台風の季節(3)

「なんかおかしいと思わない!?」
 席に座るないなや、まゆみがまくしたてた。
 ここは、駅前のファーストフード店。お姉さんに「警察の方に届けてください」と言われ、駅前まで戻ったものの、交番に行く前にひと息つこう……ということになったのである。
「おかしいって、なにが?」
 コーヒーに砂糖とミルクをいれながら、康介が聞き返した。「おかしい」どころか、「さすがのおもてなしだ」と感動さえしていたからである。
「なにがって……あ、これおいしい」
 ハンバーガーにかぶりつきながら、まゆみが答えた。
<しゃべるか食べるか、どっちかにすればいいのに>
 と康介は思ったものの、あえて口には出さない。言ったところで、聞きやしないのは三年の付き合いでよくわかっている。
「さっきのお姉さんよ。途中から、態度変わったじゃない」
 そう言うと、まゆみはコーヒーをすすった。「どうせ、胸しか見てなかったんでしょ」
「ちゃんと名札も見てたって」
 康介が、とっさにそう言い返すと、
「ほーら、やっぱり見てたんじゃない。これだから――」
 まゆみの声を聞き流しながら、康介はさっき対応してくれたお姉さんの姿を思い出していた。
 確かに、まゆみの言うように、お姉さんの胸元を見ていたのは間違いない。が、それはいたしかたのないことだった。
 小柄で細身の体格と、それに似つかわしくないほどの存在感のある「物体」が、胸元にあったのだ。ついそれを見てしまうのは、男性の――いや、女性であっても、視線を送ってしまうほどの迫力だった。
 が、それを悟られるとあとであーだこーだと、まゆみに言われるに違いないと感じた康介は、〇・一秒で導き出した答えが、「名札を見ていた」という言い訳だったのである。
 止まらないまゆみの攻撃に耐えつつ、康介はその「名札」を思い出そうとした。――「名札を見ていた」という言い訳までは覚えていたのだけれども、肝心の名前が思い出せない。
 このままじゃあ、言い訳にすらならない――。
 康介は、なにかヒントはないかと、知り合いやアイドルの名前を思い浮かべた。近い名前が出てきたら、思い出せるかもしれない。――そんな無言の検索をすること数秒。
「あ! 『優香』だ!!」
 康介は思わず叫んだ。その途端、店内にいた数人の視線が集まってしまったので、そこから先は、小声で続けた。「やさしい人は、名前も優しいんだなって、思ったんだから」
「そう、そこよ!」
 と言って、まゆみは身を乗り出してきた。――てっきり「そんなくだらない言い訳を」とか、言い返されるもんだとばっかり思っていた康介は、面食らった。が、そんなことを気にせず、まゆみが続ける。
「ずっとやさしく対応してくれてたお姉さんが、突然『警察に持っていけ』だなんて冷たい対応するなんて、どう見てもおかしいでしょ?」
「でもなぁ」
 康介が反論。「そういうルールだっていうんだから、仕方ないんじゃない?」
「なに言ってんの。そういうルールだったら、まず最初に『どこで見つけたか』を確認するはずでしょ」
「なるほど、そりゃそうだ」
 そう言いながら、康介はしなしなになったポテトを1本、口に運んだ。
 それにしても……と、康介は思う。
 お姉さん――優香さんが、途中でで態度を変えたとしても、だ。それにはなにかの「きっかけ」があるハズだ。
 さっきのやりとりを、康介はじっくりと思い返した。
 バスタオルを持ってきてもらって、袋の中身を見もせず言い当てて……その直後だ。「警察に届けて」と言われたのは。ということは、「このぬいぐるみそのものがきっかけ」ってことだ。
「このぬいぐるみの中身がわかったから態度を変えたってことは、なにかイヤな思い出でもあったのかな?」
 康介が言うと、
「イヤな思い出……この子の着ぐるみに入ってたのが、元カレとか?」
 そう言って、まゆみはコーヒーをすすった。「そんな個人的理由で、こんなことするかなぁ」
 それが最後の一口だったのか、まゆみはカップを二・三回ゆすると、そのままトレーに乗せて、カップを折りたたみかけた。「ゴミはできるだけ小さくする」がクセなのだ。
 それを見た康介が、
「コーヒーおかわり自由って、さっき貼り紙あったよ」
 と言うと、
「え?」
 まゆみは手を止めた。「気が付かなかったわぁ。そういうのは、早く言ってよね」
 折り曲がったコップを丁寧に復元し、おかわりをもらおうと立ち上がった――ところで、まゆみが動きを止めた。
「どうした?」
 康介が声をかけると、
「あのお姉さんは、なにかに気付いたのよ」
 言うが早いか、まゆみはとなりの席に座らせていたぬいぐるみをまさぐりだした。
<はたから見たら、不審者だよなぁ……>
 と康介が思ったとのとき、
「これだ!」
 まゆみが叫んだ。「手紙が入ってる!」

スマートスピーカーのススメ!_はじめに

はじめに

 スマートスピーカーに対する多くの人の印象が、
「どこが便利かわからない」
 ではないでしょうか。
 実は、わたしもそうでした。
「音声で操作できる」という目新しさはあるものの、「スマートスピーカーで、はじめてできるようになったこと」はありません。
 たとえば、「スマートスピーカーを使えば、音声でテレビの電源を入れることができます」と言われても、テレビのリモコンで「電源」ボタンを押せばいいだけなので、スマートスピーカーを使うことで手間が減るわけでもありません。むしろ、音声認識に失敗してしまえば、「リモコンを使ったほうが、はるかに早い」なんてケースもあります。
 そんな「スマートスピーカーにメリットを感じないタイプ」のひとりであったわたしが、スマートスピーカーを買ってしまいました。
 理由はふたつ。ひとつは、「時計」として。
 新居に引っ越して、キッチンから見ることができる時計がなかったのです。「どうせ買うなら」とオシャレな時計を探していたら、「同じくらいの価格で、echo spotが買えるじゃないか」と気付いてしまったのです。
 echo spotは、円形の液晶画面付きスマートスピーカーで、待機時は時計が表示されているので、「スマートスピーカーを買った」というよりは、「スマートスピーカー機能のついた時計を買った」気分です。
 もうひとつが、「単純に興味があった」から。パソコンだのインターネットだのについて書いているライターのひとりとして、「スマートスピーカーの使い勝手はどんなものなのか?」に興味があったのです。
 ぶっちゃけ、「時計うんぬん」というのは言い訳です。ですが、そんな言い訳でもない限り、手を出しづらいアイテムでもあったわけです。
 そんな経緯はありましたが、無事我が家にスマートスピーカーが来ました。そして、スマートスピーカーのおかげで、生活が一変――は、しませんでした。
 たとえばスマホ。ガラケーからスマホに切り替えると、生活が一変します。できることが、飛躍的に増えるので。中には「人生が変わった」なんて人もいるでしょう。
 それに比べれば、スマートスピーカーのある・なしで、そんなに大きな違いはありません。なんせ、「スマートスピーカーでできることは、ほかのモノでもできる」のですから。
 生活が一変するほどではありませんでしたが、「買って失敗した」「無駄遣いだった」とは思っていません。むしろ、毎日便利に使っています。
「百聞は一見にしかず」といいますが、スマートスピーカーがまさにそれ。なので、「どこが便利かわからない」人は、ぜひ使ってみて……と言いたいところなのですが、誰もがお試しに買える金額というわけでもありません。実際、数千円のものなら「買ってみてもいいかな」と思う人はいるかもしれませんが、正直安いものは用途が限られてくるので、「とりあえず安いものを買ってみた」は、失敗する可能性が高いと思います。
 というわけで、「スマートスピーカーのどこが便利がわからない」と思っていたわたしが、実際に使ってみて「これは便利だ」と思った実例を中心に、スマートスピーカーの魅力を紹介していきます。
 それを読んで、「便利そうだから買ってみよう」と思っていただければもちろんうれしいことですが、逆に「自分には必要ないな」という判断材料にもなるんじゃないかと思っています。
 それでは、「スマートスピーカーのある生活」へご案内いたしましょう!

一生水泳を楽しむコツ

「水泳は苦手だから向いてない」
「運動神経が鈍いから泳げない」
「年だから泳ぐのはもう無理…」
 …なんて思っているアナタも、ちゃんと水泳を楽しむコツがあるんです!
 水が怖くて、運動が苦手だった著者だからこそわかる、
 フツーの人がフツーに水泳を楽しむためのコツが満載!

ストアリンク
Amazon Kindleストア

出版社のページ
http://www.breast-stroke.jp/index.php/petit-bunko/archives/77

設計図書

設計図書が届きました。

設計図書というのは、建設工事に必要な図面を、まとめて製本したモノです。
いやー、なつかしい!
実は、実家が青写真屋だったもんで、こーゆーのを見慣れてるのですよ。
いまだにクロス貼りの表紙なんだねぇ。

ようやくここまで来たかと感慨もひとしお…になるところなのですが。
届いたときに、「あれ?」と思ったのです。
この設計図書、表紙が「無地」だったのです!
んー。
経費節減するところでもないと思うんだけどなぁ。
コピー機に通すだけだし。

とゆーことで、テプラで表紙文字を作ってみました。
やっぱ、これくらいないと、カッコつかないよね?

で。
このあとは、実際の建築になるわけですが。
地鎮祭のとき、そろそろ着工って話だったけど、なーんも連絡ないなぁ。
大丈夫なのかしらん?

はじめに

 すっかりWeb広告のスタイルとして定着したランディングページですが、「じゃあ自分も作ってみよう」と思うと、これがなかなか大変だったりします。
 プロに頼むと「数十万円」かかります。自分でやろうとすると、「Webサイト制作の基礎知識」が必要になるので、「誰でもカンタンに」というわけにはいきません。
 そこへ登場したのが「DROP」です。
 DROPは、エヴリ・チューンズ株式会社さんが提供しているWebサービスです。なにしろ用意するのは「JPEG画像1枚」だけ!
 用意した画像に、ちょこちょこっとリンクを設定すれば、ランディングページが出来てしまうのです。これなら「誰でもカンタンに、ランディングページを利用することができる」と言ってもいいでしょう。
 お手軽な代わりに、画像が動いたりするような派手な演出はできません。できませんが、商品やサービスごとにランディングページを用意したり、電子チラシとして利用したり…といった「新たな使い方」ができるわけです。

 こんな便利なサービスを使わないなんてもったいない──ということで、DROPの使い方を解説したのが、この本です。
 といっても、元々が簡単なサービスなので、「パソコンは使い慣れている」という方や、「すでにいろんなWebサービスを使った経験がある」という方は、いますぐDROPを使い始めても大丈夫でしょう。
「ひと通り、全体像を把握してから使いたい」という慎重派の方は、この本に目を通しておくと、実際の作業は楽になるでしょう。ランディングページの基礎知識も解説しますので、「実は、ランディングページのことをよくわかっていない」という方も、一読していただければお役に立てると思います。
 ま、ムズカシイことは考えず、さらっと目を通していただいて、「なんかおもしろそう」「これならできそう」と感じていただければ、それでもう満足です。

omimi