【モトブログ】スポルテックストリート・ファーストインプレッション

タイヤ交換してきました。
タイヤについては、以前こんな記事を書いていましたが。
結局選んだのは……メッツラーのスポルテックストリートでした(笑)

タイヤの経年劣化が気になってきたことで、どれにしようかと真剣に検討していたのですが。
メッツラーの、このパターンのタイヤ履いてみたくなっちゃったんですよ。
で、メッツラーのラインナップだと、ウチのバイクの合うタイヤが少ない(泣)
ラジアルだと、Z8インタラクト(ツーリング)とM5インタラクト(スポーツ)の2つがあるけど、どちらも2世代前のタイヤ。
日本に入ってきてるかわからないし、入ってきてたとしても、古いタイヤである可能性が……。
なので、バイアスのスポルテックストリートに落ち着いた……というわけ。
あと、安い(笑)

今回お世話になったのは、レーシングマックス府中店さん。
月に1回、府中に行く用事があるので、そのついでに……ってプラン。
そのつもりで、先週の金曜に予約入れたんだけど、あいにくの雨。なので、日を改めて今日行ってきたという次第。

んで、スポルテックストリートの第一印象。
めっちゃ素直なタイヤね。
パイロットストリートが「くいっ」て曲がるなら、スポルテックストリートは「しゅー」って感じ。
パイロットストリート、曲がりやすいタイヤだったのね。リプレース品もそうなのか、OEMは仕様にしてるのかは不明だけど。

スポルテックストリート、ある意味「純正より純正品っぽい」というか。
リターンしたばっかりで、いろいろ勉強していかなきゃけいない自分には、ちょうどいいタイヤかな。

【モトブログ】STFクラッチレバーの調節

STFのクラッチレバーにして、操作しやすくはなったのですが。
ギアの入り方がイマイチじゃないかと感じるようになってきまして。
「調節昨日あったよなぁ」と思い出したので、STFクラッチレバーの調節に挑戦してみました。

それはいいのですが。
調節機能付きクラッチレバーの多くが、ダイヤル式です。ところが、STFクラッチレバーはネジ式なのです。
取扱説明書はダウンロードしてましたが、どうもよくわからん……ということで、実物をみて確認。

「イモネジ」ってなんやねん……と思ったら、六角レンチで回すのね。
実物見て、よーやくわかった(笑)

調節の手順は、
(1) ナットを緩める
(2) 六角レンチでイモネジを調節する(写真の矢印のところ)
(3) ナットを締める

イモネジを結構奥まで入れないと、調節が効かない気がするなぁ。
あと注意しなきゃいけないのがナット。
ナットをきちんと締めないと、カンタンにイモネジが動きます。
今日走ってて、急にクラッチの感覚が変わってのでおかしいなと思ったら、イモネジがめっちゃズレてました(汗)
なので、クラッチレバーの調節をするときは、

クラッチレバーを調節→近所を走って確認→必要ならまた試走→満足したらきっちりナットを締める

の行程が必須。
まちがっても、出先で調節しようと思っちゃダメ。

STFクラッチレバーの無段階調整はたしかにすごい。
でも、調節がちょっと面倒。
レバーの位置に細かくこだわる人、いままでの調節機能付きレバーではしっくりこなかった人向きかなぁ。
そうじゃないなら、ダイヤル式の方が使いやすい気がするなぁ。
調節の仕方はわかったので、しばらく使うつもりだけど、また走ってるときにズレたりしたら、別のに買い換えるかもなぁ。

【モトブログ】ぷちツーリング

嫁が出張中なのをいいことに、ぷちツーリングしてきました。
コースは、深大寺→よみうりランド→若葉台→桜ヶ丘→松が谷(愛宕)→府中→多磨霊園…って感じ。
A180でよく走ってたあたりを、むりやりつなげた感じ(笑)
大体80Kmで、所要時間4時間。平均時速20Kmかぁ。市街地ツーリングにしてもひどいね(笑)
んで、感じたことをつれづれと。

◆よみうりランド
名物のヘアピン目当てだったんだけど、トンネルが見えてびっくり。
さっき調べたら、ヘアピンなくなっちゃうのね。

◆のんびりモード?
A180のときは、「もっとスピードだしたい」だったんだけど、R3だと「のんびり行こっか」って感じに。
同じ人間が運転してて、真逆な気分になるんだから不思議だねぇ。

◆振動?
5000~7000回転あたりで走ろうとすると、微振動があることを発見。
「振動が…」ってインプレを目にしたけど、これのことね。
振動というか、タンクカバーとかシートが共振してる感じ。
「この回転域でずーっと」は厳しそう。
ま、わたしの走り方だと、5000以上まわすのは一瞬で、たいていそれ以下で走ってるから問題ないかな。

◆ポジション
ぷちツーリングの目的は、「ワインディングっぽいところを走りたい」ってことと、もうひとつがポジションの確認。
いろいろ試した結果、
・前寄りで乗る市街地モード
・後ろ寄りで乗るワインディングモード
の2つにわけて考えた方がいい感じ。

◆曲がる!
そういうタイヤなのか、そういう車体なのかの判断は保留だけど、とにかくよく曲がる!
普通に流してる分にはオンザレールなんだけど、「しっかりターンしよう」てなときは、くいっと曲がれちゃうんでびっくり。
それに合わせたライン取りを考えなくちゃだわね。

◆アマリング
わりといい感じに走れたので、帰ってきてタイヤチェック。
なんと見事なアマリング!

測ったら3cmありました(笑)
…ってことはですよ。
サイドはコンパウンドを変えてあるタイヤなんか履いても、その部分はまったく使われないことになっちゃうね(笑)

◆実はタイヤが…
そうそう。
昨日、タイヤの製造年を確認したんですよ。
そしたら「2012年20週」ですって!
8年前のタイヤ!
多少硬さは感じなくもないけど、溝はたっぷりだし、ひび割れもないし、「使えることは使えるけどね」って感じ。
グッドイヤーのサイトによると、「10年経ったら交換を推奨」ってことみたいだし。
ただし、ウチの場合、「新品状態のまま保管」ではなく、「装着した状態」であることは間違いないんだよなぁ。
ブレーキテストとかもしてるだろうし、多少は熱の入った状態はあったと思うのが自然。
屋内でのテストだった可能性が高い気がするけど。

…てなことを考えると、なるはやでタイヤ交換した方がいいなぁ。
問題は、「こんなへなちょこな走りをする人に向いてるのはどんなタイヤか?」ってことなんだけど……。

【モトブログ】インプレいろいろ

また何回か走って、いろいろと試したので、まとめてインプレを。

◆ニーシンガード
はじめてニーシンガードつけて走ったんだけど……これ、イイ!
劇的にニーグリップがしやすくなる!

わたしが使ってるのはコレ↓

ズボンの内側に付けるタイプなんだけど。
付け方が…。
家を出る前、ジーパンをおろして、ニーシンガードを付けて、またジーパンをずりあげる、という……。
バンド1本だから、手間は最小限なんだけど、つけてるところを他人に見られたくないよね(笑)

◆フローシューズ
思ったよりデカい!
トレッキングシューズより大きいとは思わなかった…。
ソールも、トレッキングシューズより厚くなった気がするなぁ。おかげで、脚付きも向上。
ソールの形状が割とフラットなので、ペダルのポジションの自由度は高そう。
くるぶしのところもクッションたっぷりなので、くるぶし部分でのニーグリップがしやすくなった!
おしむらくは、足を入れにくいこと。
かかとにベロがついてるとうれしいんだけどなぁ。。。

◆BOAシステム
「着脱簡単」というふれこみのBOAシステムだけど。
個人的には、「これは手強い」印象。
「締めるときはクルクル回す、脱ぐときはボタンを引っ張る」だけなんだけど、問題は締めるときの足首の角度。
足首を曲げたときに締めると、そこでワイヤーが固定されちゃうわけです。
で、歩いているうちに、足の位置がズレてくると、隙間が出てきちゃうのです。
かといって、足首を締め付けすぎると、動きが制限されちゃうし。
「その加減がムズカシイ」ってこと。
慣れだろうけど。

◆燃費
給油したタイミングで燃費をチェックしてみました。
燃費計もついてるって、最近のバイクは便利だねー。
で、チェックしたところ、約18Km/L。
ネットで調べたら…平均28Km/L!?
7000まで回したのだって、片手で余るほどなんだけど(泣)
街乗りだから、アイドリング時間が長いっていうのが影響してるのかねぇ。

◆ラムマウント
いろいろ試してるんだけど…走ってるとき、スマホの画面が視界に入ってこない(泣)
標準アームだと短いのかなぁ。
もうちょっと調節してみるけど。。。

◆Maps Go
スマホナビ、グーグルのMap使っていたのですが。
バイクで乗る時だと、ちょっと情報量が多いかなぁ、と。
で、バイク用のナビ入れるかなぁ……なんて検索してたら、グーグルの「Maps Go」を発見。
Maps Goは、グーグルMapの簡易版。
こりゃあいい……と思ったけど、「ノースアップのみ」なのね。
これはちょっとなぁ…。

◆アクションカム
実は。ソニーのAS300、買いまして。
アクションカムを使って、モトブログ(VLOG)やろうかと。
テスト撮影してみたんだけど、思ったよりうまくできたかな。
ヘルメットサイドマウント買ったけど、ヘルメットにぴったり取り付けられるところがなくてひと苦労。
次に、取り付けるカメラの角度がうまく行かなくて試行錯誤。
今回はワイドで撮影したけど、ミディアムがいいかも。
マイクはソニーのECM-CS3を。
ヘルメットの内装の裏側に挟んだだけなんだけど、意外とうまく録音できたなぁ。
風切り音がちょっと気になったので、風防を買う予定。
いても。
いやー、自分の声って、虫酸が走るよね(笑)
インタビューのテープ起こしとかで、散々聞いたけど。
しゃべらないタイプのモトブログにしよっかなぁ。

◆セパハン
リターンするとき、「ポジションが楽なバーハンドルに」と思っていたのですが、いろいろあってセパハンのバイクになってしまいまして。
ま、YZF-R3はセパハンといっても、そんなに低くないので、それほど前傾がきつくないとはいえ、前傾は前傾なので、不安があったのですが。
いやー、セパハンの方がいいかも!
っていうのはですね。
バーハンドルだと、「常に腕を上にあげている状態」なわけです。
でも、セパハンなら「腕を下げた」状態。
腕を上げなくて済むってーのは楽なんだと、改めて気づいた次第。

…え? クルマも常に腕を上げてるって?
そうなのよ。そこなのよ。
過去に乗ったクルマ、結構腕がつらかったのよ。
だから、シフトレバーとかに手を乗せる時間が永かったんだけど。
A180にしてから、ずっとハンドルを握ってても辛くなくなったのよね。
ステアリングの出来がめっちゃいいわけ。
「さすがメルセデス」だなぁと。Aクラスなのに!

話がそれたけど。
次からバイク選びの基準に「腕の疲れないハンドル」を追加しよう。

◆振動
インプレ見ると、「振動が…」って出てくることがあるんだけど。
いまのところ、不快or余計な振動は感じないなぁ。

◆ブリッピング
がつがつ峠を攻めるつもりもないし、ブリッピングなんて使わないだろうなぁ…と思ってたんだけど。
交差点を曲がるために原則して、念の為ギアを下げよう…と思って操作したら、リアが「きゅるっ」と鳴りまして。
かなり減速してたし、かなり回転数落ちてたし、回転数合わせることもないだろう…と思ってたのが間違いだった(泣)

◆車間距離
すでに「前の車が曽田リに避けてくれる」という事例が2回ほどありまして。
片側1車線よ?
ほぼ制限速度だったし、車間距離も少し多めだったつもり。
なんなら、「ペースメーカーがいてラッキー☆」くらいのつもりだったのに。
そんな厳つい顔なのかなぁ、R3(泣)
「先に行かせよう」と思わせない運転が、当面の目標かなぁ。。。

【モトブログ】リターンするための費用・装備編

リターンに必要なものといえばバイク? 家族の許可?
いえいえ、身につける装備品です。
とゆーわけで、買い揃えたものをご紹介。

●ヘルメット:OGK KAZAMI
バイクに乗る以上、ヘルメットは必須なんだけど、フルフェイス・ジェット・システムのどれにするかが最初の難関。
いろいろ考えて、アゴのカバーは必要ってことでフルフェイスかシステムの二択に。
前はずっとフルフェイスだったけど、給水とかのことを考えたら、システムも便利そう……ってことでコレに。

●グローブ:DAYTONA ゴートスキングローブ
なんとなく「シンプルでイエロー系」をイメージしていたのでコレに。
イエロー系なのは、あいさつとかで手をあげたときに、わかりやすそうだから。
届いたら、想像以上に黄色でビビったけど(笑)

●インナーグローブ:リード工業 KH-006T
昔は、グローブの内側にのびのびタイプの手袋をしていたんだけど、「最近はインナーグローブがちゃんと売ってる!」と感動して、思わずぽちっと。

●プロテクター:ROUGH&ROAD ダイレクトチェストプロテクター
リターンにあたって調べたら、「プロテクターは必須」てな流れになってたみたいで。
プロテクターを使うには、「プロテクター単体」と「プロテクター付きジャケット」の2パターンあるこたいだけど、どんなジャケットを買うか決めてなかったので、とりあえず先に胸プロテクターだけぽちっと。

●ニーシンガード:ROUGH&ROAD ニーシンガード
ジャケットはともかく、プロテクター付きのズボンを買うつもりはなかったので、とりあえず用意。
ちなみに、Webikeのポイントを使ったので0円(笑)

●ジャケット:RSタイチ RSJ718 アームド オールシーズン ジャケット
ジャケットどうしようかなぁ……革ジャンがいいけど、高いしプロテクター付き少ないし……なんていろいろ探していたところ、Webikeでセール品を発見。
冬も使えるインナージャケット&フルプロテクター付きで、定価36Kが14K!
思わず飛びついて、届いてみたら……これがまた重い!
もっとも、着てしまえば気にならないけど。
夏場はメッシュジャケットを使う人も多いみたいだけど、Tシャツ+このジャケット(インナーなし)で、問題なしですた。

●シューズ:KUSHITANI フローシューズ
元々は、手持ちのトレッキングシューズを使うつもりだったのです。てか、使ってました。が、さすがに10年物なので、あちこちに痛みが……。
とゆーことで、急遽シューズを調達することに。
新しいトレッキングシューズにするか、それとも安全靴にするか……いろいろ考えたんだけど、トレッキングシューズを使っているときに、どうも操作にダイレクト感がないのが気になりまして。
使ってたトレッキングシューズ、靴下を重ね履きすることを考慮して1サイズ大きめだったのもあるけど(笑)
なので、「ダイレクト感のあるしゃんとしたライディングシューズを買おう」と思ったのでした。
いくつも比較検討したけど、「ゴテゴテしてなくて、街歩きもできるスマートなヤツ」ってことでコレに。
サイズ感がわからないので、KUSHITANI PROSHOP 三鷹まで行って、サイズを確認して購入。だから、シューズは定価(笑)
まだ履いて乗ってないので、詳しいインプレは後日。

んで、かかった費用ですが…。

・ヘルメット 30K
・グローブ 4K
・インナーグローブ 1.7K
・胸プロテクター 5K
・ニーシンガード 0K
・ジャケット 14K
・シューズ 23K
合計 77.7K

……ふむ。意外と安く済んだかな。シューズがなければ約50Kだもんねぇ。
いいヘルメットだと、これぐらいしちゃう。あるいは、いいジャケットを定価で買ったらこれくらいか。
ヘルメット1個分あるいはジャケット1着分で、一式揃えたんだから、なかなかいい買い物したかな。
もちろん、高いものには高いなりの理由があるから、安いほうがいいとは一概に言えないけど。
でもまぁ、いいサンプルにはなるかな、と。
「これくらいで済む」と捉えるか、「最低でもこれくらいかかっちゃう」と捉えるかは、また別の話ですが(笑)