Google KeepのHint&Tips はじめに

はじめに

 ひとくちに「メモアプリ」といっても、さまざまな種類があります。「文字が入力ができればいい」というシンプルなものから、あらゆる形式の文書を収納できる「無定形データベース」と呼べるものまで、多種多様なアプリがリリースされています。
「メモを取る」という行為が、それだけ身近だということでもあるのでしょう。しかし、たくさんメモアプリがリリースされていながら、「生活に密着したメモアプリ」というのは、意外と少なかった気がします。
 いつでも気軽にメモがとれたり、必要なことを通知してくれるリマインダー機能だったり、やらなきゃいけないことをチェックできるToDo機能だったり……。
 もちろん、それぞれの機能があるアプリはあるのですが、すべてがひとまとめになってるアプリは、ほとんどなかったのです。用途別にアプリを用意しもいいのですが、ひとつのアプリですべてを処理できたほうが、効率的でしょう。
 これから紹介するGoogle Keepも、メモアプリのひとつです。Googleからリリースされているのに、「はじめて聞いた」という方もいるんじゃないでしょうか。正直、あまり存在感のあるアプリとはいえません。が、それがなかなか、使い勝手のいいアプリだったりするのです。
 詳しいことはこのあと紹介しますが、スマホ(AndroidとiOS)版もあるので、いつでもどこでもメモできますし、ToDoや備忘録に使えるリスト機能、時間になったら通知するリマインダー機能もあります。「指定した場所に近づいたら通知」なんていう機能は、Googleのアプリならではでしょう。Webサイトのアドレス(URL)を記録しておくのもカンタン。
 メモというのは、「気づいたことを忘れないように記録しておくこと」です。ですが、本当に大事なのは、「記録したものを、いつでもすぐに見られること」だと思います。Google Keepは、そこが優れているのです。
 用意されている機能だけを見れば、ほかのアプリと差がないように思えるかもしれません。ひょっとしたら、「○○より劣っている」なんて思う人もいるかもしれません。しかしGoogle Keepは、「メモをちゃんと使うこと」に長けたアプリなのです。
 この本では、「こうすればこの機能が使える」という説明に加えて、「こうすると便利」「こんな使い方もできる」といった、使い勝手の面についても触れていきます。というより、私が伝えたいのは、むしろ「使い勝手の良さ」です。
 Google Keepは、生活のあれやこれやをスムーズにしてくれるツールです。それはあなたにとって、小さな変化かもしれませんが、それが積もり積もって、生活が一変する――かもしれません。

2017年早春 omimi

Comments are closed.