電書におけるラノベの傾向と対策

ウチの期待の新作「銃と百合と、ときどきモンスターパニックな日常」が好評販売中なわけですが。
んー。
「売れてないわけじゃないんだけど、期待したほどではない」って感じかなー。
わざわざラノベ風の表紙を用意してもらったんで、結構期待してたのだけど。

この作品の販売動向をチェックするうちに、電書ラノベの傾向がつかめてきたんでメモ。

■人気作が強い
人気のシリーズものが強いです。
なんせ、ランキング上位は書名の最後に数字がついてるものばっかりなんだから!

■新作が強い
会社のTwitterでは、ランキングに入ると紹介ツイートをすることにしているのですが。
この作品も、「新着○位」とか立て続けにツイートしてアピールしようと企んでいたわけです。
ところが、まったく入らないのですよ。
いや、1度だけ新着68位に入ったのを確認して、「この調子だと、もうちょっと上がるから」と様子を見てたら、それっきりになってしまいまして。
で、通常の売れ筋ランキングと新着ランキングを見比べたら、ほとんど同じなのね。
Amazonの新着は1ヶ月だから、「ラノベは1ヶ月が勝負」ってことなのかも。

■販売が強い
ランキング上位の作品、ほとんど「Kindle Unlimited」非対応です。
つまり、みんな購入してるわけ。
この状態だと、Kindle Unlimited対応作品は、ランキングでは有利なハズなのです。1冊売れるより、1ページでも読まれた方が優遇されるから。
なのに、ちょっとKindle Unlimitedで読まれただけじゃあ、新着ランキングにも入らないのです。
ってことは、「ランキング上位の作品は、かなりの数売れている」ってこと。
逆に、「Kindle Unlimitedでそこそこ読まれれば、ランキングに入ることも可能」ってことも言えるハズなんだけど。。。

■ラノベ読者は!?
このように傾向から考えていいくと、「ラノベの読者は、超保守的」って言えるのではないかと。
保守的だから「電書より紙本」の傾向があるのかも。
そういや、ラノベ作家志望者は「紙本ガー」って言ってる人、多いもんなぁ。
ラノベにやたら長いタイトルが多いのも、「つまらない作品は絶対に読みたくない」という保守的傾向の現れなのかも。
タイトルで内容がわかっていれば、失敗する確率はぐんと減るからね。
表紙も同じことが言えて、「いかにもラノベ」って表紙じゃないと、受け入れられない層が厚いんだろうなぁ。
タイトルに関して言えば、最近短いタイトルもちょこちょこ見受けられるようになってきたんだけど、それでも「内容がわかるタイトル」であることは同じなのよね。
「最後まで読んで、タイトルの意味がわかった!」みたいなのはダメなんだろうなぁ。

■「電書でラノベ」の可能性
ラノベにとって、電書って「穴場」ですよ。
チャンスはここにある…って言っても、超保守的なラノベの読者とラノベ作家志望者は、聞く耳を持たないだろうなぁ。。。

18年1月の売上雑感

よーやく1月の売り上げがまとまりましたので感想など。

◆1月のベストセラー
1位 コーチは教えてくれない【クロール】のコツ
2位 これだけ!16ステップの文章教室
2位 コーチは教えてくれない水泳のコツ
※楽天koboを除く

◆同率!
「これだけ!16ステップの文章教室」と「コーチは教えてくれない水泳のコツ」が同率!
ぴったり一緒は珍しい。
でもなー。
文章教室はセールしてたんだけど。。。
さすがに4年前のを売るのは、難しいのかねぇ。

◆不思議な傾向
1月は、「どかっと売れる日」と「まったく売れない日」の両極端でして。
これもはじめての現象だなー。
まとめて売れるとうれしいけど、順位的にはあまりよくないのよねぇ。
コンスタントに売れたほうが、順位は上がるし、順位が上げればアピールしやすいし。

◆期待の新作
期待の新作が販売開始されました(コレ)。
これが売れてくれて、作者がメジャーなレーベルに引き抜かれてくれれば、ウチの株も上がるんだけどな(笑)

◆続々…
今年に入ってから、続々新しい著者様にお声がけをいただいておりまして。
小忙しくさせていただいておるわけですが。
うれしいことはうれしいんだけど……自分のやつも書かなくちゃならないし(泣)

2ヶ月目のオートプロモート

オートプロモート2ヶ月目となったのですが。
きっちり2ヶ月目に入ってから、大きな変化がありました。
まずは↓のグラフをご覧いただきましょう。

インプレッションが、激減しているのですよ!
もちろん、それに伴って、リンクのクリックも激減。

ひょっとして、1ヶ月目はサービスしてたの!?
これが本来のペースなの!?

こんな調子なら、約1万はもったいないかな…とか思いつつ、継続していたのですが。
なんと。
「売り上げは微増」という結果に!
なんで、インプレッションもクリックも減ってるのに、売り上げはアップしてるの!?
確かに、セールはやってます。
今月いっぱい、「これだけ!16ステップの文章教室」をお安く販売しているのですが。
そっちの販売はイマイチなんで、「セールの効果で売り上げアップ」ではない、と。
となると、オートプロモートの効果としか思えないわけですよ。
インプレッションもクリックも減ってるのに!

ひょっとしたら、広告を表示するロジックが修正されて、「より効果のありそうなユーザーにだけ表示されるようになった」って可能性はありそうだけど。
にしても、2ヶ月目に入った途端、インプレッションが減ってるから、それはそれで、意図的なものを感じるのよね。。。

ま、多少なりとも、広告を出してる効果はあるわけだから、いーんだけど(笑)

オートプロモート1ヶ月。

オートプロモートをはじめて1ヶ月経ったので、レポなど。
成果はこんな↓感じ。

◆フォロワー
→激増。1.2倍になりますた。

◆インプレッション
→激増。604%ですって!

◆リンクのクリック
→激増。2017年11月:93クリック→2017年12月:744クリックに!

◆売り上げ
→微減(泣)

……なーぜーだー(泣)
ツイートの大半は、Amazonの商品ページへのリンク。リンクをクリックされたってことは、Amazonに飛んでるハズ。
なのに、売れてないんよねぇ。
リンクする程度に興味を持ったら、その勢いで購入してもらえるとおもったのに。
そのために、商品ページへのリンクをツイートしてるのだし。
なかなかうまくいかんですなぁ。

ま、「目のつくところに、継続的に出し続けること」も大事だと思っているので、長い目で見ていこうかな、と。
直接的な売り上げは微減ですけど、新しい著者様が参加してくれそうな気配なんで、「まったく効果がない」ってわけではないかなー。
「オートプロモートより売り上げが少ない」ってことになったら、さすがにやめるけど、そうでもない気がリハ続けていくつもり。

2017年の売上雑感。

◆年間ベストセラー
1位 コーチは教えてくれない水泳のコツ
2位 コーチは教えてくれない【クロール】のコツ
3位 厳選!アイスブレイクゲームセレクト24
※楽天kobo(12月分)を除く

◆全体的に
7月発売の「クロールのコツ」が2位に!
…ま、売れるだろうとは思ってましたけどね。
やっぱり、Unlimited対応にしてるのは大きいかなー。
来年は逆転するかな?

◆POD
今年のトピックは、PODをはじめたこと。
出版デジタル機構さんに声をかけていただき、POD事業をスタートさせることができました。
15年以上前からやりたかったことなので、感慨もひとしお。
そして、まぁまぁ売れてるのもうれしい限り。

◆3in1ブック
いままで出した本3冊を1冊にまとめた「タブレットPC&クラウドPC&格安スマホのススメ!」を出したのもトピック。
この合本商法、なかなかいいと思ってるんですけど、なかなかちょうどいいやつがなくて…。

◆今年のハナシ
ホントは、去年の秋に出す予定だった本が、今月中にはなんとかなるハズなので、ちょっと期待。
…ま、わたしの本じゃないのですけど。
著者さんを増やして、全体のボリュームアップが図れればなぁ、と。

◆広告
本格的に、広告を展開しはじめたのも、去年から。
いろいろためしたけど、Twitterが向いてるのかなぁと。
それについては、次の記事へ。