくちゃだし、2ヶ月遅れてるアレの改訂版出さなきゃだし、テコ入れ&KENPC狙いでアレの分冊版出したいし、すっかりブームも終わっちゃって、タイミングを外しまくってるアレもそろそろやらなきゃだし…。
いろいろ課題は山積みだなぁ。