「1.5台目」の掃除機!?

以前、新しいモップを導入した話をしましたが。
いや、確かに便利なのですが。
モップのヘタリが早いようで…。
水拭きはいいんですが、ホコリがうまく取れなくなったのですよ。
それなら、掃除機をかけた方がいいとは思うのですが、我が家の掃除機は1回の物置にあります。
モップで済んでた程度なのに、わざわざ1階から2階へ、キャニスター型の掃除を持っていくのも面倒……とゆーことで、2階に常備しておけるスティック型の掃除機を導入しようと思ったのです。

条件は、
・スティック型
・コードレス
・充電スタンドがある
・できればハンディにもなるとうれしい
…って感じ。

最初、「数千の激安スティック型掃除機でもいいんじゃね?」と思いましたが、ことごとくコード型でアウト。
あれこれ探した結果、コイツ↓になりました。

Electroluxのエルゴラピード(ZB3101)です。
上の条件は備えてるのと、エレクトロラックスの製品はまだ使ったことがないからってことで選定。

スティック型にしては大柄なんだけど、使ってみると重さを感じないというか。
ぐいぐい進んで、スイスイ曲がるから、重さはそんなに感じない。
ブラシにからまったゴミをカットする機能もおもしろい。
ダストカップは大柄だけど、中のフィルターも大きめなんで、そんなにたくさん入るって感じでもなさそう。
バッテリーの容量は、ウチの使い方だと充分すぎるほど。
ダストカップもバッテリーも、もうひと回り小さかったら、完璧だったんだけどなー(ウチにとっては)。
あと、ハンディにしたときの吸込口がコレ↓なんで、ちょっと不安かなー。

正直、「1台目の掃除機」として使いには物足りないかなぁ。
「そこまできっちり掃除しない」「床にゴミが落ちてなければOK」ってことなら、1台目でもいけるけど。
2台目としては、ちょっとオーバースペックな気がしなくもない。
ま、余裕があるのは、悪いことではないけどね。

それと。
今回リサーチしてみて、びっくりしたのが、Amazonレビューのひどさ。
これもそうだし、別の検討してた機種もそうなんだけど、単なる悪口が、ずらーっと並んでるのよ。
それも大量に!
そして、それに大量の「役に立った」投票がされてて。
これ、絶対、組織的な行為だよねぇ。
反対に、☆5レビューばっかりの機種をチェックしてすると、発送先がこぞって「CN」だったりするんだなぁ。
それをどう考えるかは、アナタ次第ですけど(笑)
Amazonレビュー、「☆5と☆1を非表示」にする機能があったらいいのになぁー。

【水泳日記】ガッとつかんでしゅーー

お昼過ぎにさくっと。

○500
・up 150
・Fr 50×4
・down 150

前回「ガッとつかんでしゅーー」と泳ぐのがいいのでは…と思い当たったので、それを検証。
なので、今回はFrを中心に。Frが一番、わかりやすそうだから。

んで、泳ぎだしてみると。
左はイイんだけど、右がねぇ…。
とゆーことで、キャッチを修正。
下にキャッチするんじゃなくて、内側にキャッチするように。
そしたら、スムーズに!
でもこれって、手先の泳ぎになりやすいんだよなー。
しかも、エントリーしたあと、手のひらが外側に向いてるから、どこかで手首をひねらないといけないし。
そこがムズカシイ!
逆に言うと、そこをクリアできれば、いい感じになりそう。
今年の夏は、このクロールをマスターするぞ!

【A-Class推し!】洗車フルコース

【A-Class推し!】
※このシリーズは…新しく愛車になったA180スポーツ(W176)について、あれやこれやを書いていきます。有益な情報はありません……おそらく。

洗車をしました。
あれやこれやメンテナンス的なものも追加したので、ぷちインプレを兼ねて。

今回実施したのは、
・洗車(シュアラスター 洗車シャンプー)
・ホイール洗い(↑の残りで)
・ボンネット水垢除去(シュアラスター スピリットクリーナー)
・簡易コーティング(シーシーアイ スマートミスト ボディコーティング 親水タイプ )
・フロントガラス油膜落とし(キイロビン)
・ガラスコーティング(シーシーアイ スマートビュー ガラスコーティング 撥水スプレー)
・(おまけ)浴室の鏡の水垢除去(茂木和哉)
・(おまけ)浴室の鏡のコーティング(シーシーアイ スマートビュー ガラスコーティング 撥水スプレー)
以上8項目。
…前に紹介したやつとは、がらっとラインナップ変わってるなぁ(笑)
で、使用感などをさらっと。

●シュアラスター 洗車シャンプー
泡立ちがいい印象。バケツ+シャワーだけで、きめ細かい泡になってくれる感じ。
これはリピートするかも。

●シュアラスター スピリットクリーナー
引っ越してすぐのとき、「とりあえず水だけで洗車しちゃえ」ってやつたときにできた水垢を取ろうと思ったのですが。
思ったほどではなかったなー。多少は取れたけど。
なにしろ、日数が経ってるし、水垢できたあと何回か簡易コーティングしちゃってるし。
なので、「水垢が出たら即処理」じやないとダメね。
あと、思ったより液剤の粘度が低い(ドロドロしてない)ので、スポンジにつけるとき、こぼれないように注意。

●シーシーアイ スマートミスト
前に使ってたAZのアクアシャインクリアより、伸びがいい感じ。施工後の艶感は減ったけど。
ただ、楽なんで「コーティングは面倒だから、洗車だけでいいや」にならない気はするなー。

●キイロビン
今回、はじめて使ったのだけど。
はじめてだと、加減がわかんねー(笑)
思ったより多めにつけてゴシゴシした方がいいのかな。
あと、ガラスの周囲にとびちりがちなので、それをふきとるのが地味に面倒。

●シーシーアイ スマートビュー ガラスコーティング 撥水スプレー
伸びもいいし、乾くのも早いし、これはイイ!
スポンジ付きボトルタイプより、圧倒的に楽!

●茂木和哉
これは、いつのまにか嫁が買ってたヤツ。
確かに、浴室の水垢は、しっかり落ちるわー。

毎回、このフルコースをするつもりはないけど、「洗車→コーティング」だけなら、月イチで苦もなくやれる感じ。
2~3回に1回、窓の撥水やるかもだけど。
なにしろ、ガラスの撥水剤は、スプレータイプが楽というのが、最大の発見。
スポンジ付きボトルでぬりぬりしてたのが、馬鹿らしくなるくらい。
いやあ、洗車はやっぱりムズカシイ……。

【A-Class推し!】過去ログはコチラ

のりの佃煮

先日、岩のりをもらったのです。
が、なかなか減らないので、どうしたものか……とゆーことで思いついたのが、のりの佃煮にすること。
レシピをググったら、意外と簡単そうだったので、やってみました。

●材料
岩のり…5g※
水…200ml
しょうゆ…大さじ2
みりん…大さじ1
砂糖…小さじ3
料理酒…小さじ1
※ここでは5gだけど、ざっくり「水200mlでひたひたになるくらい」が目安

●作り方
(1) 小さなフライパンに岩のりと水を入れて浸す
(2) ある程度浸ったら、調味料類を入れて火にかける
(3) 弱火~中火で、水分がある程度なくなるまで煮る(へらで寄せても水が出てこない程度)
(4) 完成!

似てる途中で味見したけど、「ちょっと薄いかな?」ぐらいがいいかも。
冷めたら味が濃くなる…気がする。

ずっとコンロの前にいなきゃいけないので面倒だけど、それを除けば思ったより簡単。
保存のこと考えると、あんまり大量につくならない方がいいかも。
たまにつくる分には問題ない程度の手軽さというか。

板のりでもできる…ハズなので、「のりが余っちゃって困ってる」方、ぜひお試しあれ♪

音楽に浸れるヘッドホン。

ヘッドホンを買い替えました。
3年ほどYAMAHAのHPH-PRO300を使っていたのですが。
ボディが、ボロボロだったのですよ。
左右ともに、ビニールテープでグルグル巻きにして、補修してたくらい。
カッコイイんだけどね。雑なわたしには、ちょっとヤワだったみたい。

で。
イヤーパッドもやぶけてきたし、ポイントも溜まったし、そろそろ新しいヘッドホンにするか…と思って、新機種選びをはじめたのですが。
ちょうどいいのがないのですよ。
どこもかしこも、ワイヤレスに力入れてて。

ワイヤレスはねー。昔は使ってましたよ。赤外線時代。
バッテリーが重くてずっとつけてられないとか、充電がめんどくさいとかで、有線派になりましたが。
それはさておき。
まずはお気に入りのSHUREのラインナップを確認すると、以前使ってたSRH440がいまだ現役。
悪くないんだけど、コードが重いのよねぇ。かに候補がなければ、これにするけど、できれば他のがいいかなと。
ほかになにかないのか……と探して、見つけたのがKlipsch Reference On-Ear
とはいっても、発売は4年前だけど(笑)
音の感じとしてはSHUREに近いみたいだし、なによりフォルムがカッコイイんで、これに決定。

さて。
届いて、さっそく聞いて見ると……こりゃすごい!
「Reference」の名の通り、どこかを強調してない、素直な音。でも、あたりは柔らかくて。
で、びっくりしたのが、「音が頭の中で鳴ってる感覚がする」こと。
これははじめての感覚!
頭がスピーカーになっちゃったというか、コンサートホールになっちゃったというか。
頭内定位(脳内定位)とは、ひと味ちがう感覚。
音楽に浸れる…というか、「音のある水中に沈んだ」というった方がいいかも。
いやぁ、これはアタリだ…って、どうやら生産中止たみいだから、いいタイミングで買えたかな。発売開始当初の半額だったし。