【上荻Days】荻窪は「狙い目」でした!

1年間、ドタバタしましたが、無事に新居での生活がはじまりました。
とゆーことで、新生活のあれやこれやを日記風に紹介していこうと思うのですが。
まず、「なんで荻窪にしたのか?」を書いておこうかと。

最初はですね。
武蔵境か三鷹周辺で探していたのですよ。
ところが……価格が折り合わず。
というのも、「敷地面積の最低限度」なるものがありまして。
これが、100平方メートルとか120平方メートルとかだったのです。
土地が広くなれば、それだけ価格も上がるのは当然で。
ま、「100平方メートルは欲しい」と思っていたので、三鷹はもちろん、武蔵境も厳しい……となると、西の方に探すエリアを広げていくわけですが、そうすると国立とか、国分寺までいきそうな勢いで。
あるいは、新小金井……てなことになると、ほとんど白糸台と差がないわけで、わざわざ引っ越す意味がなくなっちゃうわけです。
どうしたもんかねぇ……と行き詰まったときに紹介されたのが、荻窪の土地でした。
80平方メートルだけど、価格的には武蔵境や三鷹と変わらない……どころか、若干安い!
その土地についていた参考プランからすると、なんとかなりそうな気がしてきまして。
価格が同程度(もしくは若干安い)で、面積は減るけど、利便性は格段にアップする……。

……とゆーことで、荻窪の土地を買ったのでした。
結果として、正解だったと思います。
そりゃあ、家族が多くて部屋数を確保しなきゃいけないなら、この選択肢はないでしょうけど、夫婦二人なら多少狭くなったころで十分やっていけます。
詳しいことは、いずれどこかで書くと思いますが、「注文住宅の80平米は、建売の100平米に勝る」といったところでしょうか。

ウチの場合、

●(荷物が多いから)100平方メートルないとダメ
●条件の合う物件を探すなら、都心から離れていく

という「思い込み」を外したら、ちょうどいい物件に巡り会えたのでした。
逆に「都心じゃないと」と思っていた人が、郊外を選んでみたら住みやすかった…なんてこともあるかもですが、なにしろ「思い込み」を外してみるのは大事だな、と。

そんな感じで、たどり着いたこの地での、あれやこれやを、これから書いていきますです。

【水泳日記】キャッチはがまん!

お昼前にさくっと。

○500
・up 150
・Fr 50×2
・Fr 100×1
・down 150

休憩時間が終わる頃にいったつもりが…ついた途端休憩時間というミス。
ま、その方が「しっかりストレッチできる」というメリットもあるのだけど。
午前中なのに、やけに人が多い…というより、年齢層高めだと、早い時間の方が混むのかな?

一方通行コースは混んでたけど、往復コースは空いてたんでそちらに。
…なんだけど、隣の歩行エリアからの波がすごくて、流されまくった(泣)
昔は、流されたことなかったんだけどなぁ。
たぶん、「常に力いっぱい」泳いでたから、流されなかった…ということは、いまはそれだけ、楽に泳げているってことでもあり。
いやでも、ここで泳ぐのなら、「歩行コースの波対策」を考えねば。

Ba。
リズムも感触もいい。
ただ、スピード感がない(泣)
腰が落ちてんのかなぁ。。。

Fr。
なんか手先の泳ぎになってたんで、ゆっくり大きく泳ぐことを意識。
そしたら、ちょっと回復。
あー、キャッチは「我慢」なのだねぇ。
腕を動かしはじめて、30~45度くらいになるまで、我慢してそのまま動かし続ける、と。
で、手のひらに重さを感じてから、キャッチの動作に移る、と。
このところゆっくり泳いでるから、キャッチまでの時間も長くなるわけで。それを忘れてたなぁ。
次は、このイメージを持ったまま、100×5なんてメニュー、いいかも。

【Web内覧会】まずは玄関

Web内覧会、なんか流行ってるみたいなんで、やってみよーかと。
ま、大した情報ない気はしますが…。

とゆーことで、まずは玄関。
YKK AP「ヴェナート」のS15。カラーはローストマホガニー。

YKKのショールームに行って、この「ローストマホガニー」に一目惚れ。
だって、マホガニーだよ!?
いろいろ「木目調」を見たけど、けっこう「木目風に描きました」感が強いのが多くて。
その中で、このローストマホガニーは、本物っぽかったのも決め手。
デザインは、明るい玄関にしたかったんで、「スリットのあるもの」「スリットから手が入らないもの」という条件でコレに。

ついでに、玄関のひさしも。

ウチは「セミオーダー住宅」なので、「オプションブックに載ってないものは使えません」と言われてたんだけど…これは、その「オプションブック」に載ってないやつ。
「オプションブックには載ってなくても、ショールームで使ってるものはOK」というルールがあるらしく。
玄関にひさしをつけるなら、「鉄板に毛が生えた程度のモノ」か「ベランダをつくる」しか選択肢がないと思ってたら、担当設計士がコレを提案してきたので即決。
スッキリとしていい感じに。ガラスだと明るいし♪
…ま、いいお値段するけどね(汗)

【Web内覧会】の過去ログはコチラ → http://omimi.com/?cat=54

【A-Class推し!】そうきたか!

【A-Class推し!】
※このシリーズは…新しく愛車になったA180スポーツ(W176)について、あれやこれやを書いていきます。有益な情報はありません……おそらく。

新しいAクラスのCMが、YouTubeで公開されていたのでご紹介。

おや?
なんか聞いたことあるような!?

声に注目させるのなら、これが一番だよねぇ、確かに。
てか、今度のAクラス、一番の「ウリ」がMBUXなのね。。。

【A-Class推し!】過去ログはコチラ

【A-Class推し!】三代目Aクラスのススメ!

【A-Class推し!】
※このシリーズは…新しく愛車になったA180スポーツ(W176)について、あれやこれやを書いていきます。有益な情報はありません……おそらく。

次期Aクラスのスペシャルサイトが公開されたということで、あえて「三代目Aクラスのススメ」を書いておこうかと。

◆運転しやすい
Cセグメントって、コンパクトというよりもはや「ミドルサイズ」なわけですが。
これが「余裕のある車内サイズでありながら、とりまわしのしやすい」絶妙なサイズなわけです。
ちょうどいいサイズだから運転しやすい…ってだけじゃなかったりします。
オンザレール感覚というか、「ここをこう通ろう」と思った通りに動いてくれるわけです。
これ、「Aクラスが」というより「メルセデスが」ってことなんじゃないかと思ってるのだけど。
この運転感覚を知ってから、「一生メルセデスに乗りたい」って思っちゃったもの。
ま、Aクラスの場合「標準で車高短」だから、ちょっと気を使う場面はあるけどね(笑)

◆音がいい
ググれば、たくさん(三代目)Aクラスのレポが出てきますが。
ほとんどフレられていないのが音の良さ。
……といっても、エンジン音ではなくオーディオの話。
たとえば、国産車だといくつかのオーディオがオプションで用意されていますが、その中の「ちょっといいやつ」を選んだ感じ…といえば伝わるかな?
最高級ではないのだけど、標準のオーディオでも「いいね、これ」と感じるですよ。

◆遮音性は普通。だけど…
最近のクルマは、遮音性が高くなってきてます(周囲の音が聞こえなさすぎるのもどうかと思うけど)。それに比べたら、(三代目Aクラスは)「至ってフツー」です。ところが、それが「ちょうどいい」のです。
一部のクルマでは、エンジン音をわざわざ車内に流す機構がついてます。電気的に増幅してるのもあったり。
三代目Aクラスは、そんなことしなくても、エンジン音が車内に入ってきます。ちょうどいい感じに!
そりゃまぁ、官能的とまでは言わないけど、それなりにやる気の出る音がするのですよ。
なので、「ちようどいい遮音性」なんじゃないかと思ってます。

◆ほどよい高級感
三代目Aクラスは高級車ではないですが、そこかしこに「ほどよい高級感」があります。
ステアリングはじめ、手の触れるところはちゃんとした素材で、操作感もしっかりしてて安心感があります。シートも、ボリュームたっぷりで…正直、標準的な日本人体型だと「ちょっと大きいかな?」って気がしなくもないけど、「いいシートに座ってるな」って感じます。

◆ブレーキがすばらしい
ブレーキの効きがすごいっていうのは、どこかで誰かが書いて気がするけど、それ以上にすごいのは「強めにブレーキを踏んでも、ノーズダイブしない」ってこと。
いや、フルブレーキまでは試したことないから、「絶対にしない」と断言はできないけど。あくまでも日常で使う範囲内の話ね。
ノーズダイブをほとんど感じないから、体が前に持って行かれる感もない、と。
Aクラスであっても、こういうところは「ちゃんとメルセデス」ってことなとかなと思ってたり。

◆もっさり問題・最終解決
三代目Aクラスといえば、「もっさり問題」なわけですが。
何度も書いてる気がするけど、「もっさり言ってる暇があったら、Sモードにしてアクセル踏め」です。おそらく、「もっさり」言ってる人、かかとの位置が手前なんだと思うなぁ。
左足のかかとと対照になる位置に右足のかかとを持ってくれば、もっさりとは無縁なんだよなぁ。この姿勢、レーシングカートみたいで、気持ちいいのですよ。
かかとを手前に置いて、つま先だけで「ちょんちょん」と操作したいって人には向いてないけど。

◆人気がない
ぶっちゃけ、Aクラスは人気ないです。兄弟車で一番人気あるのはCLA。それは「独立したトランクのある、セダンライクなスタイル」だから。
やっぱり、「ベンツに乗りたい」って思う人は、セダンタイプがいいわけですよ。だから、CLAにいくわけ。
Aクラスを「お金ないけどベンツに乗りたい人のための安車」と評する人もいるけど、そういう人はAクラスじゃなくてCLAにいくんだなぁ。そういう意味で、次世代はAクセスセダン(仮)が一番人気になる気がするけど。
そんなこともあって、ハッチバックのAクラスは人気がないわけです。人気がないってことは、中古車としては割安で売られる(ハズ)です。
ハッチバックだからベンツっぽくないけど、中身はちゃんとメルセデスなわけで…中古のAクラス、相当お買い得だと思うなぁ。
セカンドカーとして使われることも多いから、程度のいいタマも多いだろうし。

◆次期Aクラスは?
次期Aクラスについて軽く。
どんなクルマなのか…は、以下の動画を見ていただいた方が早いかと。
レポーターの今井優杏さんは、A180スポーツ乗ってるから、三代目Aクラスとの違いがよくわかるかと。



第一印象は、「名実ともに”メルセデス・ベンツ”の車になった」って感じかな。
これなら「小さな高級車」って言っても、過言ではない気がするなぁ。
ま、実際の問題「小さいと言えるのかどうか」ってことはあるけど(笑)

◆最後の大衆車
で。
次期Aクラスが「高級車たらんとしている」ってことは。
逆にいうと、「三代目Aクラスは高級車ではない」ってことの証でもあるんだけど。
それは、三代目Aクラスの欠点ではなくて、「メリット」だったりするんじゃないかなぁ。
おそらく、これから「大衆車寄りのメルセデス・ベンツ車は出さない」つもりなのでしょう。
つまり三代目Aクラスは「(日本での)メルセデス・ベンツ最後の大衆車」とも言えるのでは?
大衆車の作り方がわかってないのか、ところどころ高級感があるのは、ユーザーにとって「うれしい誤算」だけど(笑)
高級車ってわけじゃないけど、「メルセデスの本質的な良さ」が感じられる…という意味でも、三代目Aクラスは長く乗りたいクルマだなぁ。
……「Aクラスクーペ」が出たら、あっさり乗り換えちゃうかもだけど(笑)

【A-Class推し!】過去ログはコチラ