【Web内覧会】仕事部屋

リビングの隣が仕事部屋。

「リビングに仕事部屋が接続していること」は、参考プランを出してもらう段階からリクエストしていた要素でした。
参考プランの段階で、どの程度リクエストするかは、難しいところです。
参考プランと実際の建築プランはまったく別物なので、「参考プランは実力を見て欲しい」というタイプの設計士なら最小限のリクエストの方がいいでしょうし、「最初から、実際のプランに近いものを出したいので、できるだけ細かくリクエストして欲しい」という人もいるでしょう。
ウチの場合、土地を買うときについてきた参考プランを作った人と、実際に設計を担当する人が別の方で。
担当設計士が連絡してきたときに、「あなたなりの参考プランを出して」と言ったら、はりきった返事だったので、最低限のリクエストだけして「お手並み拝見」ということにしました。
ま、その参考プランは、好みではなかったんだけど(笑)
担当設計士のプロ根性が気に入って、細かいリクエスト→プランの再提出を依頼。で、次に出てきたのが、ほぼいまの家…という感じ。

仕事部屋のこだわりは…ドアとコンセントの数かなぁ。
特注のサイズ。サイズ指定は嫁。
DAIKENのハピア
色はダルブラウンだったかな?
仕事部屋、内見の段階では「狭いなー」って印象だったけど、家具を入れてみたらしっっくりきまして。
その原因がこのドア。
サイズが大きいのに、縦横比がフツーのドアと一緒だから、狭く見えちゃう(笑)
ま、仕事部屋に限らず、「内覧では狭く感じたのに、家具を入れたら広くなった」っていう不思議な家なんだけど。
ドアは結局、ほとんどオプションかな?
標準のやつは、パントリーと書庫の折戸くらい。
ドアは、数も多いし、オプションにするとお値段もかさむんだけど、ドアを替えると、
「建売とは違うのだよ、建売とは!」
てな気分になれるのでオススメ。

【Web内覧会】の過去ログはコチラ → http://omimi.com/?cat=54

【Web内覧会】リビング

キッチンの隣がリビング……なのですよ、ウチは!

前のマンションは、

キッチン
 |
ダイニング-リビング

という標準的な並びだったのですが、我が家は、

ダイニング
 |
キッチン-リビング

という並びなのです。
「ほぼ1フロア」なんで、まったく使いにくさはないのですけど。

テレビの後ろには濃色のアクセントクロス入れたいな…と思っていたのですが。
なかなかいいのが(建築会社の)カタログになくて、これに。実は、和室用(笑)
よく見ると和紙っぽい柄なんだけど、壁紙とも雰囲気的に近いので正解だったかな。
このアクセントクロスのあるところが南側。
一番、我が家で陽のあたりがいいところがコレ(笑)
そりゃあ、南側に大きい窓があった方が、日当たりはいいし、明るくなるんだろうけど、それ以上に「夏の室温上昇」の方が怖くて。
オプションで、APW330という断熱性能の高い窓いれたけど、それでも「南に大きい窓は、なくてもいいかな」と意見が一致しまして。
今年の猛暑をみると、悪くない選択だったかな、と。
小さい窓でも、十分光は入るし。

作り付けの棚は、南海プライウッドのリビアス
最初、「壁面に作り付けの棚を設置してテレビ台に」って提案したら、猛烈に反対されたんだけど、最終的には採用に。
市販のテレビ台が、意外と高いことが判明したから(笑)
上の棚にテレビとスピーカーを、下の棚にHDDレコーダーやらPSやらを設置。
そのためには、棚に穴を開けなきゃいけないんだけど…この工事が高かった!
1つ1万円。明細には「リビアス穴用キャップ」という記載なんだけど。

リビングを反対側から見たらこんな感じ。

東側にベランダがあるんだけど、それに合わせて「引違い窓」と「開き窓テラス」を並べて。
ベランダが、わたしの喫煙所になるんで、出入りしやすいように「開き窓テラス」を。
高いけど、出入りは格段にしやすくなった!
窓の面積を広く取れる引き違い窓と、利便性の高いテラスドアの組み合わせは、オススメ!

【Web内覧会】の過去ログはコチラ → http://omimi.com/?cat=54

【Web内覧会】キッチン

お次はキッチン。

普通の壁付けI型なんだけど、吊戸棚なしで、壁を100cm・ワークトップを90cmにしたら、なんかアイランドっぽくなっちゃった(笑)
狙ったわけではないんですけどね。
嫁が「どうしても吊戸棚はいらない」と主張しまして。
これも「広く見せる工夫」ではあるのですけど。
前のマンションでは、吊戸棚を目一杯使ってたからどうなるかと思ったけど、パントリーあるし、壁側の収納増やしたし、そもそもキッチンの収納力が上がってるし…ってことで、「吊戸棚がないから困ってる」ってことはないかな。

内側はこんな感じ。

クリナップのクリンレディ(現ステディア)で、ワークトップは人工大理石。
前のマンションでもクリンレディ+人工大理石の組み合わせだったんだけど、期せずして同じものに。
「気に入ってたから同じものに」ってことはまったくないんだけどね。
扉面材は、悩みに悩んでルナレッドに。ルナブルーと最後まで迷って、ショールームでサンプルを持ってあちこち歩き回った(笑)
サンプルだけだと、ルナブルーの方がいい色だったんだけど、キッチンの扉になるってことは、光が直接あたるわけじゃないので、きっと扉にしたらルナレッドの方が落ち着いた感じになる……と思って選んだら、大正解。

シンクは、嫁のリクエストで「流レールシンク」に。
水が流れていくのを見るのは楽しいけど、それ以外のメリットは正直感じない(笑)
ただ、サイズ感はちょうどいいかな。標準はシンプルなシンクだったんだけど、サイズが大小あって、小だと小さいし、大だと大きい(作業スペースが減る)ので、流レールシンクで正解だったかな。

オプションで流レールシンクを選んだのはいいんだけど、ワークトップに人工大理石を選んだところでトラブル発生。
いや、カタログには「流レールシンク+人工大理石は○万円」って記載があるんだけど。
そこには「どんなワークトップを選べるか」が記載されてなくて。
あとから、選べるワークトップに限りがあることが判明。
オプションブックの価格で選べるのは、「ソリッドのホワイトまたは花柄」だけで、ほかのものにしようとすると「さらにプラス十数万円」という見積りがでてきまして。
「ソリッドのホワイトまたは花柄」と、ひとつ上のグレードのワークトップ、定価ペースだとそんなに価格差ないのに!

たぶん、メーカーとビルダー(建設会社)の間で、「これとこれとセットの場合はいくら」みたいな契約をしているんでしょうなぁ。そこから外れると、定価で買うしかなくなっちゃう、と。
しょうがないので、花柄にしました(笑)
セミオーダー住宅は、割安だからこーゆー落とし穴もある、と。

【Web内覧会】の過去ログはコチラ → http://omimi.com/?cat=54

【Web内覧会】2Fダイニング

階段を上がると、そこがダイニングです。
…といっても、2Fは「ほぼ1フロア」なんだけど。

階段を吹き抜けにしたことで、ダイニングが広く見えるんですよ。
この効果は絶大!
ホントは、窓を4枚並べて「カフェのテラス席風ダイニング」にしたかったんだけど、
「耐力壁が必要だからダメです」
って言われちゃった(泣)

奥に見えてる扉がパントリー。
キッチンとは離れてるけど(笑)
いや、このパントリーが超絶便利!!
いままで、LDKに物置があるところに住んだことがなかったんだけど、LDKに物置は必要だねぇ。
意外とキッチンに収納力があるんで、食料庫というよりは「倉庫」になってるけど。

【Web内覧会】の過去ログはコチラ → http://omimi.com/?cat=54

【Web内覧会】階段

そろそろ2階に……いく前に階段。
「U字階段はイヤだよね」と夫婦の間で一致してまして。
U字階段って、階段単体のスペース効率はいいのかもしれないけど、階段の上下がデットスペースになりがちだし。
「階段上は物置」ってプランもいくつか見たけど、使いにくそうで。
あと、基本的に四角いフロアに、正方形の階段室を入れると、ほかの部屋がうまく配置できなかったり。
んで。
ウチは「細長いコの字型」になりました。直線にするには、大きさが足りなかった(笑)

階段の高さ(蹴上)は19cm。標準仕様では21cm(確か。22だったかも)だったんだけど、どうしても20cm未満にしたくて。
蹴上を低くする=段数が増える=長さが必要になるってことになるわけですが。
最初、担当設計士さんが「その長さは確保できない」とか言ってまして。
「ここの形をこう変えても、建ぺい率はクリアできるハズ」と説得して、なんとか蹴上を20cm未満にすることができました。
設計士が「できない」と言っても、ミスしてる(思い込んでる)ケースはあるのですよ。
特に、「10件同時進行」なんてことがザラな、セミオーダーでは。
根拠もなく「こうして!」というのは、単なるわがままだけど、きちんと調べた上で「こうだからこれはできるハズ」と主張はした方がいいのかなと。そのためには、きちんと調べなきゃダメだけどね。
で。
「蹴上19cm」ですが。
まったくキツくないです。フツーに使えます。
60歳超えたら、どう感じるかはわからんけど(笑)
ただ、「20cm超えたらキツいだろうな」とも感じます。
2階リビングに対して、「階段の上り下りが増えるからダメ」って言う人は、蹴上が高い家に暮らした経験があって、トラウマになってるんじゃないかなぁ。

さて。
階段は「階段の下と上のスペースをどう使うか」がポイントなわけですが。
ウチの場合、階段下はトイレと物置、階段上は…コレです。

そう、吹き抜け!
「スペースが活用できてない」と思うでしょ?
実は、ここが抜き抜けになってることがポイントなのですよ。
ある意味、最高のスペース活用術というか。
その理由は……また次回。

【Web内覧会】の過去ログはコチラ → http://omimi.com/?cat=54