【水泳日記】「楽」と「楽しい」は違う

お昼からさくっと。

●500くらい

生涯学習センターにホームプールを変えてから、すっかり水泳日記の更新が滞っておりますが。
なんとか週一のペースでは泳いでおりますです。

プールについたら、割と人が多めでどうしよっかなぁ…と思ったら、いいペースで泳いでる人がいるんでひと安心。
前回、空いてるけどめっちゃ遅い人だけで、かなり苦労したのよ。
追い抜き可だから、速く泳ぎたければ抜けばいいのだけど、いまの目標は「ゆっくり泳ぐ」なので。
そのつもりで泳ぎに行ってるんだけど、まだうまく調節できなくて、追いついちゃうのよねぇ。
で、ゆっくり泳ぎ方法を模索してたのですが。
ふと、「二軸で泳ぐか」と思いつきまして。
確かに、ゆっくり泳ぐには、二軸が合ってるみたい。
かく距離短くして、途中で腕をあげちゃっえばそんなに進まないし、テンポを落としてもバランスを崩しにくい。
二軸で調節すれば、確かにスピードをコントロールできるし、なにより楽……なんだけど。

楽しくないんだよなぁ、コレ。
一軸寄りのスタイルなんだけど、これって「ハマったときの気持ちよさ」があるんだよね。二軸には、それがないのですよ。
うーん、うーん。
もうちょっと、試行錯誤せねば。

【水泳日記】キャッチは胸を開く!?

お昼からさくっと。

●600
・up 200
・Act.2/Fr 50×4
・down 200

今日もだらだらと泳ぐことに。
生涯学習センター、流れが遅いからねぇ。

Fr。
右のキャッチがふわふわしてるのと、なんか手先の泳ぎになりかけてたんで、そこを気をつけながら。
しっかり胸を沈めると、いい感じに。
「キャッチはローリングから」だ…とか思ってたら、別の発見が。
その「しっかりローリング」のためには、リカバリーが重要だと。
右でかくなら、左のプッシュの後半で、しっかり胸を開いて、大きく肩を回すと、すんなり右側に体重が乗ってくれるのね。
いやー、クロールはシームレスだから、難しいわぁ。

【水泳日記】腹からキャッチ!

お昼からさくっと。

○1000くらい

ホームプールを生涯スポーツセンターに移してから、これといってメニューも決めずに泳いでるんで、距離もあやふや。
今日は、極端に遅い人もおらず、いいペースで泳げたかなー。

泳ぎだしたら妙に軽くて。
強度低い&間隔空いてる…ってことで、疲労の蓄積がないおかげ?
ただ、軽いけど、スピード感はなかったなぁ。
間違ったところを意識してるんだろうな、きっと。

Fr
どうも右手のキャッチが甘い。
いろいろ試しても、結局しっくりこないまま。
んー。なんだろーなー。

Ba
なんか調子よくて、この原因はなんだろう…と思ったら、腹筋に力を入れるタイミングだった。
いままでは、プッシュのときに腹筋を締めるといい感じだったんだけど、今日はもっと早め…完全にキャッチのタイミング。
「腹からキャッチする」くらいのイメージ。
こうすると、手の動きがどーのこーの考えなくても、がつんと水がつかめて、ぐいぐい進む。
これはイイ!
やっぱ体幹なんだなぁ。

【水泳日記】20018年初泳ぎ

お昼からさくっと。

○800くらい

とゆーことで、今年の初泳ぎ。
水があったかくて、気持ちよかったー。

久しぶりだからどうなるかと思ったら、意外と浮いていい感じ。
生涯スポーツセンターで泳ぐときは、Fr中心なんだけど、なんかキャッチが不安定なんで試行錯誤。
で、「八の字」にしてみたら、いい感じに。
キャッチするときに、真下に押すんじゃなくて、右手ならやや右下に…という感じ。
そしたら、キャッチは感触がよくなったんだけど、押しづらくて。
そらに試行錯誤したら…このチャッチだと、しっかりひじ立て意識しなきゃダメなのね。
…ってことは、完全なS字=一軸泳法!?
ま、とにかく気持ちよく泳げればいいんで、泳法にはこだわってないんだけど。

あとは…50m泳いだら、キツくなることかなぁ。
連続して泳ぐことが難しいプールではあるんだけど。
今年の課題は「持久力」かなー。

【A-Class推し!】最近の発見。

【A-Class推し!】
※このシリーズは…新しく愛車になったA180スポーツ(W176)について、あれやこれやを書いていきます。有益な情報はありません……おそらく。

◆キリ番

◆ATのクセ
MT好きの人たちの言う「MTはギアが選べるから」っていうのが、キライだったりするのですが。
だって、AT(トルコン・ステップ型)だって、ギア選べるもん。[+][-]のゲート使わなくても、アクセルワークとか、S(スポーツまたはセカンド)ポジションとかを駆使すれば。
いままで、そうやって「ATだけど自由にギアを選択する」運転をしてきたのですが。
AクラスのATは、ちょっと手ごわいのです。
加速していって、アクセルペダルをゆるめても、シフトアップしない!
かと思ったら、ギアをキープしたいのに、どんどんシフトアップしていくし。
ATっていうのはプログラムだから、なにか規則性があるハズなんですが、それがうまくつかめないのですよ。
そんなこんなで苦労すること2年、よーやく傾向がつかめてきました。
一番の特徴は「アクセルをキープすると、シフトアップ」です。だいたい10秒くらいかな?
パドルシフトでギアを変えて、一時Mモードにしたあと、ATに戻るまでのタイミングと一緒。
「加速も減速もしないんだから、ギア上げてもいいんでしょ?」
って感じ。
メルセデスの「最善か無か」って理念は有名だけど、ATは「加速か減速か」ってことかな。

◆吹き出し口
ダッシュボードには、5つエアコンの吹き出し口がついてます。中央に3つ、左右にひとつずつ。
で、どれもエアコンの「→」のときに使われると思っていたのですが。
左右のやつ、「↓」のときも風を出すのね!
ウチは、エアコンの風が苦手なので、ずーっと閉じたままだったのですよ。だからいままで気づかなかった(泣)
なんでこれを発見したのか…というのは↓で。

◆オープン時の風向
昨日、「4月並のあたたかさ」というので、ひさしぶりにグラスルーフを開けてみたのですよ。
そしたら、「あたたかいけど、風も強い」でして(笑)
でも、気分がいいのでそのまま走ったのですが、やっぱ暖房なしだとキツい。
とゆーことで、オープン時はどんな暖房がいいのか、あれこれ試してみたのです。
いままでは「↓にしてガンガン」だと思っていたのです。だって、あたたかい空気は上にいくから。
…いやー、間違ってました。
「↓→」にして、吹き出し口は水平ややや下向き(ふとももを狙って)にして、「ドアのラインから下に温かい空気を貯める」とイメージするといいのね。そのためには、センターの吹き出し口もフル活用した方がいい、と。
完全に、「湯船にお湯を貯める」ですよ。

ただですね。
首の周りが冷たくなりまして。
ネックウォーマーつけてたんだけど…。
そこで思い出したのが、「エアスカーフ」ですよ。SLCとかに用意されてるヤツ。
「マフラーあればいいじゃん」とか思ってたけど…エアスカーフ、いいなぁ。
次乗るなら、エアスカーフあるやつにしよう(笑)

【A-Class推し!】過去ログはコチラ